生活関連のお金

安易な考え?「地方で生きたい」と願う子にママが伝えるべきこと

安易な考え?「地方で生きたい」と願う子にママが伝えるべきこと

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。エッセイストで経済思想史家の鈴木かつよしです。

先日、知り合いの40代のママであるAさんからこんな相談をされました。

そのかたは旦那さまが東京を地盤にしている金融機関勤務で、お子さんたちは二人とも東京生まれの東京育ち。なのに高2になるお兄ちゃんが『俺、将来は地方で生きたい』と言い出したのだそうです。

詳しく聴いてみると、「地方で何がやりたいのか」という点は漠然としていて、『とにかく東京都心の喧騒が嫌いだ。地方がいい』といった感じのため、母親としてはとても不安だとおっしゃるわけです。

そこで今回は、かつて政府系政策銀行の職員として地方の地場産業振興の仕事にも携わった経験がある筆者から「地方で生きたい」と考えているお子さんたちに、最低限こころがけておくべきことをお話ししたいと思います。

漠然と「地方で生きたい」と考えているお子さんとその親御さんに、参考にしていただければ幸いです。

あえて「地方の悪いところ」から言うなら、それは“閉鎖性”と“依存性”です

たしかに、公共の交通機関が少なく自動車がないと生活ができないとか、企業や商店も少ないため仕事を見つけるのが大変といった短所が地方にはあります。

ですがこういった物理的な不便さはある意味で「わかりきったこと」なわけで、地方で生きようと思ったら最初から心しておくべきことだとも言えるのです。

それよりもむしろ地方が「意識して直すべき悪い点」は、一つは“よそ者に対してなかなか心を開かない閉鎖性”であり、もう一つは“結局、最終的には中央に陳情して何とかしてもらおうといった依存性”です。

日本の地方都市や農村・漁村にはこのような思考様式面での問題点があり、戦後の73年間のうちのほとんどの期間を同じ保守系政党が政権を握ることができた所以もこの地方票の閉鎖性と依存性をよく理解して、対応してきた点にあると考えられます。

閉鎖性と依存性が強い地方に都会っ子がいきなり移住したらどうなるか

閉鎖性と依存性が強い地方にAさんの息子さんのような都会っ子がいきなり移住したらどのようなことが想定されるでしょうか。

まず考えられるのは、地域の自治会の寄り合いのような、その共同体独特の風習に馴染むことができず、孤立感と疎外感に苛まされるということが容易に想起できます。

わが国の村社会は、欧米系やアフリカ系の外国人のような距離的に遠い存在の人たちには意外と寛容で彼らをすんなり受け入れるところがあるのですが、おかしなことにすぐ近くの隣国の人や同胞に対しては不寛容な傾向が見てとれます。

「地方で生きたい」と願うお子さんが最低限こころがけておきたい5つのこと

では結論として、Aさんの息子さんのような“純粋都会っ子”が将来「地方で生きたい」と思うなら、最低限こころがけておくべきことはどのような事柄でしょうか?

Aさんと同様の心配を抱えるママのみなさんへの筆者からのアドバイスです。

・できるだけ“よそ者の集まり”である地方を選んで移住する~北海道や東京の島しょ部には、そもそも“よそ者の集まり”といった空気のところがあるのでそういった場所を選んで移住すると、疎外感はさほどでもなく済む場合がある~

・遠隔地の役所の職員採用情報を常にチェックしておき、公務員として赴任する~地方の“依存性”から、「御上(おかみ)の人間」はいじめられにくいです~

・その地方独自の地場産業の担い手(技術的後継者候補)として就職する~この場合、住居等の問題も一気に解決できる可能性があります。大事なことは移住者本人が「好き」と思える仕事かどうか、です~

・その土地の人間を好きになろうと無理に思わず、その“大地”そのものを好きになるようにする。または大地そのものが好きになれる地方へ移住する~この姿勢を持っていると会社や商店が少ない地方でも仕事が見つかりやすく、特に農林水産業関連の仕事は見つかりやすいです~

・その土地で出会った異性を好きになり、できれば生涯を共にし子孫を育てる~または、同じような感性を持っている都会育ちの異性と一緒に移住するのもありです~


いかがでしたでしょうか。

ご参考までに、ハイクラス人材向けの転職支援サイトである「マイナビ転職エージェントサーチ」が地方移住にかんして調査した結果の記事も貼っておきますね。

お子さんが本当に地方へ移住することになるのかどうかは別にして、わが国の“地方”がこのままでは存続の危機に瀕していることは紛れもない事実です。

国の「地方創生政策」がこれといった成果を何ら上げられていない以上、「地方で生きたい」と考える若い人たちの感性を大切にすることこそが求められているのではないでしょうか。

●参考リンク
地方に住むってどういうこと?移住で変わる仕事と生活|マイナビ転職エージェントサーチ

●ライター/鈴木かつよし(エッセイスト)
●モデル/貴子

ライター紹介

鈴木かつよし(エッセイスト)

鈴木かつよし(エッセイスト)

慶大在学中の1982年に雑誌『朝日ジャーナル』に書き下ろした、エッセイ『卒業』でデビュー。政府系政策銀行勤務、医療福祉大学職員、健康食品販売会社経営を経て、2011年頃よりエッセイ執筆を活動の中心に据える。WHO憲章によれば、「健康」は単に病気が存在しないことではなく、完全な肉体的・精神的・社会的福祉の状態であると定義されています。そういった「真に健康な」状態をいかにして保ちながら働き、生活していくかを自身の人生経験を踏まえながらお話ししてまいります。2014年1月『親父へ』で、「つたえたい心の手紙」エッセイ賞受賞。

ライター紹介

貴子

貴子

ママになっても自分の時間を大切にし、笑顔でいることで子どもたちも笑顔でいられるよう、楽しくやっています♪

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る