なかなか寝付かない子どもたち… お昼寝のベストタイミングって?

こんにちは、はしゆです。

2歳7カ月の娘と3カ月の息子の2歳差育児に奮闘しています。

お昼寝をどのくらいさせるかって、調整が難しいですよね。させ過ぎると夜寝なかったり、しないと夕方変な時間に眠くなってぐずったり。

今回は、娘のお昼寝時間を調査してみた時のお話です。

お昼寝させ過ぎ?

2歳5カ月頃から夜なかなか寝付かない日が多くなった娘。

寝かし付けに1時間半程かかり私はストレスを感じていました。

その頃まで1時間半~2時間お昼寝時間をとっていたので、寝せ過ぎなのかな、もう少し削った方がいいのかな?と思うようになりました。

しかし、娘がお昼寝している間は私の自由時間。

最近はモグモグタイム(娘が起きている時には不可能となった、おやつを座ってゆっくり食べる時間)と息子とのイチャイチャタイムに充てていました。

一日のお楽しみ時間が減るのはな~~…とも思いましたが夜の寝かし付けが長いのも辛い。

そこで、私にとってのベストなお昼寝時間はないか探ってみることにしました。

お昼寝無しパターン

2歳を過ぎた頃、お昼寝を全くしないと激しい夜泣きをすることがあり、それ以来お昼寝はできるだけさせるようにしてきました。

しかしもう2歳半。

そもそも、お昼寝無しでもいけるのかもしれないな、と思い、2~3日連続でお昼寝を無くしてみることにしました。

【結果】

メリット:夜寝かし付けがほぼ必要なく寝付く(20時半~21時頃。夜泣きはしなくなっていた)

デメリット:日中ずっと相手をしないといけない(基本ずっと話しかけてくるので休まる暇がない。おやつが食べれない…涙)

夕方ウトウトしだすので起こしとくのが大変。

晩御飯が終わったくらいから眠いのかグズグズ・イヤイヤが酷い

結論:寝かし付けの必要がないのは魅力的だが、色々大変なので基本ワンオペの平日はきつい。旦那さんもいる土日であれば分散されるのでアリかも。

お昼寝1時間パターン

今までのお昼寝時間は1時間半~2時間。

少し減らしてみて1時間を試してみることに。

【結果】

メリット:夜30~40分で寝付く

デメリット:1時間は割と短く、息子のオムツ替えやら授乳やらしてるとすぐ起す時間に。

結論:短いが休憩もできるし、夜の寝かし付けもそこそこ楽。

この結果を踏まえて、現在平日は1時間お昼寝、土日はお昼寝無しまたは車の中で少し寝たりというパターンに落ち着いています。

少し休憩ができて、寝かし付けの時間も短縮できた。これがきっと今の私と娘にとってベストなお昼寝時間なんだと思います。

娘の成長する過程で何となーーく出来上がった一日の流れ。

息子も産まれ、忙しい毎日。これからはいかに自分が楽に子育てしていくか、ということも考えつつ、色々改良していけたらいいなと思っています。

●ライター/はしゆ

ライター紹介

はしゆ

はしゆ

2歳怪獣娘と0歳のんびり息子、10歳年上の旦那さんと暮らしています。2歳差育児に悩み、落ち込み、超前向き人間の旦那さんに励まされながら日々奮闘しております!転勤族で引っ越しも多いです。インスタグラムでは家族の日常を投稿しています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡