【産後あるある】産後のママの1人外出での心境の変化とは!?

2018.06.05

こんにちは、ユキミです。
2歳になる息子ユキタに日々振り回されている、新米母さんの日常をお送りしています。

前回に引き続き、「ママの産後あるある」についてご紹介いたします。

一人外出の不安

産後皆さんはどれくらいで「1人外出」しましたか?

私は、なかなか授乳感覚があかなかったり、息子の人見知りが激しかったのもあって、すぐには叶わず…。息子が生後半年くらいになり、いくらなんでもそろそろ髪の毛がやばいな…と。「息子への不安<ボサボサの髪」ということで、夫が休みの日に美容院へ行ったのが初でした。

その間、かなり落ち着かなかったのを今でも覚えています。

「息子は泣いてないか」「夫はあやしきれているか」などなど頭の中は家族のことばかり…。せっかく美容院で出してくれた雑誌も、まったく頭に入ってきませんでした。

よく1人で自分の買い物に行っても、「家族の物ばかり買ってしまう」というママさんあるあると同じですね~。帰りは早く息子の顔を見たくて、猛ダッシュしながら帰宅しました。

そして2時間ぶりの再会…

私の顔を見たとたん、息子がすごい勢いで号泣。夫曰く、息子は時々不安そうな顔はしていたものの、泣かずに頑張っていたようです。

「母の顔を見て安心したんだね~」と夫もほっとしていました。

魔の2歳に突入して

その後も夫に預けて外出を…と思うも、その時の息子のことを思い出すと私も心が苦しくなり、なかなか気が進まず…。息子が2歳になるまで1人で外出するというと、3~4ヶ月に1回の美容院と、病院くらいでした。

が!!
2歳!!

息子2歳!!
魔の2歳児真っ盛り!!

買い物と言うと、カートは乗らない、お店の商品は触りたがる、「ダメ!」と言おうものならひっくり返って号泣、結果息子を抱えて退場。1日中息子の自我に振り回され、自分の買い物はおろか、生活に必要な日用品すら買うことが困難な日々…。

一緒にお出かけ〜と繁華街に行っても、ベビーカーに乗らない、歩かない、抱っこ。遊びに行った先の有料キッズスペースでもすぐに帰りたい攻撃…。

「つ、疲れた…」と休憩に入ったカフェでは大人しく座ってることなどなく大暴れ…。

1人に…なりたぁぁぁぁい!!

この自分の気持ちに素直になり、最近は「もう無理!!(泣)」となる前に、月に1回ほど美容院や病院とは別に、母の休日をもらっています。大体11時くらいに家を出て、16時くらいまでには帰る、というスケジュールです。

このつかの間のスペシャルデイは1日中家族のことを忘れて、自分の買い物や用事に没頭しています。
最高!!

あれ…?
離れていてもずっと頭から家族が離れなかった自分はどこへ…??

あれ?
早く用事を終わらせて、家に帰りたい!!と思っていた自分は…どこへーーー!!

産後お世話オンリーだった育児が、息子の自我の芽生えと共にどうやら…母の自我も芽生えてきたみたいです(笑)

自分のことを考えられるようになったということは、ちょっとづつですが育児への肩の力が抜けてきたってことかなー、なんて考えてます。


以上いかがでしたでしょうか?

まだまだ長―い育児の道。
途中でギブアップはできないので、ちょこちょこ休憩を取りながら進みましょうね♡

●ライター/ユキミ(イラストライター)



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ