家族・人間関係

本当に汚い!旦那に座ってトイレをしてもらう方法

本当に汚い!旦那に座ってトイレをしてもらう方法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、こじらせ美容オタク家のともです。

結婚する前はこんなことに悩むとは思ってなかった…と“地味に旦那にイライラすることの上位”に入るのが“旦那の立ちション”

様式トイレしかない家が主流の現代、立って家のトイレで小便をされると、やはり飛び散ってしまい悪臭の原因にもなるし、見た目も汚くなってしまいます。

そしてそれを新築でやられた日には“本当にやめて!!”と心から叫びたくなってしまうもの。

確かに男性は男性の言い分があるでしょうが、妻側の切実な願いの一つ。

そこで“旦那に座って小便をして欲しい”を叶える方法を、リサーチしてみました。

便座カバーやマットを使わない

『立ってやると座ってやるより断然“汚れる”という意識がどうも希薄のよう。そのためトイレの便座カバーとマットを外し、尿が便座についたらすぐ見えるようにした。そしたら旦那もどれだけ尿が飛び跳ねていたのかを知ってびっくりしたみたい。その後座ってやろうとトライしてくれるようにはなった。やはり“不衛生”と実感させることが大事』(20代女性/一児のママ)

便座カバーやマットを外すと“どれぐらい汚れているか”が可視化できるようになります。要はよく見えないから、そこまで尿が飛び散っているなんて実感できず、深刻に考えていなかったというワケ。

カバーやマットを外すと、尿が一滴跳んだだけでも、目に映ることが可能に。さすがに尿が飛び散っているのがハッキリ見えるトイレは嫌だ、と思うのが平均的な衛生観念を持つ成人男性。

立ちションすることによって、自分がどれだけトイレを汚しているのか、というのをきちんと知ってもらうことも大切のようです。

トイレ掃除は旦那の役割にする

『旦那がトイレの大部分を汚している、と言っても過言でないので、トイレ掃除は旦那の役割にした。そうすると、トイレ掃除するのが面倒なのか、座ってしてくれるようになった』(30代女性/パート・二児のママ)

旦那がトイレを汚すなら“トイレ掃除を旦那の役割”にするのも効果的。自分で掃除しなきゃいけないとなると、“掃除したくないからなるべく汚さないようにしよう”と思ってくれる場合も。

そして汚したら毎回、トイレ用の除菌シートを備え付けておいて、その都度拭いてもらうのもアリ。

“毎回拭くのと、座るのどっちが楽か?”と、考えたら“座ってやった方が簡単だ”といつか気付いてくれることでしょう。

「トイレは座って」と、トイレトレーニング

『旦那がトイレに入る前は「座ってやってね」、と一声かけ、トイレの中にも“トイレは座って”と張り紙を貼っておいた。そして座ってできた時には、大袈裟に褒めることを忘れない。子供のトイトレと同じだが、何度も繰り返すうちに座ってやってくれるようになりました』(20代女性/育休中・一児のママ)

まるで子供扱い、ですが、やはり子供から大人まで幅広く有効な策は“きちんと言い聞かせること”。

毎日毎日「座ってやってね。約束よ。」と妻がお願いしてくれば、よっぽど頑固な男性でない限りは、座ってやろうと努力するのです。

また、ちゃんと座ってできた時には「ありがとう!これでトイレ掃除が楽になるよ!」と尊敬の眼差しで褒めてあげることも重要。やはり見返りがないと努力も続かないので、“妻を喜ばせることができた”という満足感に充分浸らせてあげましょう。

夫婦仲もよくなって一石二鳥。


“トイレは座ってやるのが当たり前でしょ”のような態度で、座ってやることを強制させると逆効果。

特に男気が強い人は、今までの自分のスタンスを意地でも変えたくなくなってきてしまいます。

またやはり長年立って小をしてきた男性にとって座ることを続けるのは難しいこと。

しかし子供ができると特に衛生管理というのも蔑ろにはできないものです。

家族のために、衛生管理のために、頑張って座ってくれたことに対して感謝をこめてお礼を言う、というのは基本のようです。

●ライター/とも(こじらせ美容オタク家)
●モデル/福永桃子・藤沢リキヤ

ライター紹介

とも

とも

人間関係や恋愛をこじらせまくった20代。ただその経験を糧にして結婚、2児の母になることができました。主に恋愛に関しての心理カウンセラーとしての仕事も経て、フリーライターに。そしてアラフォーになった今は美容をこじらせ、いろいろなファッション・メイクや美容法を試しています。基本オタク気質で何でも突き詰めないと気がすまない性格。でもやっぱり一番好きなことは人間の言動を分析して楽しむという人間観察です。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る