産後知らずに増えた白髪…。そんな時はあれが有効!

こんにちは、2歳の娘を育てているライターのchocondです。

産後は抜け毛が気になってしっかりとヘアケアをしていました。しかし、時間の経過とともに抜け毛も落ち着きヘアケアを怠るように…。

そして気づけばいつの間にか増えた白髪。妊娠中や授乳中は気をつけていた食生活も少し乱れていました。改めて見直したい食生活。

今回はそんな白髪に対して、生活に取り入れやすいメニューや習慣をご紹介します。

なるべく控えたい食べ物、生活習慣

白髪の改善にはバランスの良い食事が不可欠。白髪の原因となりうるNGな食べ物を紹介します。どれも極端にカットすればいいと言う訳ではなく、適度に取り入れることが大切です。

・塩分の多い食べ物
塩分の取りすぎは腎臓に負担をかけ疲労させてしまいます。そのため、酸素を前進に運ぶ赤血球の働きも弱くなり貧血を起こし頭皮に血液・酸素が行かなくなってしまいます。

・糖分の多い食べ物
糖質は血糖値を上げインスリンを分泌し、ブドウ糖を中性脂肪に変化させます。中性脂肪は血液をドロドロになり血行不良を引き起こして白髪を増やす原因にもなってしまいます。また、糖分には髪の色を黒く保つ作用のある成長ホルモンの分泌を阻害する働きもあるため、白髪を増やしてしまう原因にも。

・高脂肪の食べ物
高脂肪の食べ物は高血糖、高血圧につながり脂質異常症を引き起こすことも。中性脂肪を含んだ血液はドロドロになり頭皮の毛細血管を通ることができなくなり、髪へ栄養が届かなくなり白髪の原因になってしまいます。

・身体を冷やす食べ物
冷たい物を摂取すると身体が冷え血行が悪くなります。身体内部の臓器を温めようとして血液が身体の中心に集まるため、末端(頭皮)には流れにくくなり白髪を増やしてしまう原因に。

・お酒
お酒にも糖質が多く含まれています。ビールや甘いお酒には注意が必要です。適度なお酒はストレス発散になりますが、過剰摂取すると交感神経を活発化させストレスの原因となることも。

食べ物だけでなく生活習慣にも白髪を増やす原因があります。出来ることから初め、白髪を増やしてしまう習慣を無くしていきましょう。

・タバコ
タバコを吸うと血行不良、ニコチンを排出するためビタミン不足、酸欠状態を引き起こしてしまいます。頭皮に血液やビタミンなどの栄養が流れなくなる、メラノサイトに十分な酸素が送れなくなることから白髪が増えてしまいます。

・睡眠不足
寝ている間に身体を修復、回復させる大切な睡眠時間。これが不足すると成長ホルモンの分泌が悪くなったり、メラノサイト(髪の色を黒く保つ機能)が修復されず機能が低下してしまいます。

・運動不足
運動不足が重なると身体の血流が悪くなり、頭皮の血行も損ない白髪を増やす原因に。

・紫外線
紫外線を大量に浴びることで頭皮は日焼けをしてダメージを受けてしまいます。そのせいでメラノサイトの働きが悪くなります。出かける時には帽子をかぶる、日傘をつかうなどしてみてください。

白髪に効果的な食べ物や取り入れ方

髪の毛の色はメラニン色素によってもたらされます。このメラニン色素を作る細胞メラノサイトを活性化するためには様々な栄養素が必要。

海藻類、魚介類、乳製品、果物、大豆、ナッツ類、根菜類、穀類、卵、肉類などを意識的に摂取することが大切です。

例えば、お味噌汁にはワカメなど海藻を入れる、朝は納豆玉子かけご飯にする、サラダにはアボカドやチーズをトッピングする、おやつはアーモンドなどのナッツ類にするなど。

生活の中に上手く取り入れることが続けるためのコツです。

タンパク質も多くヘルシーな鶏胸肉のグリルもおすすめです。

パサつきや固さが気になる時には焼く前に舞茸と酒を適量合わせておくと、舞茸の酵素により鶏胸肉が柔らかくなるので、簡単にグリルして塩胡椒するだけでも美味しく頂けます。お子様でも食べやすくなります。

野菜を摂取することも大切なのですが、夏野菜は身体の熱を取り夏バテを解消してくれる効果があり、摂りすぎると冷えの原因になってしまいます。

なので、身体を温める食材と一緒に食べると◎。しょうが、にんにく、根菜類などと一緒に料理してみてください。

子育てママの睡眠の質を上げる方法

NG生活習慣でも書きましたが、睡眠不足は白髪を増やす原因。まだ夜泣きをする子供がいるとママはなかなか熟睡できないものです。

しかし、睡眠の質を上げれば短時間睡眠でもしっかり疲れが取れ、成長ホルモンを分泌して白髪だけでなく美肌にも効果があります。

・寝る90分前に入浴
体温を上げ眠る前に深部体温を下げると入眠がスムーズになります。入浴が難しい場合は足湯や手湯でも効果あり。

・寝る前のスマホ・パソコンをやめる
スマホやパソコンは操作することで脳を覚醒させてしまい眠気を遠ざけてしまいます。また、ブルーライトも睡眠に悪いと言われていますので、就寝1時間前から出来るだけ触らないように心がけてみてください。部屋の灯を薄暗くしておくのがおすすめ。

・眠りを誘うアロマ
香りの成分は脳にダイレクトに届きます。そのため安眠に効果のあるアロマを焚くことで心身共にリラックスでき、睡眠の質を上げることができます。ラベンダーやカモミールは子供でも使えるアロマ。親子でしっかり眠ることが出来れば睡眠不足が解消されますね。


いかがでしたか?

白髪の改善は長期的な習慣が大切。毎日続けるためにも取り入れやすいことから是非始めてみてください。

●ライター/chocond