赤ちゃんのお世話の基本

最適なのはどれ?ママの目的別移動手段

最適なのはどれ?ママの目的別移動手段

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。ゆかりんごです。

昨今、電車でのベビーカー論争が白熱していますね。

小さな子ども連れのママにとって、公共交通機関を利用するときは気を遣いますよね。できることであれば公共交通機関を利用せずに他の手段で移動したい、と思ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は小さな子ども連れでの身近な移動手段についてご紹介します。

やっぱりラクなのは断然車移動

筆者は現在、車社会の地方に住んでいますがペーパードライバーです。

首都圏などの都心部は鉄道路線も多く、駅周辺に主要な建物が多く立ち並んでいるので、車がなくてもさほど不自由しないかもしれません。また、駐車場や道路渋滞、車や人の多さを考えると、公共交通機関を利用する方が無難かもしれません。

しかし、車社会の地方では、鉄道や路線バスは網羅されておらず、また本数も少ないため、車利用率は95%になります(日用品流通の情報基盤を運営する(株)プラネット調べ)。運転しない筆者のような子連れママは稀で、多くのママが夫婦それぞれに自家用車を所有しています。

やはり、理由は何よりも“車での移動がラク“。時間の融通が利き、天候に左右されない車移動が何より便利です。子どもが小さいうちは荷物も多く、長時間静かにしていられないので、車に乗せてしまったほうが親も子どもも気がラクです。

また、子ども達の成長に伴い、部活動や習い事などで遠方まで親が送迎しないといけない機会も増えてくるでしょう。

「ペーパードライバーであったが、3人目が生まれると運転せざるを得なくなり、必死で練習した。上2人の習い事の送迎が今まで自転車だったが、車を運転することになった」(30代、3児のママ)

このように、自転車で移動できる距離であっても、幼児2人であれば自転車の前後に乗せられますが、3人になったことで車を選ぶママもいます。

高額でも電動アシスト自転車

自転車移動は、歩いて行くには遠いときや、歩くよりも時間短縮するために便利です。

前乗せタイプは1歳くらい、後ろ乗せタイプは2歳くらいから乗せることができます。ただし、運転者は16歳以上の大人、乗せる幼児は6歳未満、幼児用座席の装着が義務づけられています。また、幼児を2人乗せる場合は、法的に安全基準をクリアした専用の自転車でなければなりません。

最近は電動の子ども乗せ自転車をよく見かけるようになりました。

筆者が子ども乗せ自転車を購入した際、電動だと10万円以上するので、電動ではない幼児2人乗せ自転車を選びました。当時はまだ1歳児を一人乗せるのみでしたので、さほど不自由は感じませんでした。

しかし、子どもが2人になり、それぞれの体重が増えてくると、重みで漕ぎ出しがふらつき坂道は息荒くなり、まさに体力勝負です。

お住まいの地形にもよりますが、坂が多い地域、日常的な長距離運転、子どもを2人乗せる場合は、高くても電動自転車をおすすめします。

【電動自転車の注意点】
・スピードの出し過ぎ
電動自転車は漕ぎ出しからスムーズでスイスイ走ってくれる反面、スピードを出してしまいがちです。電動自転車を運転する際はスピードに十分注意してください。

・重量を考慮して
電動自転車の重量は約30㎏と、普通の自転車よりも重量があります。さらに子どもを乗せているので重みが増し、急に止まることができません。急ブレーキをかけるとハンドルをとられて転倒しかねませんので、注意してください。

長時間の移動時と荷物が多いときにはベビーカー

赤ちゃんを抱っこしているママも、赤ちゃんが成長するにつれて重みが増し、長時間抱っこし続けると体が悲鳴を上げませんか。

「上の子のときは抱っこして移動することが多かった。長時間子どもを抱っこしていると、腰はもちろん、肩こりもとても酷かった。下の子が生まれ、自分の体を労るためにも下の子はなるべくベビーカーに乗せるようにした。」(30代、2児のママ)

また、子連れでの移動は荷物が多くなりがちです。お出かけ先でお買い物すればさらに荷物は増えます。ベビーカーがあると、荷物をかけたり下に収納したりできて便利です。ベビーカーの揺れで子どもが寝てくれるメリットもあります。

ただ、ベビーカーで電車移動する場合、ベビーカー論争が繰り広げられているように、嫌な思いをするママも多いのが現状です。子育て中の女性340名に調査した結果によると、嫌な思いをした場所として一番多かったのが電車内、次に駅構内でした。

筆者がターミナル駅を利用した際、ラッシュ時でなくてもエレベーター前では順番待ちのベビーカーで大渋滞していました。主要駅は子連れの観光客も多く、どの時間帯も混雑しています。ベビーカーがあると、時に不便に感じることもあります。

最近の商業施設や観光施設ではベビーカー貸し出しがある場合がほとんどです。必ずしもベビーカーを持ち歩く必要はありません。徒歩での移動時間や、場所、子どもの状態、荷物の量を考慮して、ベビーカーを持ち歩く必要があるかどうか再検討してみても良いでしょう。

抱っこ紐はいつも持ち歩く

歩けるようになっても、まだ抱っこが大好きな幼児には抱っこ紐は必需品です。

「子どもと歩いて出かけていても、帰りに疲れたり眠たくなってきたりすると度々抱っこをせがまれる。12㎏あるので、荷物を持った状態で子どもを抱っこするのはとても辛い。普段抱っこ紐はほとんど使わないが、念のため持ち歩くこともある」(2歳と5歳のママ)

筆者の子ども達も抱っこが大好きです。雨の日に歩いて出かけ、途中疲れた子どもが抱っこをせがむことがよくあります。抱っこ紐がないと、子どもを抱っこして傘を差さねばならず、腕がちぎれる!と何度も思います。

自転車で出かけた帰りに、ぐずって幼児用座席に座らないこともあるでしょう。

おんぶ紐兼抱っこ紐があると、おんぶして自転車に乗ることもできます。都道府県によって、道路交通法規則で首の据わった乳幼児を一人おんぶ紐で背負って自転車に乗ることは認められています。

しかし、転倒しておんぶされた赤ちゃんが死亡する事件も発生していますので、十分注意して下さい。

歩くようになると、荷物になるので抱っこ紐は持ち歩かないようになります。しかし、2歳前後はイヤイヤ期と言われるほど、自分で歩くと主張したかと思うと、疲れると「抱っこ~!」と大騒ぎしますよね。抱っこ紐は普段使わなくなったとしても、いざというときママの両手があくので、持ち歩くことをおすすめします。


以上いかがでしたか。

行き先や公共交通機関を使うのかどうか、時間帯などを考慮して、ママも子どももストレス少なくお出かけしたいですね。

【参考リンク】
・PRTIMES 東京メトロ「ベビーカーご利用のお客様向けサービス『ベビーメトロ』実証実験を実施」 
・PRTIMES (株)プラネット「車に関する意識調査」
・東京都道路交通規則 「自転車の正しい乗り方-警視庁-東京都」
・PRTIMES (株)キッズライン「ベビーカーで嫌な思いをしたママの割合ってどのくらい?」

●ライター/ゆかりんご(元添乗員ママライター)
●モデル/赤松侑里

ライター紹介

ゆかりんご

ゆかりんご

添乗員として全国、ときより海外を飛び回る日々を過ごす。ふと地に足のついた仕事がしたくなり、畑違いの法律事務所に転職。結婚により生まれ育った大阪を離れて、地方都市へ移住することになり退職。現在は2歳差兄妹育児に奮闘しながら、地方都市での働き方を模索中のママライター。独身時代は旅行、トレッキング、アウトドア大好きで休日のたびに出歩く日々。結婚後は余裕なくもっぱら近場の発掘と家事に追われる。時間を見つけてはハンドメイドで作品を作ってはただ自己満足している。

ライター紹介

赤松侑里

赤松侑里

1児の女の子のママです。育児も自分磨きも楽しく頑張ってママライフを過ごしています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る