子どもが喜ぶ!ファミリー向けバーベキューメニュー

2018.05.25

こんにちは!
わくわくすることが大好きな、ママライターのmikkaです。

暖かい気候になり、大型連休や週末にバーベキューをした人も多いのではないでしょうか。でも、バーベキューのベストシーズンは、まだまだこれからですよね。

家族や友人、会社の同僚など、集まるグループによって、食材やスタイルもさまざま。今回は、子連れのバーベキューで、実際に子ども達が喜んでくれたメニューを紹介します。

トマトのベーコン巻き

【材料】
・ミニトマト
・ベーコン

シンプルに食材そのままですが、ミニトマトをベーコンでくるっと巻いたものを串に通して焼きました。

軽くあぶるだけですぐ食べられるので、「早く食べたいよ~」という子どもたちの声にも即対応可能なメニューです。

火おこしをしながら、ビールを片手にバーベキューを楽しむパパたちのおつまみにもおすすめです。

チーズタッカルビ

【材料】(4人前)
・鶏もも肉……300g程度
・人参、キャベツ、玉ねぎなど
・ミックスチーズ
〈タレ〉
・コチュジャン……大さじ2
・しょう油……大さじ2
・みりん……大さじ2
・砂糖……大さじ1
・ごま油……大さじ1
・お好みでキムチ

大人気のチーズタッカルビも、バーベキューで楽しむことができちゃいます。レシピは大体の分量なので、好みに合わせて調整可能です。コチュジャンの代わりにキムチと味噌でも美味しいタレが作れます。

家で下準備をしてくれば、当日は焼くだけです。

手順も簡単で、タレに漬け込んだ一口大の鶏もも肉と、野菜を炒めます。肉に火が通ったら端に寄せ、中央にくぼみを作ります。

くぼみの部分にチーズをのせ、溶け始めたら、肉と野菜を絡めて食べてください。バーベキューでは、チーズタッカルビ用に、アルミの入れ物などを用意するのを忘れないでください。

とろとろチーズが子どもたちに大人気でしたが、辛いものが苦手なお子さんには、コチュジャンやキムチを入れずに、味噌や豆乳などで味を調整し、マイルドな味付けにしてもいいかもしれません。

バーベキューでスモアサンド

【材料】
・マシュマロ
・クラッカーやビスケット

子どもたちが一番大喜びしたのが、マシュマロ焼きです。

串に刺したマシュマロを、火であぶります。近づけすぎてしまうと、あっという間に焦げ目がついてしまうので、少し離れたところからじっくり焼くと、ふんわりトロトロな食感に。火が入ると、ふわっと膨らむので、膨らんだタイミングで口に放り込むのがおすすめです。

ふんわり溶けたマシュマロを、クラッカーやビスケットなどでサンドして食べると、食べやすくなります。子どもたちも、自分で焼いたマシュマロに大満足の様子でした。


以上、いかがでしたか?

子連れのバーベキューは、ちょっと大変なイメージもありますが、それぞれが、野菜のカットを済ませて持参するなど、下ごしらえが済んでいると、当日もスムーズですよね。

大人チームは、段取りと役割分担をしっかりして挑み、子どもたちと一緒に楽しんじゃいましょう。

●ライター/mikka



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ