【面白育児特集】息子のお気に入りのおもちゃに振り回されました…

こんにちは。2歳の息子を育てているすずかと申します。

去年のお正月、じぃじとばぁばから足で蹴って進む車をプレゼントしてもらいました。まだよちよち歩きだった息子ですが、跨るのが大好き。足が地面につかなくて自分では進めなかったのですが、後ろから押してあげるとニコニコして大変嬉しそうにしていました。

そんな息子も成長し、今では自由に家の中を乗り回しています。今回は、息子の大好きなおもちゃに関わるほっこりしたエピソードをお話させていただきます。

息子のお気に入りのおもちゃ

ある日、いつものように足蹴り車を運転しているとママの前で止まりました。

一緒に楽しめないとわかると、ママに車を譲ってくれました。優しい子に育ってくれて感激です。

いろいろな使い道ができる万能おもちゃ

この足蹴り車、息子にとってはただの乗り物ではありません。ぬいぐるみをのせてバスにしたり、机代わりにしたり。ハンドル部分を蛇口に見立てて、おままごとの最中にお皿を洗ったりもしていました。

電車ごっこをしたり、バスごっこをしたり、隙間を車庫にみたてて駐車をしたり、雨の日でも元気に遊べるのでとても助かっています。

また、お風呂に入りたくないと駄々をこねる時にも使えます。「車に乗ってお風呂駅に行ってくださーい」とお願いするとすんなり、お風呂に向かってくれました。

少し大きいので購入するのを躊躇っていましたが、軽いのですぐ動かせて邪魔にはなりません。室内用で、車輪にぐるっとゴムがついているので走行音も静かでした。控えめなデザインのものでしたので、インテリアにも馴染んでいます。

何より、息子が嬉しそうに乗っている姿が愛らしいです。

親子でお気に入りのおもちゃとなっています。

●ライター/すずか(イラストライター)

ライター紹介

すずか(イラストライター)

すずか(イラストライター)

陽気な息子(2歳)と、マイペースなパパとの三人暮らし。育休後、復帰しましたが、パパの転勤のために退職。が、世界情勢に翻弄されて転勤が先延ばしに。現在はゆるゆると家事をこなしつつ、息子の行動を全力で観察し、絵日記をつける日々を送っています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡