産後の抜け毛

明日から実践できる! 頭皮のためのマッサージ方法とは?

明日から実践できる! 頭皮のためのマッサージ方法とは?

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、海外在住プロママライターのさとうあきこです。

抜け毛は男性だけ、または中年以降の人だけの悩みではありません。女性でも若くても、妊娠や出産、ストレスなどいろいろ理由から抜け毛が増えることがあります。

気になり始めるとますます抜けるような気がする髪の毛。その対処法として、私が本やサイトで研究し実践した頭皮のための運動メニューをご紹介します。

オイルやオイル系化粧水を使ったモミモミマッサージ

洗髪時の抜け毛が増えたような気がし始めたのが最初のきっかけでした。髪の毛が伸びて多く見えるのかな~と自分をごまかしきれない多さです。

それと同時に気になり始めたのが、頭頂部の分け目が乾燥して突っ張る感覚。もともと乾燥肌なので、「これは頭皮が乾燥しているのかも?」と思って指で触れてみると、「あれ? けっこう脂っぽい?」。

顔や首、体なら、脂性なのか乾燥肌なのか、混合肌なのか、自分の肌状態は把握しているもの。それに合わせて、いろんな化粧品を使ってケアしますね。化粧水・乳液・美容液・オイルなどを使うことが多いでしょう。でも、同じ肌なのに頭の地肌である頭皮は放置していることに気づきました。

そこで、乾性脂性どちらの肌にも対応できる、洗髪前のオイルマッサージを開始。使ってみたのは、ホホバオイルとヒアルロン酸です。オイリーな感じですが、洗髪前なので気にしません。

方法は以下です。

・洗髪前に頭皮の特に乾燥が気になる部分にオイルを数滴ずつ垂らす

・指の腹の弾力を使ってそのオイルを頭皮に押しこむような感覚でモミモミを頭全体に5分ほど

オイルをよく揉みこむと、頭皮に不足している水分が補給されつつ、脂っこい汚れも浮いてくるような気がしてきて、気持ちいいのです。

モミモミのあとは頭皮運動に挑戦

雑誌で見かけた「頭皮運動」。頭皮を柔らかくするのが目的の運動ですが、これが最初は難しくてうまくいきませんでした。タイミングとしてはお風呂上りがおすすめです。

方法は以下です。

・鏡の前で目を思いっきり見開く

この時おでこと生え際も一緒に上に吊り上げるように意識。(目と眉とおでこと生え際、この4カ所を一気に上に引っ張る感じです。)

次に逆に下へと縮める動き

顔をクシャっと下の方へと縮めるのですが、まずは目をぎゅっと閉じます。その時、眉やおでこ、そして生え際もまぶたを閉じる動きで一緒に下へと引っ張ります。目を閉じているので鏡で確認できませんが、指先でおでこに触れると、皮膚が動くのを感じられます。

これをゆっくり5秒ずつ20セット繰り返すのが頭皮運動です。

私はこれにアレンジを加え、両耳を軽く横に引っ張りながら頭皮運動をします。これだと、生え際だけでなく、側頭部の頭皮も動いているような気がするのです。また、オイルマッサージと洗髪の後だと、頭皮がちょうどよくほぐれている感じもあり、動かしやすくなります。

頭皮運動は、最初は片手をおでこや頭のてっぺんに軽く当てながら、ちゃんと頭皮を動かせているか確認しながらするといいと思います。

ついでに顔ヨガも加えるとお得感アップ

顔を引き締めて小顔を作る効果が期待できるという顔ヨガ。顔ヨガ動画などで確認しながら、耳を引っ張りつつの頭皮運動にプラスしてみました。片手を頭に置きながらやってみると、ただの頭皮運動よりも確実に頭の表面が動いているのを感じられます。

顔ヨガや顔をクシャっとさせる頭皮運動は、あちこちに美容の敵「シワ」が発生しそうでちょっと心配ですが、その分表情筋は確実に鍛えられます。シワ対策には、頭のオイルマッサージのついでに顔もマッサージしてケアします。


以上3つの抜け毛対策のシメは洗髪とトリートメント。頭皮を清潔にし、血流をよくし、頭皮を柔らかくすることで、抜け毛を減らすのが目標です。

私は、転居と初めての花粉症でストレス満載だった時期に、抜け毛対策として1日おきに試したところ、1カ月ほどで、気にならなくなってきました。転居先の環境に慣れ、花粉症の季節が終わったせい? かもしれません。

でも、個人的には抜け毛の改善に加えて、頭皮のつっぱりが消え、髪の毛の状態も、お肌の状態も良くなったのを実感でき、十分価値があったな~と思っています。

●ライター/さとうあきこ
●モデル/貴子

ライター紹介

さとうあきこ

さとうあきこ

子育て、教育、健康、食、仕事、人間関係などなど、海外に場所を移してもやっぱり悩むことは多いし大変。でも、ガッツリ取り組んでみたらなんだかおもしろい! 何かと不便な海外生活の中での工夫の数々と、実際に体験した失敗と成功を元手に、日々多方面へと情報発信中です。フルタイムプロライターとして、またライフワークとして、好奇心のおもむくままに、時には情報の海を、時には世界中を母娘で旅しながら、子育て・自分育てにまい進中。

ライター紹介

貴子

貴子

ママになっても自分の時間を大切にし、笑顔でいることで子どもたちも笑顔でいられるよう、楽しくやっています♪

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る