不安がいっぱい… 高齢出産をどう乗り越える?

こんにちは、海外在住プロママライターのさとうあきこです。

女性の結婚適齢期の幅が広がっていること。いつまでも若々しく健康な女性が増えていること。不妊治療が進んだこと。などなど複数の理由から、高齢出産、それも初産を経験する人が少なくありません。

私の知人もその一人。でも、41歳で初産を迎えた友人は妊婦時代、待ちに待ったはずの妊娠への喜びよりも不安の方が大きかったといいます。

友人を襲ったその不安の中身とは

実際のところ、友人は以下の4つに不安を感じていたそうです。

①妊娠初期の不注意(飲酒・薬の服用など)が与える胎児への影響
②羊水検査を医師にすすめられる高齢出産という事実
③妊娠に気づくのが遅れて、夫や両親に打ち明けにくかったこと
④高齢初産する自分へ向けられるかもしれない周囲の目

ただでさえ40歳を超えた高齢の初産。一般的にも出産リスクが増加すると耳にしていたMさんは、本来感じるはずの妊娠の喜びよりも先に大きな不安を感じてしまったのです。

様々な不安が襲いかかる

40歳だった友人は、生理がこないことを最初は「更年期の始まり?」と思ったそうです。すでに結婚して10年以上たち、妊娠を望んではいても、ちょっと諦めモードに入っていたという事実もあったようです。「生理がこないことを妊娠に結びつけられなかったのよね」と言います。

妊娠に気づかないままの妊娠4カ月目を迎えた友人。体調不良が続き、いよいよ更年期だと病院で診察を受けました。そこで初めて妊娠を知り愕然。体調不良はつわりだったのです。

この、妊娠に気づかなかったことが、高齢初産の友人の不安をより大きくすることになりました。なぜなら、妊婦としては不摂生にも、普段の生活と同じように飲酒をし、体調不良から風邪薬や胃薬などを服用していた上、妊娠初期の摂取がすすめられる葉酸の摂取を行うなどの注意を払わなかったから。

さらには医師から、高齢でもあるし念のための羊水検査をとすすめられた友人。「羊水検査をすすめられるってことは、胎児に異常があるかもしれないってこと?」とますます不安を募らせます。その病院では40歳以上の妊婦には原則羊水検査をすすめる方針だったそうですが、友人の頭には不安が巣くっているため、悪い方へばかり考えてしまったのです。

妊娠に気づかなかったこととそのせいの不摂生を、ご主人に呆れられるのではとの恐れから、その後の検診もしばらくは内緒。不安を一人で抱え込み、つわりはひどくなる一方。

あまりの体調不良が続く友人はとうとうご主人に打ち明け、こってりと怒られたそうです。そして、妊娠に気づかなかったことも、妊娠を報告しなかったこともすべてが自分のせいだとますます落ち込みました。

40歳を過ぎての出産を、そんな高齢で初産って大丈夫なの? と言っているように見える世間の目も怖かったといいます。

医師のすすめでカウンセリングを受ける

高齢初産であることの不安、過ぎた妊娠初期の自分の不注意や認識不足にも大きな不安、周囲に相談できる人がいない不安など、胎児の健康状態から無事に出産できるかどうかまでを通して不安でいっぱいの友人は、医師のアドバイスでカウンセラーを紹介されます。

不安がる友人は、事情を知ったご主人が半ば強引に連れ出し付き添う形でカウンセリングを受け始めたそうです。

不安を打ち明けることで不安を和らげるというカウンセリングの効果について友人は、完全に不安が消えることはなかったものの、「精神的に不安定な状態でも、妊娠を乗り切れたのは、夫とカウンセラーのおかげだと思う」と言います。


以上、いかがでしたでしょうか?

友人は予定日よりも少し早く、無事に女の子を出産しました。駆け付けた双方のご両親からまずは驚きを、続いて怒りと喜びをぶつけられて、みんなで大泣きしたそうです。

実は友人、双方の実家と離れて暮らしていたこともあり、出産が済むまで妊娠を報告しなかったのです。それは、無事に出産できるかどうかという不安をぬぐえなかったから。自分の不摂生を責められるのではないかという心配もありました。

妊娠中の妊婦にとって、実家はいろんな意味で逃げ場にも慰めの場にもなることがあります。

でも、友人にとっては、さらなる不安の種だったのです。「本当は最初から話しておけば、不安も少しは消えたのかも…」と今になって口にする友人。「でもね、一度不安に駆られると、それでいっぱいになっちゃうのよ」と話してくれました。

●ライター/さとうあきこ
●モデル/前田彩

ライター紹介

さとうあきこ(海外在住プロママライター)

さとうあきこ(海外在住プロママライター)

子育て、教育、健康、食、仕事、人間関係などなど、海外に場所を移してもやっぱり悩むことは多いし大変。でも、ガッツリ取り組んでみたらなんだかおもしろい! 何かと不便な海外生活の中での工夫の数々と、実際に体験した失敗と成功を元手に、日々多方面へと情報発信中です。フルタイムプロライターとして、またライフワークとして、好奇心のおもむくままに、時には情報の海を、時には世界中を母娘で旅しながら、子育て・自分育てにまい進中。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡