旦那が喜ぶ?ビールと相性抜群!スキレットの絶品おつまみを作ろう

2018.05.10

こんにちは!
わくわくすることが大好きな、ママライターのmikkaです。

最近では、すっかり人気も定着してきた鉄製のフライパン「スキレット」

100円ショップでも手に入るスキレットを「100スキ」。ニトリで購入できるスキレットを「ニトスキ」などと呼んで、スキレット料理を楽しんでいる人もいるかと思います。

「気になっているけど、自分じゃ買わないだろうなあ」「お手入れが面倒そうだなぁ」と購入を渋っていたところ、友人からプレゼントで貰い、あれよあれよとスタメンに昇格した我が家のスキレット。

「炒める」「煮る」「焼く」など調理方法は選びません。旦那さんのお酒のおつまみにも大活躍。そのまま出せるので洗い物も少なくて済みます。

今回は、ちゃちゃっと作れるスキレットのおつまみレシピを紹介します。

おうち居酒屋!鶏もも×ねぎ

【材料】
・鶏もも肉……1枚
・長ネギ……1本

食用油を敷いたスキレットを温めます。うっすらと白い煙が見えるくらい、スキレットを熱したところで、一口サイズにカットした鶏もも肉を投入します。

焼き目がしっかりついたら裏返し、じっくり弱火~中火で火を通します。最後に、カットした長ネギを入れて、軽く炒め、塩コショウでしっかりと味付けをしたら完成です。

鶏もも肉の皮目がパリパリで、中はしっとりジューシー。長ネギが驚くほどに甘くなり、シンプルながらとても美味しいですよ。

ネギの切り方を変えて、串なしのねぎま風にしてもいいですね。余ったら、翌日のお弁当のおかずにしちゃいましょう。

はんぺんチーズ焼き

【材料】
・はんぺん……1枚
・とろけるチーズ……1枚
・バター……少々

はんぺんを4等分にカットし、それぞれ切り込みを入れます。切り込みに合わせて、チーズを挟みます。スキレットを熱し、少量のバターを入れます

溶け始めたらすぐにはんぺんを並べます。焼き目がついたら裏返して、チーズが溶け始めたら完成です。

チーズだけでなく、ハムも一緒に挟んだり、大葉を挟んだりしても美味しいのでおすすめです。私は、次回「たらこマヨネーズ」を挟んで焼いてみたいなと思っています。

ビールにぴったりのジャーマンポテト

【材料】
・新じゃが……4~5個
・玉ねぎ……2分の1
・ウインナー……2~3本
・ハーブミックス等
・オリーブオイル

ビールにぴったりのジャーマンポテトは、我が家の定番おつまみです。今回は新じゃがを皮ごと使いました。時短を意識して、じゃがいもはあらかじめシリコンスチーマーを使用して加熱しています。

耐熱容器に入れラップをし、電子レンジで5分ほど温めても良いです。もちろん、スキレットでじっくりそのまま焼くのも大丈夫です。

熱したスキレットに材料を入れ、オリーブオイルで炒めていきます。じゃがいもは揚げ焼きのようにすると、さらに美味しくなるので、オリーブオイルは多めに入れるといいかもしれません。

玉ねぎがしんなりし、ウインナーにこんがりと焼き目がついてきたら、塩コショウをし、お好みでハーブミックスや、乾燥バジルなどを振り入れて完成です。


以上、いかがでしたか?

お手入れが難しそうなスキレットですが、慣れてしまえば簡単です。使用後は汚れを拭いて水洗いをします。焦げ付きなどは、たわしでこすって落とします。そのまま火にかけ、乾かしたあとにキッチンペーパーなどで食用油を塗りこみます。

よく冷ましてから収納してください。鉄製なので、かなり高温になるため取り扱いには注意です。

パパのおつまみから、メイン料理、お子さんのおやつまで幅広く活躍するスキレット、いろいろなレシピで楽しみたいですね。

●ライター/mikka



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ