どうしたら薬を飲んでくれるの…?上手な薬の飲ませ方

こんにちは。元添乗員ママライターのゆかりんごです。

赤ちゃんや小さな子どもにお薬を飲ませることに苦労した経験はありますか。

筆者も子ども達が小さい頃に苦労した記憶があります。どんなに笑顔で対応しても、素早く飲ませようとしても、褒めておだてても、全身で「飲まない!」とばかりに拒否されました。

そこで、今回は赤ちゃんや小さな子どもへの薬の飲ませ方についてご紹介します。

乳幼児へ処方される主な飲み薬の種類

・水薬(シロップ剤)
赤ちゃんや小さい子どもに処方される機会の多い水薬ですが、甘い味がつけられています。服用前に軽く振って薬の成分を均一にします。スプーンやスポイトを使って服用させます。哺乳瓶を使っている場合は、哺乳瓶の乳首に薬を入れて飲ませても良いです。

・粉薬(ドライシロップ剤、細粒薬、顆粒薬)
子どもの体重によって量が調整できる粉薬は、乳幼児によく処方される薬です。苦みのある抗生物質に甘いコーティングがされているドライシロップもあります。また、溶かして飲んでも良い粉薬の場合、薬とは別にシロップを処方してもらうこともできます。しかし、苦かったり舌触りが嫌であったりで、苦戦しているママも多いようです。

・錠剤
一般的に5歳くらいから飲めるようになりますが、小さい子どもでも処方されることもあります。水なしで口の中で溶けるタイプや、少量の水で飲めるタイプ、普通の錠剤タイプなどがあります。筆者の娘も2歳になる前でしたが、処方されたことがあります。このときは錠剤が初めてでしたので、薬剤師に相談しました。砕いて粉状にもできるが、ラムネのようにボリボリ噛んで飲んで良いのとのことでした。試してみると、薬嫌いの娘が珍しくすんなりと飲んでくれました。

また、粉薬が苦手な子どもの場合、年齢と種類によっては錠剤に変更してもらえることもあるようです。

次に、実際、ママ達がどのような方法で飲ませていたか、成功談と失敗談をご紹介します。赤ちゃん期と幼児期ではそれぞれに工夫があります。

赤ちゃん期

赤ちゃん期は比較的騙し騙しなんとか飲ませているママが多いようです。粉薬の場合は、数滴の水を混ぜて練って、小さなお団子状にすると良いです。与えるときは、清潔な指で頬の内側や上顎にこすりつけて飲ませます。

「まだ授乳期だった頃は、授乳させるふりをしながら胸の横でお団子状にした薬を準備。頬の内側奥に指で素早く入れた瞬間に授乳させた。」(40代、2児の男の子ママ)

離乳食が始まると、薬の種類によっては何かに混ぜて飲ませることもできるようになります。しかし、主食に混ぜてしまうと、失敗したときにしばらく離乳食を食べてくれなくなる可能性もあります。

「上の子の時は離乳食をもりもり食べていたので、薬もおかゆに混ぜて食べさせても平気だった。下の子にも同じようにしたら、吐き出してしまい、その後、しばらく離乳食全てを食べてくれなくなってしまった」(30代、男の子と女の子ママ)

同じように、育児用ミルクに混ぜると、ミルク嫌いになってしまう危険性もあるのでやめておきましょう。

幼児期

舌触りや味に好みが出て、さらに自己主張が激しくなってくると、騙し騙し飲ませていた方法が通用しなくなってきます。口に入れた瞬間に吐き出された経験をしたママも多いと思います。

また、粉薬の場合、子どもの体重に合わせるので、成長するに従って量が増えてきます。そこで、何かに混ぜてなんとか飲ませたという話もよく耳にします。

「アイスに混ぜて飲ませても良いか薬剤師に尋ねたら、チョコアイスを勧めてくれた。冷たいと苦みも感じにくいと言われた。」(30代、2児のママ)

ただ、一度に全ての薬を混ぜて飲ませようとすると、薬の味が強くなり嫌がられることも。また、失敗したときに、どのくらい飲めたか分からなくなってしまいます。混ぜるときは、少量ずつにしたほうが良いかもしれません。

2歳くらいまで苦戦していても、そのまま粉薬を飲むようになったという声も聞かれます。説明すれば分かる年齢になってきていることも影響しているようです。

「しっかり薬を飲んで治さないと、楽しみにしているお出かけに行けなくなる、と説明したら、嫌々ながらも飲んでくれるようになった」(30代、2児のママ)

しかし、どんなに薬を飲まないといけないと説得しても、絶対に飲もうとしないこともあります。そんなとき、ママ達は強硬手段に出ることもあるようです。

「何をどうしても飲まなかった。溶連菌の薬をなんとか飲ませたくて、仕方なく『鬼からの電話』を使ったらなんとか飲んでくれた」(30代、2児の女の子ママ)

このように、心を鬼にしてなんとか飲ませようと苦戦しているママもいました。

混ぜてはいけないものもあるので要注意

薬によっては混ぜて飲むと薬の吸収や効果に影響を与えることもあります。また、甘くコーティングされている薬と一緒に柑橘系のジュースを飲むと、コーティングが取れて余計に苦みを感じさせるものもあります。

<特に気をつける飲み物>
炭酸飲料
スポーツドリンク
酸味のある飲み物(オレンジジュースなど)
牛乳(混ぜても良い場合と不可の場合とあり)

「処方されるとき、何かに混ぜて飲ませても良いか尋ねた。オレンジジュースなどの酸味のあるものに混ぜると余計に苦く感じるので注意するように言われた」(30代、男の子と女の子ママ)

何かに混ぜて飲ませる場合は、混ぜても良いものと不可なものを必ず薬剤師に確認するようにして下さい。


以上、いかがでしたか?

薬は水でそのまま飲ませるのが一番良いですが、なかなか思うように飲んでくれないことがあります。無理矢理飲ませていて、薬嫌いになってしまう子どももいます。

薬剤師と相談しながら、子どもの負担を少なく薬を飲ませる方法を探してみて下さい。早く元気になりますように、私たち親の願いはその一つです。

【参考リンク】
・公益財団法人母子衛生研究会 赤ちゃん&子育てインフォ「薬の上手な使い方・飲ませ方」
・朝日デジタル「子どもの薬の飲ませ方」(2017年10月23日)
・倉敷成人病センター 薬剤科からのお知らせ記事「子どもへの薬の飲ませ方」

●ライター/ゆかりんご(元添乗員ママライター)
●モデル/いちご姫

ライター紹介

ゆかりんご(元添乗員ママライター)

ゆかりんご(元添乗員ママライター)

総合旅行業務取扱管理者 添乗員として全国、ときより海外を飛び回る日々を過ごす。ふと地に足のついた仕事がしたくなり、畑違いの法律事務所に転職。結婚により生まれ育った大阪を離れて、地方都市へ移住することになり退職。現在は2歳差兄妹育児に奮闘しながら、地方都市での働き方を模索中のママライター。独身時代は旅行、トレッキング、アウトドア大好きで休日のたびに出歩く日々。結婚後は余裕なくもっぱら近場の発掘と家事に追われる。時間を見つけてはハンドメイドで作品を作ってはただ自己満足している。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡