妊娠線は一生消えない?きれいな肌を保つために私がやった予防対策!

2018.06.12

こんにちは、マメ美です!

いつも『思ってたんと違う育児』の漫画をインスタ等で描いておりますが、今回は『思ってたんと違う妊娠』について書きたいと思います。

妊娠のあるあると言えば、「つわり辛いよ〜」とか「お腹が張っちゃって…」ですよね。

でも、いざ自分が妊娠すると、こんな悩みもあるんだ…と思う機会にぶち当たります。

その1つが妊娠線︎でした。

恐怖の妊娠線!

私のお腹がふっくらとしていたときに、二児の母である友達と久しぶりに会ったときの話です…。

それまで知らなかった妊娠線という言葉。

おまけに激しい顔つきで迫り来る友人の圧力!

怖くなったので「妊娠線」について調べてみると、「だからあんな顔を…」と納得するような画像や記事がたくさんありまして。

おまけに一度出来てしまうとなかなか消えない…らしいのです。︎

妊娠線を予防したい!

先輩ママにアドバイスをもらったので、私も妊娠線を予防することに決めました。

「妊娠線 予防」と調べたら、用途別にたくさんの種類のクリームやオイルが売られていました。

正直、どれが良いのか全くわからず…

友達に相談しても「高いクリームを買っても、出来るときは出来るから〜」と言われ、さらに悩むのでした。

憧れのお肌をお手本に

妊娠線ってどうやって予防するの?」という話を友達といつもしていたので、近くにいる人の肌を自然に見るようになっていました。

そしてふと、職場の先輩のお肌が目に止まったのです。

ふっくらしていて柔らかそうで、ハリもある。わたしと10歳離れているとは思えない…

思わず質問してしまいました。

この先輩は、1人目の妊娠で妊娠線が出来てしまい、対策としてベビーオイルを塗り始めたそうです。

ベビーオイルのおかげなのか、2人目のときには妊娠線は出来ていないそうで。

もしかして私にも効くかも?

と、ドラックストアへ行って、ベビーオイルを買いました。

毎日、お風呂上がりの濡れた身体にベビーオイルを塗ることに。

しかし私は、ベビーオイルを塗っても乾燥しがちで痒くなりがちな肌でして。

そんなときは、ドラックストアに売っているような保湿クリームを買って、妊娠線が出やすい箇所に塗っていました。

結果、妊娠線は出来ずに無事出産!

「出産はうまくいったし、妊娠線もなくてよかったね〜」と友人と笑ったのでした。

以上が私の妊娠線エピソードです。

詳しく調べてみると、妊娠線は人によって差があることがわかります。

ぜひ、自分に合った対策を練ってみてください。

●ライター/マメ美



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ