ネイル

実は簡単!? プロ級ジェルネイルシートの作り方とは

実は簡単!? プロ級ジェルネイルシートの作り方とは

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。ヨーロッパ在住ネイルアーティストのMacelovaです。

セルフジェルネイル派のみなさん、利き手へのネイルアートって面倒だと感じることはありませんか?左手はバッチリなのに、右手は微妙。または、その反対も。

もしくは、楽しみでやっているセルフネイルだけど、「もっと簡単でプロ級に上手く見えたらいいな」なんて思っている方。

今回は、作り置きのできるジェルネイルシートの作り方をご紹介します。

ジェルネイルシートとは

ジェルネイルシートとは、クッキングペーパーやクリアファイル、ペーパーパレットの上で作り置きしたシート状のジェルパーツのことです。凝った柄なども事前に作っておけば、あとは乗せるだけ、という優れもの。

ジェルネイルシートの作り方

【使用する道具】
ベースジェル
カラージェル (アイボリー・ターコイズ・オレンジ・茶色)
トップジェル
ジェルネイル用ライト
クッキングペーパー
ハサミ・ピンセット

1.キッチン用品のクッキングペーパーの上に、ターコイズ、オレンジ、茶色の順でジェルを塗った後、仮硬化します。ノンワイプトップジェルを塗り硬化。

あとで切ったりするので、大きめに作ります。トップジェルがノンワイプタイプではない場合は、未硬化ジェルを拭き取ってください。

2.ハサミで好きな形にカットします。描くとなると、集中力のいる幾何学柄なども、三角や四角などにカットしたパーツを作っておくと、簡単に作ることができます。パーツは、爪の上に乗せるので、できるだけ薄めに作ってくださいね。

3.パーツを乗せる爪に、ベースジェル・仮硬化→カラージェル(アイボリー)1度塗り・仮硬化→カラージェル(アイボリー)2度塗り目を塗布します。ここで、硬化はまだしません。

4.好きなパーツをピンセットで好きな位置に乗せます。優しく押し付けるような感じで乗せ硬化します。ここで、ストーン類を一緒に乗せてもOK.

5.トップジェルを塗って硬化させ、完成です。ノンワイプタイプのトップジェルでなければ、未硬化ジェルをきれいに拭き取ってくださいね。


以上いかがでしたでしょうか。

今回は、アースカラーを使用してシンプルに仕上げていますが、単色でパーツを作っても、複雑なマーブルやグラデーションで作ってもよいでしょう。

簡単なのに、仕上がりはプロ級。利き手にだって時短でできちゃいます。時間の余裕があるときに、作り置きパーツをしておくと更にお手軽。

セルフジェルネイルが、さらに身近になりますように!

●ライター/Macelova(ヨーロッパ在住ネイルアーティスト)

ライター紹介

Macelova(ヨーロッパ在住ネイルアーティスト)

Macelova(ヨーロッパ在住ネイルアーティスト)

ヨーロッパはチェコの片田舎で、三姉妹の母親業の傍らネイルアーティスト、ライターとして活動中。1978年生まれ。美容専門学校ネイル講師、プライベートネイルスクール&サロン主宰を経て、2011年に夫の故郷チェコへ移住。執筆分野はビューティー、ファッション、ワークスタイル、ライフスタイル、トラベル等手掛ける。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る