妊娠中の嫌いな匂い…! 無理せず過ごす対処法って?

こんにちは。フリーママライターの横山かおりです。

私は2人の子どもたちの妊娠中、ありとあらゆるものの匂いに拒否反応が出ていました。普段は意識していなくても、妊娠中ってかなり匂いに敏感。悩んでいる妊婦さんも多いはずです。

そこで今回は匂いに対してかなり敏感だった、私の妊娠中の体験談をもとにオススメの対処法をご紹介します。少しでも参考になれば幸いです!

「冷蔵庫」の匂い対処法

主婦だったら毎日必ず開けるであろう冷蔵庫。私はその冷蔵庫の匂いが本当にダメになりました。

色々な食材が集まった匂い、冷気の匂いすら気持ち悪くなってしまい、つわりがひどかった4か月間はほとんど冷蔵庫を開けませんでした。(つわりがひどすぎたため料理もできず、実家に避難していました。)

なるべく冷蔵庫を開けないですむように、飲みものなど常温で保存できるものは冷蔵庫に入れないで保存。冷蔵庫を極力使わない生活をしていました。

匂いは体が拒否反応してしまうので、いくら頑張っても無理なものは無理。努力でどうにかなるものじゃないのです。

対処法としては①近づかない②距離を置く。これらが最良です。

実家などに頼れない人は、食事を作れないときは無理せず買ってきたりして対処しましょう。わずかな抵抗として、マスクをすれば匂いを少し感じにくくなるかもしれませんよ。

また私は冷蔵庫をどうしても開けなくてはいけなくなった場合、息を止めて一瞬で必要なものだけを取り出すようにしていました。

その場合冷蔵庫の中に「何がどこに入っているか」を把握しておく必要があります。ご主人や家族に頼んで冷蔵庫を整理してもらい、何がどこに入っているかすぐ分かるようにしておきましょう。

「歯磨き粉」の匂い対処法

毎日口にする「歯磨き粉」。この匂いもダメになってしまいました。

今でもつわりのときに使っていた歯磨き粉を使うと、そのときを体が思い出してしまい気分が悪くなるほど。匂いってトラウマになりやすいんですよね。

そこで妊娠中の歯科検診で歯医者さんに相談した結果、「短期間なら歯磨き粉なしでもいいよ」との許可をもらい、歯みがき粉なしで磨いていました

口内環境をきれいに保つにはもちろん歯磨き粉を使ったほうがいいのですが、それで気持ち悪くなって歯みがき自体をしなくなってしまうのが一番ダメ。

つわりなどで歯磨き粉が使えない場合は、ブラシだけで念入りに磨いていました。つわりが終わって匂いや味が平気になったら、きちんと歯磨き粉をつけて磨くようにしましょう。

「夫と息子」の匂い対処法

一番大きな悩みだったのが、夫と息子の匂いがダメになってしまったこと…。大好きで結婚したはずの夫と最愛の息子の匂いが嫌いになるなんてショックでしたが、体が拒否反応を示している以上仕方ありません。

寝起きの夫の匂いやお酒を飲んだ後の匂いがダメだったので、そのときは私にあまり近づかないで欲しいとやんわりお願いしました。

「最近お酒の匂いとか汗の匂いがダメになってきちゃったから…そういうときは急に気分悪くなっちゃうかもしれないけど…ごめんね? よろしくね。」と(強く言うとショックを与えてしまいそうなので、あくまでも優しく)。

ちょっと下手に(したて)に出て最初から軽く謝っておけば、気を悪くされることはほぼありません。そして気持ち悪がられたくもないので、自分の匂いに注意もしてくれるはず。

息子の場合は汗の匂いがダメだったので、夕方早めにお風呂に入ったり、汗をかいたらかなりこまめに着替えさせたりするようにしました。

そして不思議と香水や石鹸などの匂いが好きだったので、夫も息子も私の好きなシャンプーとボディーソープの香りのものに総チェンジ!夫から感じるフローラル臭は違和感でしたが、苦痛を感じるよりよっぽどマシです。

これでかなり家族の匂いの悩みを解消できました。


以上、いかがでしたでしょうか。

妊娠中、特につわりがひどい初期の時期は色々な匂いに反応してしまいがち。でもこれはどうすることもできません。

自分のできる範囲で嫌な匂いと距離を置き、他の匂いにすり替えるなどして上手に対処できるといいですね。

出産したら不思議なくらい感覚が元に戻ります。今だけだと自分に言い聞かせて、無理のない範囲で頑張ってみましょう!

●ライター/横山かおり
●モデル/倉本麻貴