親子関係

スマホを持たせたくない!子どもが持ちたい理由に対してどう説得するか

スマホを持たせたくない!子どもが持ちたい理由に対してどう説得するか

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。メンタルケア心理士の桜井涼です。

内閣府が発表した調査によると、中学生のスマートフォン利用は58.1%、小学生においては、29.9%が利用しているとのことでした。

スマホを持たせたくない!」と考えていらっしゃる親御さんも多いとは思いますが、著者もその1人です。

中2の息子とスマホをどうするかで話し合った時に、どう持たないという方向に説得したかをお話ししたいと思います。

みんな持っている

息子がスマホを持ちたいと言いだしたのは、中学1年の夏でした。その時に出た言葉が「みんな持っている、持っていないのはオレだけだ。」です。

確かに、息子の学年で持っていないのは、息子を含め2~3人だけです。そのことは知っていました。

著者:「みんなって誰?」
息子:「クラスのほとんど」
著者:「うちは高校生になるまでは持たせない考えなの。だからうちはうち、よそはよそだよ。」
息子:「友だち同士繋がりたいからさ。」
著者:「スマホがないと繋がれないの?友だちじゃないの?」
息子:「そういうわけじゃないけど…」
著者:「スマホを持ってなきゃ友だちじゃないっていうなら、そんなの本当の友だちじゃないよね。」
息子:「そうだけどさ…」
著者:「お父さんもお母さんもあなたをネット被害から守りたいの。だから今は必要ないと思っている。」
息子:「わかった…」

このように「みんなが持っている」という内容や屁理屈を言うような場合は、持たせない理由をはっきりと伝えることが大切です。

連絡手段がないと困る

それでも食い下がってきて言った言葉がこれでした。

著者:「誰との連絡手段?」
息子:「家族と友だち」
著者:「確かにそうだよね。でも、家族は家に帰ってくれば話せるよね。それに体調が悪い時や迎えが必要な場合は、学校に電話があるし、先生からも連絡がくるから必要ないよ。」
息子:「友だちとは取れないと困る。」
著者:「スマホを使わなくても、家の電話からかければ問題ないよ。持っている子の番号を聞いておけば大丈夫だよ。」
息子:「水泳(市外のクラブチーム)の時の迎えとかさ。」
著者:「お母さんが送迎して時間通り行っているし、電話をかけたくなったら、クラブからかけることができるよ。」
息子:「そうだけどさ…」
著者:「連絡手段に関しては、現段階では固定電話があれば大丈夫。今だって、友だちから家の電話にかかってくるでしょ。だから問題ないと思うけどな。」
息子:「…」

連絡手段については、各家庭で必要事項だと感じることもあるかと思います。それは臨機応変に対応することが必要です。

ただ、固定電話があるのであれば、それを使えばいいということで済むこともあるため、著者宅では必要ないと判断しました。

調べ物をするのに使いたい

最後に言ってきたのが、この言葉でした。

著者:「どういうこと?」
息子:「わからない英単語とか、歴史のこととかさ。さっと調べられるじゃん。」
著者:「中学生のうちは、辞書を引くことも勉強のうちだよ。」
息子:「辞書に載っていない時は?」
著者:「お父さんやお母さんに聞くか、お母さんのパソコンを使っていいよ。」
息子:「いや、夜中とかさ、お母さん達が寝ているときもあるじゃん。」
著者:「その時は、お母さんを起こして。わかることは教えてあげるし、だめならパソコンの電源を入れるから。」
息子:「わかった。」
著者:「きちんと気持ちを話してくれてありがとうね。お母さん達の気持ちを理解してくれたことも本当にうれしい。こうやってしっかり話し合えてよかった!」

勉強に役立つという言い分もわからないではありませんが、子どものうちは辞書を引くことも勉強のうちです。手先を使うことは非常に大切ですから。

それに部屋に持ち込んでの使用は、親の目が届かないことにも繋がりますから注意が必要です。

子どもが少しでも親の意見を聞き入れてくれたのなら、「ありがとう」や「理解してくれてうれしい」と言葉にしましょう。

自分の意見が聞き入れられないことに、子どもが腹を立ててしまうこともあるかと思います。しかし、親が感謝を示すことで自分の意見を聞いてもらえたことを実感できるようになります。


以上、いかがでしたでしょうか?

「スマホを持たせないのはなぜなのか」という理由は、各家庭で変わってくるかと思います。子どもが納得せざるを得ない理由を必ず用意しておき、きっちりと説明します。うやむやにしてしまうことはよくありません。

子どもと話をする時に大切なのは、『目を見て話す・相手の言い分を聞く・ダメな理由を明確に話す』の3点です。

片手間で話すと真剣さが伝わりにくいため、向きあって目を見ながら話してください。子どもと向きあうことも大切なことです。

<関連記事>
褒める時のポイントは”〇〇”を褒めること!少しの工夫で反抗期を乗り越える方法

【参考サイト】
青少年のインターネット利用環境実態調査 調査結果(速報)

●ライター/桜井 涼
●モデル/いちご姫

ライター紹介

桜井涼(メンタルケア心理士)

桜井涼(メンタルケア心理士)

新潟県佐渡島出身。親が転勤族だったため、幼少期より引越し・転校を多数経験しました。母親が病弱だったこともあり、「地球が滅亡しても生きていける!」と呼ばれている父の元、家事からサバイバルまでを様々経験してきました(そのワザが震災時に大活躍!)。4人兄弟の長として奮闘してきましたが、現在は、2児の母をしています。妊娠中と出産のハプニングを乗り越え、今はフリーライターとして活動中です!

ライター紹介

いちご姫

いちご姫

いちごが世界一大好きな親子です。いちご狩りに週に何度も行き、おいしい摘みたていちごをたくさん食べています。いちごのことなら誰にも負けない親子です。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る