子どもにいくらあげようかな?お小遣い制度に悩むママ必見!

こんにちは、佐原チハルです。

みなさまのおうちでは、お子さんに“お小遣い”をあげていますか?

小学校に入る前だとこんなことを悩みませんか?

「まだ早いかも……」
「値段をいくらにするのがいいのかわからないし」

実は、我が家には4歳の子どもがいますが、先日ついに、お小遣い制を始めました!

そこで今回は、我が家のお小遣い制度事情をご紹介してみたいと思います。

「お小遣い制度をはじめよう」と決めた日

3歳を過ぎてくると、文字や数字を理解し始める子どもが増えてきます。うちの子も3歳ごろにひらがな・簡単な数字を理解し、4歳になるころには、簡単な漢字と3桁くらいの数字もわかるようになりました。

そうなると、一緒に買い物に行った先で値札を得意げに読み上げる、商品名を読んだ上で「欲しい!」と主張する、などすることが増えてきました。

また、実際に“自分でレジにお金を払って買う”ということにも興味がわいてきた様子でした。

実は、我が家の当初の予定では、お小遣い制度は小学校に入ってから始める予定でした。

しかし、子どもの興味や好奇心は、子どもが何かを学習するときには強力な味方になってくれます

せっかく今、お金に興味・好奇心を持ってくれているのです。上手に付き合えれば、「お金や数字、お買い物の方法やマナーなど、しっかり身に付けてくれるのでは?」とも思いました。

そこで夫とも話してみた結果、その期待は、私たち夫婦の「お小遣いはまだ早いかも」という不安を上回るものとなりました。

もし、「まだ早かったな」とわかったとしても、それならばその時にお小遣いをやめればいいだけの話。

けれど今、子どもの興味と関心を逃したら、また同じだけの意欲を持ってくれるタイミングがくるとは限りません。

こうして我が家では、“子どもの文字・数字への理解がある程度進んでいたこと”“物を買うことに子が興味を持っていたこと”を理由に、お小遣い制度を始めることにしたのです。

我が家のお小遣いのあげ方

そのタイミングで保育園から、「お子さんにも無理なくできる内容で、積極的にお手伝いさせてくださいね」という“お手伝い”について書かれていたお手紙をもらいました。

「ただお小遣いをあげるのではなく、労働の対価として支払う形にしたらどうだろう……?」と思いつきました。

そのきっかけは、少し前に話題になった『おかあさんの請求書』と呼ばれる道徳の授業です。

主人公の少年は、お手伝いの対価として母親に請求書を出します。請求額通りにお小遣いをもらえて喜んでいたところ、少年も母親から、日頃の家事などについての請求書を出されます。しかし記載されていた金額はゼロ円。少年は母親の無償の愛情に感謝し、涙する……という話です。

しかし、私は思うのです。「これでは、家事は母親が無償でやるものみたいに学んでしまう危険があるのでは?」と。

家事は立派な仕事です。家事代行など、報酬を得る道もあります。“無料で誰かがやってくれるのが当たり前”ではないと思うのです。

それに重要な仕事と認識してもらうため“対価をつける”のは、わかりやすい方法だとも考えました。

とは言え、「お金をもらえなくても、自分の家の仕事は、メンバーとして自分も行う」という当事者意識を育むことも大切です。

そこで我が家では、「お金はもらえないけどやるお手伝い」「お金をもらえるお手伝い」との両方を作ることにしました。

お手伝いは無償でやるべきか、有償でもいいのか。

これもまた悩ましいポイントですが、「両方のコースを用意しておく」で解決できることと思いました。

値段は、子どものモチベーションを考えて設定

問題は、お小遣い=報酬の値段設定でした。

高額すぎてもよくないですが、子どもがお手伝い=仕事をする達成感を味わえないようでもダメです。

我が家では、「平日は20円、土日は休日割増で50円。毎日やると1週間で200円」に設定しました。

“休日は割増で給与や報酬が発生するのが当然”。そんな労働者の権利感覚を身につけて欲しい、という狙いもあっての金額です。

うちの子にはいま、お気に入りのおやつとゲームがあります。おやつは1つ87円。ゲームは1回100円です。つまり“仕事”を毎日すれば、子どもは毎週、お楽しみのお菓子1つとゲーム1回を楽しめ、わずかに貯金もできる計算です。

これなら、子どもの“仕事”へのモチベーションも保てます。

また私たち夫婦の感覚では、これ以上の金額では「幼稚園児にしては少し高額すぎる」と感じられます。最初は、週に200円でも高いのではと思いました。

しかし、これらの成果物をただ買い与えてしまうよりは、お小遣いとして自分でコントロールできるようにした方が、教育的意義もあると考え直しました。

子どものお小遣いの値段は、ご家庭の懐事情や、お子さんの興味・関心によっても変わってくると思います。お子さんの年齢に対しての妥当性だけでなく、いろいろな要素も合わせて考えられるといいのかなと思います。


以上、いかがでしたでしょうか。

最後に、今回お小遣い制導入を考える時、夫と話していて一番納得できた言葉をご紹介したいと思います。

「状況が変わったら、それはまたその時に話そうか」

我が家のやり方がどう効果を発揮していくのか、いかないのかも、まだわかりません。

ともかく、子どもがお金や“働く”ということを、楽しく学んでくれるといいなと思います。

●ライター/佐原チハル(フリーライター)
●モデル/KUMI

ライター紹介

佐原チハル(フリーライター)

佐原チハル(フリーライター)

無痛分娩にて子どもを出産しました。ハニーと二人三脚、子育て奮闘中のフリーライターです。執筆内容は、コラム・書評などさまざま。性や恋愛に関するユースワーカー業→プレママ・ママたちとのピア活動もしています。書店員・ライター業との3足のわらじ生活です。経験を活かした、データに基づくライティングを心がけています。趣味は紙モノ文具集め・(BL)読書・旅行・筋トレ。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡