【妊娠あるある】妊娠前に知っておきたい胎動のこと

こんにちは、イラストライターのモモです。

妊娠あるある特集ということで、今回は「胎動」です! 胎動が感じられるようになると、より一層「お腹に赤ちゃんがいるんだ」と神秘的に思いますよね。

そんな小さな胎動が大きく…いや、激しくなるまでの体験談を書きたいと思いますー!

初めての小さな胎動は…

初めて胎動を感じた日のことは忘れもしません。

ちょうど夫の転勤に伴い、引っ越したその夜。ヘトヘトで疲れ切って休んでいると、お腹の奥の奥から小さな「コポン」という音がしたんです。

それは、とても小さな違和感。でも、嫌な違和感ではなく…

「もしかして胎動!?」とはやる気持ちを抑えて、そっとお腹に手を当てました。振動はもちろんないけれど、ときおり体の内側から響く小さな音…

「あれ? これ。何かに似てる…あっ!」

お腹にガスが溜まってグルグルと腸が動いている感覚と激似だー!」

初めて感じた胎動は、はっきりと「胎動だ!」と判定できず、夫も自分自身も「もしかしてオナラ?」と勘繰っていました(笑)

ハッキリした胎動になると…

初めて感じた日から時間をかけて、胎動は少しずつハッキリしていきました。

小さな音が大きくなり、手を当てると、胎動に合わせてお腹が動いているのが感じられるまでになり。そうすると、夫も一緒に感じることができるようになり、胎動を二人で感じるという楽しみが増えました。

2人で「お腹に赤ちゃんがいるんだ!」と自覚でき、赤ちゃんがお腹にきてくれたこと、順調に育っていることが奇跡的、神秘的に感じられました。

また、発熱した時は私の体調に関係なく動き回ってくれたので、安心して休むこともできました。

そして攻撃にもなる胎動

あれほど神秘的に感じていた胎動も、後半になれば変わってきます。

お腹と共に強くなる胎動は、お腹を内側から揺らす揺らす! お腹の揺れで、心なしか頭も揺れる。ここまでくると「こんなに激しいの?」と、早く出産したい気持ちに。

激しい胎動に膀胱は刺激され「何回トイレに行かせるんだー!」と思わず赤ちゃんへ問いかけていました~。そして赤ちゃんは、お腹の中にいるときから容赦なし!!

元気に育っている証拠に、力のついた足や腕で肋骨をキック!パンチ!

手加減なんて一切しません。

今まで人生で受けたことのない、知らない角度からくる肋骨への衝撃…。これ、めちゃくちゃ痛いです。さすがにこの痛みには引きました(笑)


皆さん、いかがでしたか?

妊婦健診がない間も、胎動で赤ちゃんが元気なことを確認できますよね。妊婦健診になかなか同伴できないパパ達も、赤ちゃんを実感することができます。

胎動がわかるようになると、安心できることや楽しみが増えますが、胎動が大人しいと不安にもなりやすいです。

そんな時は、仰向けになって集中すると胎動がわかりやすかったです! 不安が解消されなければ病院に相談されるのが1番です。

後半は激しい胎動に翻弄されることも多いですが、出産が近づいてくると大人しくなると言います。出産が近づくサインにもなるので、日々の胎動をチェックしてください!

ちなみに私は、陣痛が始まるその日まで元気な胎動のままでした。そして胎動で感じていた通り、よく動きまわる赤ちゃんでした(笑)

胎動から「どんな子が産まれてくるのかなぁ」と想像するのも楽しいですよー!!

●イラストライター/モモ

ライター紹介

モモ

モモ

転勤族妻になり4年目。愛する旦那さんと愛しい娘の3人家族。娘の行動が予想外すぎて毎日てんてこまい。平日は気合で、休日は旦那さんの優しさでなんとか乗り切っている。産後ブルーの反動で今では立派なテキトーママに。口癖は「痩せたい」

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡