乳児湿疹の治療方法で夫婦喧嘩……ママがとった解決方法とは?

こんにちは、佐原チハルです。

育児経験者なら、きっと親しみの単語「乳児湿疹」。乳児湿疹の場合、たいていの場合はまず保湿剤が出されます。それですめばよいのですが、症状がよくならなかったり、悪化してしまったりする場合もありますよね。

そんなとき、もし乳児湿疹の治療方法で夫婦間に意見の相違があったらどうしますか?

今回は、乳児湿疹の治療方法で「夫婦間に意見のすれ違いができてしまった!」という体験談・解決策についてご紹介します。

乳児湿疹の治療薬「プロペト」

「生後3ヶ月で、乳児湿疹が出て、まずは小児科に行ったのね。産院の隣にあって、かかりつけに決めてたところ。それで、まずはプロペトっていう保湿剤が出されたの」

今回話を聞いたのは、筆者のママ友(30代・7歳と3歳の子のママ)です。上のお子さんが生後3ヶ月のころ、乳児湿疹がでました。

「小児科では、肌を清潔にして、しっかり保湿するのが大事って言われて。で、それについては夫も『そうだね〜』って感じで納得してたんだけど……」

問題は、プロペトを塗っていてもどうやら乳児湿疹が改善しないぞ、というのがわかってきたころに起こりました。

「これはちょっと保湿だけじゃよくないかも、って思って、『明日また小児科行って薬もらってくるね』って言ったら、夫が微妙な顔になっちゃって」

パパさんは、赤ちゃんの乳児湿疹の治療で薬を使うことに反対だったのです。

夫婦間の意見の相違、それぞれの言い分

「症状がよくならない、治療が必要、ってなったら、薬を使うのなんて当たり前だよね。だから、夫が嫌がってる意味が最初、ほんとに全然わかんなくって

赤ちゃんの湿疹を「これくらいどうせ大したことない」と軽くみているのでは、自分の子どもをケアする責任感が薄いのでは……など、様々なことを思ったそうです。

「でも聞いてみたら、むしろ子どものことを心配してたっていうか。愛情ゆえ? みたいな感じだったんだよね」

どうやらパパさん、職場の先輩パパ・ママたちに、お子さんの乳児湿疹の話をしたそうなのです。そこで「ステロイドは使わない方がいい」という話を聞いたのだそう。

「ステロイドの薬を使うと『肌が黒くなって跡になってかわいそう』とか、『薬に頼っちゃうと、薬がないと治らない子になっちゃう』とか言われたみたいで。あぁ、なるほど、って思ったよね……」

薬やワクチンへのアンチの声は、産後育児中はママのもとにも届きやすいです。「薬なんて使わなくても大丈夫」「自然が一番」という言葉には魅力もありますし、「一理ある」こともあるのでしょう。

「子どものためだっていうのがわかったから、怒りとか不安とかはなくなったけど、こりゃどうしよう……ってけっこう悩んだよ」

このママ友は、小さい頃はアトピーに苦しんでいたそうです。皮膚トラブルに関しては、適切なタイミングで適切な治療を行うことが大切だと、身をもって知っているそう。

パパさんの不安も解消しつつ、子どもにちゃんと治療を受けさせるにはどうしたらいいのか、ママ友は考えました。

乳児湿疹の治療選びの解決策とは?

「『うちらは素人だから、プロの話をきこう』って話したの。で、小児科じゃなくて皮膚科を受診することにして、夫と一緒に受診する病院を探すようにした」

ママが決めるのではなく、むしろパパを中心に病院を探すことで、よりパパが納得できる選択肢になるはず……とママ友は考えました。

「で、近所に1件評判のいい皮膚科を見つけられてさ。『むやみにステロイドは処方しません、大切なのは上手に付き合ってあげることです。』って書いてあって。私も『ここなら大丈夫そうな気がする』って思って」

そこでさっそく、その週末にご夫婦揃ってその皮膚科に行ったそう。

「結局うちはステロイドの薬は使うほどではなさそうってなって、非ステロイドの薬が出たんだ。で、それでしっかり治ってくれたんだけど。今後ステロイドを使うことになった時にそなえてか、先生がステロイドについてもしっかり説明してくれたんだよね。夫もそれきいて納得っていうか、安心できたみたい」

夫婦間で意見をぶつけ合うのではなく、“第三者の専門家”の意見を参考にし、取り入れたこと。そして、その専門家選びを(パパをメインにしつつ)夫婦一緒に行えたこと。「その2つが重要だったんだと思う」と、ママ友は言っていました。


以上、いかがでしたでしょうか?

今回ママ友から聞いた話は、乳児湿疹の場合に限らず、夫婦間で意見のすれ違いがおきたときの参考にできそうだな……と思いました。

夫婦間での意見のすれ違いは、日々起こって当然のことです。しかし扱いを間違えれば、夫婦間に深い溝を作ってしまう事態にも発展しかねません。夫婦の両方ともが納得できる答えを得るためには、まずはその答えに至る道筋を一緒に探せることが大切なのですね。

●ライター/佐原チハル(フリーライター)
●モデル/藤沢リキヤ,福永桃子

ライター紹介

佐原チハル(フリーライター)

佐原チハル(フリーライター)

無痛分娩にて子どもを出産しました。ハニーと二人三脚、子育て奮闘中のフリーライターです。執筆内容は、コラム・書評などさまざま。性や恋愛に関するユースワーカー業→プレママ・ママたちとのピア活動もしています。書店員・ライター業との3足のわらじ生活です。経験を活かした、データに基づくライティングを心がけています。趣味は紙モノ文具集め・(BL)読書・旅行・筋トレ。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡