目やにの量に注意! 結膜炎の可能性?

こんにちは、ライターのゆめちちです!
今回は娘が結膜炎になってしまった時のお話を書いていこうと思います。

目やにが多いのは鼻水の影響?

ある日突然、娘の目やにの量がいつもより多いことに気づきました。

そもそも目やにとは、目の老廃物やほこりやごみが混ざったものらしいです。
花粉症やアレルギー、コンタクトの影響などによって増えることもあるそうです。

鼻水が出ている時は目やにも出やすい、と聞いたことがありました。本来鼻に流すため鼻水が逆流して、目やにの原因になるからだそうです。

ちょうど鼻水がひどかったので鼻水の影響かと思い、気づいたら拭き取る程度であまり気にせず。むしろこの時は、目やによりも、鼻水のほうが心配でした!

目が開かないほどの目やに

次の日の朝起きると、びっくり!!!

その目やにが乾いて固まって、目が開けられなくなっていました。

すべて拭き取っても、目は赤くなったまま…

もしかして結膜炎?とソワソワしてしまいました。

結膜炎とは、眼球と瞼をつないでいる結膜に炎症が起こり、充血すること。
アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎、と結膜炎にもいろいろ種類があり、それぞれ対処も違うそうです。

結膜炎のウイルス性とウイルス性ではないもの

保育所にお休みの電話をすると、アデノウイルスが流行っているのでアデノウイルスの結膜炎かもしれない、と言われ眼科へ行くことに。
ウイルス性のものは感染力が非常に強いらしく心配しましたが、ウイルス性の検査をしたところ陰性で、細菌性結膜炎でした。

細菌性結膜炎は、3つの中でも1番よく見かけるものらしく、大体1週間以内に治ることがほとんどだそうで、安心しました。

目薬をさそうとすると、全力で逃げようとする娘(笑)

足で挟んで動かないようにし頑張ってさしましたが、1日に4回ささないといけないので大変で…。

目薬をさす時は下瞼だけを引っ張ってそこにさすとさしやすい、と聞いたので頑張りましたがなかなか難しく、正直ちゃんと目に入っているか分からず心配でした…。

なんとか頑張って目薬をさし続けた結果、3日ほどで治りました!
目やにや充血がなくなり次第、目薬を中止していいようです。

目やにがいつもより多いと、もしかすると結膜炎かもしれません!

結膜炎にも感染力の強いものもあります。
結膜炎のほかにも目にはたくさんの病気があり、怖いです。
なので目に異常を少しでも感じたら、ひどくなる前に眼科へ行くことをおすすめします。

●ライター/ゆめちち

ライター紹介

ゆめちち

ゆめちち

高校を出てすぐに就職、妊娠を機に退職、20歳で出産!1歳の娘と2歳年上のおやじ。関西で毎日ワイワイ過ごしています。現在は娘も保育所に入所し、おかん仕事復帰。毎日ドタバタですが楽しくやってます!!

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡