家族計画

マイホームと同時でOK? 子供部屋を与えるタイミング

マイホームと同時でOK? 子供部屋を与えるタイミング

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、ましゅままです。

子供部屋を与える予定は決めていますか。

小さいうちに部屋を与えてもまだまだ親と一緒に寝たがるし、できるだけはやく1人で寝かせたほうがいいのか迷ってしまいますよね?

また兄弟の性別や部屋の広さなど子供部屋の割り振りは意外と悩みの種になるもの。

今回は、先輩ママの子供部屋を与えたタイミングのエピソードをご紹介します。

年少

小さいうちに部屋を与えられたことで満足感を得られ、また兄弟それぞれ個室にすることで、自分だけの空間を作り上げる個性を伸ばすことができます。

年少のとき自分の部屋を与えました。ですが 個室として使いだしたのは小学校中学年以降です。

ですが、「自分の部屋」という空間は年少さんなりに嬉しかったようで、とても集中して遊ぶようになり、お友達を招くのが楽しみになったようです。

その後は部屋数に余裕があったので同性ですが、兄弟別で一部屋ずつ与えました。

自分好みのものをそろえて、自分だけの空間を楽しんで部屋を管理する、ということが身に着いたように思いました。散らかし方や棚の使い方などもきょうだいで個性が見えたのも面白かったです。

ただ、学習机もそれぞれ一つずつ与えたのでリビングに顔を出す機会が減って部屋にこもりがちになりました。

(30代/姉妹ママ)

こちらは年少さんのときに子供部屋を与えたエピソード。まだまだ幼稚園の間はママと寝たいお子さんが多いですが、やはり「自分だけの空間」は年少さんでも十分うれしいよう。

子供なりのプライバシーを築き上げていくきっかけになりそうですね。

また、同性の兄弟で部屋を分けると、個性が出るのも面白いですね。

小学校低学年

小学校低学年の異性のきょうだいを同室に。遊びの幅が広がったり、きょうだい間の話し合いで社会性をはぐくむことができている。

家購入と同時に、小学校低学年で与えました。

マンションで部屋数が少なく、子供は異性のきょうだいですが相部屋にさせています。

いまはまだ小学校低学年なので、特に不満はない様子で、お互いの異性の友達とも遊べて、遊びや友好関係の範囲広がっているようです。

最近は、お互いの友達が遊びに来ているときはどちらかが部屋を出ていく…という小学生ながらの気遣いや、二人で話しあったり喧嘩したりしながら部屋のスペースの使い方を決めている様子があり、社会性も養えているのかな?と感じています。

(40代/男の子、女の子ママ)

こちらは小学校低学年のとき子供部屋を与えたエピソード。

住宅事情の関係で異性の兄弟が同室になることもあると思いますが、異性の友達や遊びかたに触れ合えたり、兄弟間で話し合いやケンカの機会をつくる良いきっかけになることもあるのですね。

しかし、やはり異性の場合、男女どちらが先に意識し始めるものかわかりませんし、遅くとも中学校までにはお互いのプライベードの空間を作ってあげる計画を立てたほうがよさそうです。

一人一部屋は無理でもパーテーションのようなもので仕切ってあげるとプライバシーの確保ができますね。

筆者の場合 2歳ごろ

幼児のころから部屋を与えることでお片付けの習慣がつき、着替えなどの自立を促すことができる。

おもちゃが増え出す2歳ごろ子供部屋を用意しました。リビングは別で、おもちゃの部屋、自分の部屋、という区切りを付けさせたかったためです。

ふたり兄弟ですがまだ小さいので共用で使用しています。

小さいながらも「〇〇のお部屋だよ、キレイにしようね」と根気強く言い聞かせてあげると、自分の部屋はキレイにしよう、という意識が芽生えるようで、おもちゃのお片付けがとても上手になりました。ポイントとしては、

・おもちゃのお片付けは3歳ごろから子供に任せ 親は一切手を出さない
・おもちゃのしまう場所を子供のプライバシーと考える

また、子供たちの洋服類も子供部屋にすべて収納し、ケースに分けて子供たちが自分で着替えや靴下を取り出せるように下ので、1歳ごろから靴下を自分で選び3,4歳ごろから着替え一式を自分で用意できるまでになりました。

まとめ

住宅事情に合わせた部屋割りで、子供たちの様子を見ていくことが大切。

多くのご家庭はマイホーム購入のタイミングで子供部屋を用意することがわかりました。

小さいうちは部屋を与えても寝るのはママと同じ、ということが多いですが自分の部屋を持つだけでもやはり子供は喜び意識も変わるもの。

自分の部屋を欲しがる、1人で寝たがるタイミングもその子によって違うもののはずなので、親がタイミングを決めてあげることもなさそうです。

部屋数や部屋の広さ、子供の性別など様々な事情を考慮しながら、子供の様子を合わせて部屋割りを考えていけたらいいですね。

●ライター/ましゅまま

ライター紹介

ましゅまま

ましゅまま

母一人、子一人で大学卒業まで生活し、就職間際に実の父に再会・そして両親結婚。三人暮らしをするが「父親」の存在を認められず数か月後一人暮らしを始める。アパレル販売員として2年働き、その後同じ職場の現・夫と結婚、娘を出産。娘と父親の関係性について日々考える。夫は転勤族のため出産後も引っ越しを年1回のペースで2回経験。次はどこの街へ飛んでいくのか……。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る