今は不寛容な時代? 子どもと電車に乗る際の注意点は

こんにちは。エッセイストの鈴木かつよしです。

最近では、子どもが泣いていると、『黙らせろよ。どんなしつけしてるんだよ』などと大声で言う人が実際にいます。

このような“不寛容の時代”に子どもと電車に乗る際の注意点について、今回は考えてみようかと思います。みなさんもご一緒に考えてみませんか?

雪の朝の超満員電車での教訓

何年か前の冬。東京に大雪が降った朝のことでした。いつも通勤に使っている京王線が不通になったため、雪道を30分以上歩いて乗った小田急線の電車内での出来事です。

雪で自転車が使えず保育園に送るために2歳くらいの女の子を抱っこした若いお父さんが乗ってきました。

ぎゅうぎゅう詰めの電車に、それでもじっと我慢して乗っていた女の子が次の次の駅で降りる際、履いていた長靴が脱げ落ちてしまったのです。

そのときの車両の中の乗客の反応といったら、昭和後期世代の筆者にとっては考えられないようなものでした。誰一人として同情するどころか『ちぇっ』という舌打ちの嵐が起こり、『いい加減にしてよ』『最初から乗せんなよ』といった声があちらことらから上がったのです。

筆者は身動きできない車両の中で足でまさぐって長靴を探り当て、親子に渡して電車を降ろしました。困っている親子を助けることもなく、それどころか舌打ちの嵐が起きるという通勤時間帯の満員電車の現実。

こんな電車に小さい子どもを連れたパパ・ママが乗らざるをえないときの注意点として実感したことは、『乗る前に子どもの靴を脱がせておく』ということです。

グズりがひどいときには…

言って聞かせれば少しは聞いてくれるような年齢になっていればともかく、まだ乳児期の赤ちゃんと一緒に電車に乗る場合は、大泣きやひどいグズりはある程度覚悟しておかなければなりません。

筆者夫婦などは長女がまだ乳児だったころ乗った電車でひどくグズったものですから筆者が持っていた新聞を大きく広げてカーテンの代わりにし、妻が授乳したという経験があります。

でもこれは、日曜日の昼間のかなり空いた電車であったことと、当時の世の中が今ほどギスギスしていなかったという背景があったから出来たことでした。

その長女も3歳の男の子の母親になった今、あらためて確信していることがあります。それは、『グズりがひどいときには何度でもいったん下車してホームで風に当たる』ということです。

もちろん当時の筆者夫婦も用いた有効な方法の一つではありますが、何をやっても収まらないほどひどいグズりのときは、もうこれしかありません。

小さい子どもを連れて電車に乗る場合は、「目的地に着くまで何時間かかっても仕方ない」くらいの開き直りも重要です。

子どものコンディションがよくなさそうなとき…

最後の注意点。それは、『子どものコンディションがよくなさそうなときは電車には乗らない』ということです。

ママのみなさんであれば筆者などが何を申すまでもなくいろいろな工夫と努力をされていますよね。電車に乗るときにはお子さんが好きなおもちゃやお菓子を用意したり、しりとりやなぞなぞなどをして気を紛らわせたり。

いつの時代でも子どもに向き合うときのママたちの辛抱強さには敬意を表します。本当に「母は強し」だと思います。

それでも、お子さんのコンディションが明らかによくなさそうなときは電車に乗るにはやめて、別の日に回せる用事であれば別の日に回してやってください。

子どもは子どもです。親がどんなに努力したところで虫の居所がわるいときには泣き止むものではありません。

そして、子どもとはそういうものだということを分かっている大人の割合が相対的に少なくなってしまった今の日本の社会では、子どもの虫の居所がわるいときに電車に乗せることは危険を伴います。

悲しいことではありますが、現実は直視しなければなりません。


いかがでしたでしょうか。

本当であれば、子どもにたいして不寛容な世の中の空気を変えることの方が重要なのであって、子どもを連れて電車に乗るときにママがビクビクしなければならない社会なんておかしいのです。

現実には対応していかなければいけないので今回このようなお話をしましたが、それが筆者の本意ではないことだけは、終わりに申し上げておきたいと思います。

●参考リンク
先輩ママが伝授!子連れでの電車トラブルを避けるとっておきの方法 暮らしニスタ

●ライター/鈴木かつよし(エッセイスト)
●モデル/前田彩

ライター紹介

鈴木かつよし

鈴木かつよし

慶大在学中の1982年に雑誌『朝日ジャーナル』に書き下ろした、エッセイ『卒業』でデビュー。政府系政策銀行勤務、医療福祉大学職員、健康食品販売会社経営を経て、2011年頃よりエッセイ執筆を活動の中心に据える。WHO憲章によれば、「健康」は単に病気が存在しないことではなく、完全な肉体的・精神的・社会的福祉の状態であると定義されています。そういった「真に健康な」状態をいかにして保ちながら働き、生活していくかを自身の人生経験を踏まえながらお話ししてまいります。2014年1月『親父へ』で、「つたえたい心の手紙」エッセイ賞受賞。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡