教育

「あなたはもう読んだ?」現代の子どもたちに必要な一冊とは

「あなたはもう読んだ?」現代の子どもたちに必要な一冊とは

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。エッセイストで経済思想史家の鈴木かつよしです。

1937年、吉野源三郎の小説『君たちはどう生きるか』が刊行され、現在羽賀翔一さんによって漫画化されたこの作品は、現代の子どもたちの心をもとらえてベストセラーになっています。

この作品の中には現代にも通用する普遍性が描かれています。一体どういうものなのか、現代の子どもたちと一緒にわたしたちパパ・ママも一緒に考えてみましょう。

時代や地域に左右されない2つの“普遍”とは

本が売れないこの時代に2017年8月の出版からあっという間に発行部数200万部を突破した『漫画 君たちはどう生きるか』

軍国主義の暗い空気が漂う1930年代の東京を舞台に主人公である“コペル君”こと本田純一少年が日常生活の中で突き当たる「世の中」や「生きる意味」に関する様々な悩みに、父親を早くになくした彼に“おじさん”が示唆を与えるという物語です。

アニメ映画監督の宮崎駿さんが次回長編作品のタイトルをこの作品から貰うことに決めたといわれる『君たちはどう生きるか』。

筆者はこの作品には時代や世代や国や地域に左右されない「2つの“普遍”」が描かれていると思います。

・一つ目は、この世の中を根っこで支えているのは、額に汗して働く人たちの労働だということ。
・二つ目は、人は自分が情けないものだと認めたときにようやく立派な存在になれるのだということ。

どういうことか。『君たちはどう生きるか』の中のエピソードから、考えてみることにしましょう。

額に汗して働くことの尊さ

本作品第四章『貧しい友』には、主人公コペル君の同級生である浦川君の家の“貧しさ”にかんするエピソードが出てきます。

家族経営のとうふ屋さんを営む浦川君の家では、浦川君のお父さんが店の運転資金を調達するためにお父さんの実家がある山形へと出かけ何日も帰ってこなくなったため、浦川君が学校を休んで店を手伝っています。

学校に来ない浦川君のことを心配してとうふ屋さんを訪ねるコペル君が目の当たりにしたものは浦川君の家の貧しさはもとより、風邪をひいて寝込んでいるとうふ屋さんの従業員タメさんのより一層の貧しさでした。

このことにかんして“おじさん”はコペル君にこう話します

・世間には、浦川君のうちだけの暮らしもできない人が、おどろくほどたくさんある(第四章おじさんのノート第二節より)
・からだをこわしたらいちばんこまる人たちが、いちばんからだをこわしやすい境遇に生きている(同第二節より)
・この人々のあの労働なしには、文明もなければ、世の中の進歩もありはしないのだ(同第三節より)

みなさんは「人手不足」という言葉をよく耳にされるかと思いますが、筆者はこの言葉に何か違和感を覚えてしまうのです。

なぜなら、労働者が自分の身を削ってする厳しい労働に対して経営者がそれに見合った正当な賃金を払っていさえすれば、「人手不足」になどなるはずがないからです。

保育士さんにしても介護士さんにしても適正な報酬が貰えていないからこそ人手不足になるのであって、「人手不足」などという言葉が横行する状況は企業経営者にとっては“”だと思わなければいけません。

『君たちはどう生きるか』では今から80年も前に、額に汗して働く人たちの労働こそが世の中の根底を支えているにもかかわらず、そのような労働に対して“支配する側”の人たちが適正な賃金を支払っていないことの不条理を指摘しています。

声高に“働き方改革”などと言う前に政治に携わる人たちにはこの本を読んでいただきたいものだと筆者は思ってしまいます。

己の情けなさを認めて初めて一人前

『君たちはどう生きるか』に描かれているもう一つの普遍。それは、「人間は自分の弱さ・あわれさ・情けなさを認めることができたときにようやく立派な一人前の大人になれる」ということです。

本作品第六章『雪の日のできごと』では、コペル君の同級生である北見君が上級生5~6人に囲まれて「俺たちが作った雪人形をわざと破壊しただろう」と因縁をつけられます。

上級生たちは「礼」や「規律」を持ち出して北見君に謝罪と服従を強要しますが北見君はわざとやったわけではないのでそれを断るのです。

案の定、上級生たちの鉄拳が飛んで来たとき、級友の浦川君と水谷君は自分の身を盾にして北見君を守るのですが、コペル君は上級生たちのことが怖くて陰から事の成り行きを見守ることしかできませんでした。

友だちが危機に瀕しているときに何もできずただ隠れていたことにコペル君は、学校に行けなくなるくらいの強い自責の念に駆られてしまいます。

つづく第七章『石段の思い出』の中の「おじさんのノート」で、“おじさん”はコペル君にこう語りかけます

・人間は、自分自身をあわれなものだと認めることによってその偉大さがあらわれる(第七章おじさんのノートより)
・自分のあやまちを認めることはつらい。しかし、あやまちをつらく感じるということの中に、人間のりっぱさもある(同)

なんだか、あまりフェアでないことにかかわっていたのは明らかなのに「かかわっていない」「記憶にない」と言い張り自分のあやまちを認めようとしない今のわが国の要人たちの姿が思い浮かびませんか。

彼らに比べたら自責の念に駆られて学校にも行けなくなってしまうコペル君は数段立派なのではないでしょうか。


以上、いかがでしたでしょうか?

『君たちはどう生きるか』には今回筆者が取り上げた2つの“普遍”のほかにも、今の時代を生きるわたしたちパパ・ママと子どもたちが一緒になって考えてみるべき哲学的なテーマがぎっしりと詰まっています。

哲学というのは“道徳”とは違います。道徳は誰かがある特定の価値観に基づいて作った“教育の指針”です。

しかし、哲学というのは一切の前提条件なしにどんな人にも当てはまる事実について考える“論理の体系”ですので、普遍性という意味でその質が違います。

この物語が現代の子どもたちの心に響いてやまない理由は、「哲学を語れなくなってしまった今の大人たちに代わって、それを語ってくれる物語だから」です。

お子さんたちだけでなく是非パパやママのみなさんにも一度読んでいただきたい一冊です。

●参考文献
『君たちはどう生きるか』吉野源三郎・著、ポプラポケット文庫、2011年
『君たちはどう生きるか』吉野源三郎・著、岩波文庫、1982年
『漫画 君たちはどう生きるか』吉野源三郎・原作、羽賀翔一・漫画、マガジンハウス、2017年

●ライター/鈴木かつよし(エッセイスト)
●モデル/大上留依

ライター紹介

鈴木かつよし(エッセイスト)

鈴木かつよし(エッセイスト)

慶大在学中の1982年に雑誌『朝日ジャーナル』に書き下ろした、エッセイ『卒業』でデビュー。政府系政策銀行勤務、医療福祉大学職員、健康食品販売会社経営を経て、2011年頃よりエッセイ執筆を活動の中心に据える。WHO憲章によれば、「健康」は単に病気が存在しないことではなく、完全な肉体的・精神的・社会的福祉の状態であると定義されています。そういった「真に健康な」状態をいかにして保ちながら働き、生活していくかを自身の人生経験を踏まえながらお話ししてまいります。2014年1月『親父へ』で、「つたえたい心の手紙」エッセイ賞受賞。

ライター紹介

大上留依

大上留依

2児のママです。自分の時間も大切にしつつ、パワフルファンキーママで頑張っています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る