幼稚園でテレビって普通なの? 子どものメディア漬けを防ぐ対策って?

2018.07.04

筆者の子どもが通う園にはテレビが置いてあり子ども達に見せているそうです。テレビがダメ、と思っているわけではもちろんないのですが、せっかく御月謝を払って園に行かせているのに、結局園でもテレビ!?と思ったのが本音です。

とても意外なことだったので、園でテレビを見せている目的や、その背景について園に問い合わせをしてみると、いち保護者として考えさせられる返答がかえってきました。

幼稚園でテレビを見ていることは普通?

筆者は、乳幼児のスマホ、テレビ、DVDの依存性が怖いな、と感じていたので、子供にはなるべくそれらのメディアよりも絵本や音楽を積極的に触れさせ、外に連れ出したり工作をしたりする時間を作るようにしていました。

全く見せないというわけではなく、時間を決めるか、なるべく見る時間は少なくする方向の生活をさせていました。

2歳差の姉妹をワンオペで育てていたので、メディアに頼りたくなる場面も幾度となくありましたが、長女が幼稚園に行くまでの辛抱だと思い、何とかやり過ごしてきました。

しかし、長女が入園し、幼稚園の様子のことを聞くと、「アンパンマンのテレビが見れるから楽しいよ」と言うので、ちょっとビックリして園のママ友に聞くと、朝と帰りのバスの待ち時間にテレビを観させているようだ、とのこと。

そのママもお子さんにアンパンマンとかはみせていない…と言うので、ちょっと気になるよねーという話題になりました。

筆者の子供の通う幼稚園はマンモス園なので、仕方がない面もあるのかなーと思いつつも、幼稚園からテレビについての説明など何もなくやはり不安になったので、思い切って園にメールで保育中のテレビ視聴について問い合わせてみました。

園からの回答

園からは、翌々日に返事が届きました。

まず、思わぬ園でのテレビ視聴に落胆させてしまい申し訳ないという謝罪をいただきました。そして、筆者の問い合わせに対して以下の回答が届きました

①目的
様々な状況の子供達を落ち着かせ、担任が一人ひとりを観察できる環境を作るため。

②時間
・朝30分程度、帰り45分程度
・雨の日の帰り(外遊びができない為、怪我防止として)
・年少身体測定等、担任が目を離さざるを得ない場合

③内容
アンパンマン、ドラえもん、きかんしゃトーマス、ディズニーアニメ

④絵本や歌、紙芝居やブロック遊びなどさせるのでは間が持たないのか?
以前はテレビ使用はしていなかったが、近年、集団生活に全く慣れていない子、おむつが入園時点で外れていない子など年少の様子が変わっていて、ピアノや絵本で興味を引くことができなくなっている。

しかし落ち着きだす5月ごろからはテレビ視聴をやめている、とのことでした。

筆者はこのメールを読んで、テレビの使用が5月までの限定であることに安心したと同時に、確かに年度初めの懇談会で、たくさんのお母さんが「今まで集団生活を経験したことがないので不安です」と言っていたことや、周りの多くの未就園児のお友達がYoutubeやDVDに依存的になる「メディア漬け」状態になってしまっていたことを思い出しました。

解決策

家庭でできる、メディア漬け対策

もちろん園側にも、保育者としてなるべくテレビに頼らず保育をしてもらう要求もすべきです。しかしまずは、保護者の側も、自宅で子供を育てている段階で園での生活に対応できるようにしてあげることを意識することも必要です。

①家庭でまず絵本を読む習慣を
家事、育児、仕事が忙しい中でたとえ1冊でも読むのが大変なこともありますよね。

ですが、未就園児の頃は寝る前に必ず1冊絵本を読むようにしたり、余裕のある時間帯や土日に絵本を読んだり、実家にいるときになるべく絵本を読んだりするようにしています。

また、おおきな絵本棚を設置して、ほかのおもちゃより目立つ場所に設置し、表紙が見えるように置いて、子供自身が絵本に興味を持ち絵本でよく遊ぶようなレイアウトにしています。

②メディアと子供のふれあい方は少し慎重に
ワンオペ育児が増え、メディアも発展する中、ムリヤリメディアすべてを禁止をするよりも、時間を決めてうまく付き合えるようにメリハリをつけさせることが大切です。

テレビ、Youtubeは時間をきちんと決めて親が管理をする、テレビのリモコンやDVDは親がきちんと管理をして、子供主体で視聴させるのではなく親が権限を持って視聴させる、など。

子供は2,3歳にもなればYoutubeのアプリのアイコンを覚えて、自分で動画を視聴するようになるので、スマホはロックしておくことが無難です。

③なるべく外に連れ出しましょう
自宅保育は毎日のことなので、間が持たなくて、テレビに頼っちゃうーというママも多くいます。

もちろんメディアが悪、というわけではないのですが、なるべく公園や児童館、地域の子育て支援の催しなどに積極的に参加して、同じくらいの子供や集団生活に少しでも触れさせる機会をつくってあげるようにしましょう。

たくさん外に連れ出して色々な人にふれあい、体力を作り、心も体も免疫をつくることで、園に入っても病気になりにくく、毎日元気に通えるいい循環がうまれてきます。

外に出かけることで自然とテレビやスマホをじーっと見る時間も減ります。


以上、いかがでしたか?

家庭で子供をメディア漬けにし、外にあまり連れ出さないでいると、いざ幼稚園に入れたときになかなか園になじめず、子供、ママ両方が苦労することとなってしまいます。

親子ともども楽しく園に通えるように、なるべく園での生活に近いリズムを家庭でもつけさせてあげるようにしてみてくださいね。

●ライター/ましゅまま
●モデル/いちご姫



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ