前菜にもつまみにも!おしゃれな「ブルスケッタ」レシピ

こんにちは!わくわくすることが大好きなママライターのmikkaです。

突然ですが、「ブルスケッタ」という料理をご存知ですか?

少し前に友人のお宅にお邪魔したとき、香ばしく美味しそうな匂いとともに食卓に登場したのが「ブルスケッタ」でした。その友人の旦那さんはクロアチア出身の方で、パーティーのおもてなしや、ワインのつまみとしては定番らしく、手際よくちゃちゃっと作ってくれました。

その友人宅で食べて以来、我が家でも定番メニューのお気に入りです。食材に乗せる具材や組み合わせによって、さまざまな味を楽しめますし、彩りもよく見栄えもきれいです。しかも手間がかからないのがいいところ。

急な来客にも、「ブルスケッタ」でささっと対応できそうです。

「ブルスケッタ」のオススメな作り方

「ブルスケッタ」を作るためには、フランスパンを使用します。1~1.5cmくらいにバケットをカットし、トースターで焼きます。バケットのふちにほんのり焼き色がついたら、トースターから取り出し、バケットの表面へにんにくを刷り込みます。そこにオリーブオイルをたらして食べるのが、基本の食べ方です。

バケットを焼く前に、にんにくを刷り込み、オリーブオイルを塗ってから焼くというやり方もあるようなので、お好みで選んでください。

ミニトマトとアボカドのブルスケッタ

【材料】
・ミニトマト
・アボカド
・オリーブオイル
・にんにく
・塩コショウ

ミニトマトとアボカドをざく切りにし、塩コショウを振り、オリーブオイルで和えます。焼いたフランスパンに、にんにくを刷り込み、その上に具材をのせれば完成です。

ブラウンマッシュルームのバターソテーのブルスケッタ

【材料】
・マッシュルーム
・バター
・パルメザンチーズ
・オリーブオイル
・にんにく
・塩コショウ

フランスパンを焼いたあと、にんにくを刷り込み、オリーブオイルを垂らします。マッシュルームは、薄くスライスしてバターで炒めます。塩コショウで味を整えたら、パンの上にのせて、パルメザンチーズを振りかければ完成です。

水切りヨーグルトとハーブのブルスケッタ

【材料】
・水切りヨーグルト(無糖)
・ハーブ(今回は乾燥バジル使用)
・オリーブオイル
・にんにく
・塩コショウ

(お好みでトマトを添える)

キッチンペーパーを敷いたザルの上に、適量のヨーグルトを乗せて数時間置くと、水気がなくなりチーズのようになります。この水切りヨーグルトにハーブを混ぜて、パンに塗れば完成です。ベースには、にんにくとオリーブオイルを塗ります。


いかがでしたか。
「ブルスケッタ」は、乗せる具材によってアレンジし放題のおつまみです。それに、厳密に計量せずにざっくりした分量で作ってもほとんど失敗しないんです。おもてなしにも、お酒のおつまみにも、ちょっとした軽食としても、ぜひお楽しみください。

●ライター/mikka

ライター紹介

mikka

mikka

高等学校国語科教諭免許を取得。アイシングクッキー認定講師、バースデープランナー、ハーブコーディネーターの資格を持つ。子どもと関わる仕事に就きたくて、大学卒業後は子ども向け施設で科学実験ショーのお姉さんとして勤務。ステージやワークショップで工作をレクチャーするなど、現場を駆け回る。イベントの企画や広報を経たのち、転職。現在は1児の母として、大好きなハンドメイドを楽しみつつ、アイシングクッキーを中心とした出張教室やワークショップを不定期開催している。作るのも食べるのも大好きな食いしん坊。日常に「わくわく」をプラスするアイデアを発信していけたらと思います。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡