兄妹仲良く育てるためには? ママが気をつけるべきポイント

こんにちは。フリーママライターの横山かおりです。

わが家には第一子の息子と第二子の娘がいるのですが、娘は息子にとにかくべったり。よくママ友から「どうしたらあんなに仲良くなるの?」と聞かれることがあります。

そこで今回はわが家の経験をもとに、兄妹を育てる点で私が気をつけてきたポイントをご紹介します。

下の子のお世話をしてくれたときは感謝と褒め言葉

上の子が下の子のお世話をしてくれたり面倒を見てくれたりしたときは、必ず優しく誉めるようにしています。そして「ママも助かった」という意味も込めて感謝の気持ちも伝えるようにしています。

娘が生まれたばかりの頃から、息子には色々とお世話を手伝ってもらっていました。よく「下の子にかまってばっかりで上の子が赤ちゃん返りしちゃった」という話を耳にすることがあります。

でもそうなることは避けたかった。

そこで出産前から「息子と一緒に娘を育てる」と決めていたのです。

息子と娘は4歳差。わが家の夫は平日、終電レベルで帰宅が遅いので、育児は私の仕事。息子に何を手伝ってもらっていたかというと…

・娘が泣いたとき「○○ちゃん泣いちゃった! どうしたらいい!?」と言って息子と一緒に娘をなだめる

・食事の支度をしているときに娘がグズると「ママいま手を離せないから、○○くん助けて!」と息子に助けを呼ぶ

などです。

これをずっと続けていると息子は「この赤ちゃんは僕が助けてあげないとダメなんだ」と思ったようで、自らすすんで下の子の面倒を見てくれるようになりました。

絵本を読んであげたり、おもちゃで遊んであげたり、泣いているときにあやしてくれたり…。そのたびに「やさしいお兄ちゃんだね」「○○くんがお兄ちゃんで本当によかった! ママとっても助かるな〜」と誉めるようにしています。

『下の子をお世話すると誉められる&ママが喜ぶ』ということを続けていたら、大きくなってからも自然と妹の面倒を見てくれるようになりました。

お世話をしてもらったら、感謝とお礼の言葉を忘れずに。

声のトーンや怒りかたも平等に

上の子が下の子に嫉妬や劣等感を抱かないように「兄妹平等」を心がけています。具体的には以下のことに気をつけています。

言葉づかいに注意

下の子が生まれるとどうしても赤ちゃんに話しかける言葉遣いが変わったりしてしまいがちですが、極力そうならないように気をつけました。「赤ちゃんを特別扱いしてる」と息子が思わないように、です。

声のトーンに注意

話しかただけではなく、声のトーンにも注意が必要。赤ちゃんに対しては声のトーンが高くなりがちですが、上の子もしっかり見ています。話しかけかただけでなく、声のトーンが同じになるように気をつけました。

「お兄ちゃんでしょ」はNG

少しずつ大きくなってくるとケンカも増えてきます。でも「お兄ちゃんなんだから」「お兄ちゃんでしょ」という言葉は絶対使ってきませんでした。

好きでお兄ちゃんになったわけじゃないのに、勝手に「お兄ちゃん」として我慢させてはいけません。ケンカになったときも頭ごなしに上の子を怒らず、きちんと理由を聞いた上で冷静に叱るようにしています。

『とにかく兄妹平等に』。私が2人を育てる上で一番気をつけてきたポイントです。

兄妹の愛情を言語化する

息子が娘に何か優しいことをしてくれたとき、誉めるだけではなく一言付け加えるときがあります。

それは「○○ちゃん(妹)はやさしいお兄ちゃんがいてうれしいね〜」「○○ちゃんは本当にお兄ちゃんが大好きだね〜」と兄妹間の愛情を言語化することです。

兄妹間でもなかなか「好き」という言葉を口にするのは恥ずかしいよう。そこで小さい頃からママが「お兄ちゃんは妹が好き」「妹はお兄ちゃんが好き」と直接口に出して伝えることで、より愛情が強まったようです。

最近では兄妹ケンカになったとき、娘が泣きながら「○○ちゃんはお兄ちゃんのこと大好きなのに!」と怒りながら愛を伝えていました(笑)

これには息子も怒りを一瞬忘れて嬉しかったようで、すぐに優しく対応していました。

兄妹の愛情を口に出して分かりやすく伝えることで、より仲良く過ごしていけるようです。


兄妹がいると怒るときや誉めるとき、悩んでしまうことがあります。

私がとにかく心がけたのは「平等」。愛情も接しかたもすべて平等に。

家族がいつまでも支えあって生きていけるように、小さい頃から育てかたには気を配ったほうが良さそうですね。

●ライター/横山かおり
●モデル/貴子

ライター紹介

横山かおり

横山かおり

一男一女、二児の母です。子どもが寝た後に執筆作業に取り組んでいるフリーママライターの横山かおりです。独身時代はモデルをしており、「いつまでも自慢できるきれいなママ」を目指して日々奮闘中。趣味は料理、映画鑑賞、食べること、ダイエット。調理師免許アリ。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡