たった1時間でコーヒーゼリーも?マグカップで作る簡単スイーツ3選

こんにちは!

わくわくすることが大好きな、ママライターのmikkaです。

最近、雑誌やレシピ本でも紹介されている「マグカップ」を使ったケーキ。
わずかな材料で、かんたんに作れるのが人気のひみつです。

材料を混ぜてそのまま焼いたり、冷やしたりするだけで、特別な型などを使わないので、洗い物が少ないのも嬉しいところです。

今回は、お菓子作りが大好きなのに、計量や時間のかかる作業工程に苦手意識の強い、ズボラな私が実際に作ってみた簡単レシピをご紹介します。

忙しい朝に!マグカップでフレンチトースト

忙しくてバタバタしがちな朝に、電子レンジでチンするだけの簡単フレンチトーストはいかがでしょうか。

前日の夜に仕込んでおいて、朝マグカップを電子レンジに入れるだけで、あっという間に朝食が完成です。
当日の朝、パンを卵液に浸す場合は10分ほどマグカップ内に放置しておけば大丈夫です。

【材料】マグカップ2個分
・バケット……1本(130g)
・卵……1個
・砂糖……大さじ1杯
・牛乳……100ccくらい(パンが浸るくらい)

バケットは一口サイズにカットします。
バケットに限らず、食パンでも美味しいかと思います。

卵、砂糖、牛乳をマグカップの中で混ぜ、パンを浸します。
600ワットの電子レンジで3分ほど温めれば完成です。

お好みでシナモンパウダーやメープルシロップをかけると、さらに美味しくなります。

小腹対策に!ホットケーキミックスで超時短おやつ

ちょっと小腹が空いたときなどに、便利なマグカップケーキです。ホットケーキミックスを使用し、材料を混ぜて電子レンジでチンするだけです。

【材料】
・ホットケーキミックス……50g
・砂糖……小さじ1杯
・牛乳……大さじ3杯

マグカップにすべての材料を入れて、よく混ぜます。ふんわりとラップをかけて、600ワットの電子レンジで3分ほど温めます。時間が経つと、生地が固くなってしまうので、出来たてを食べることをおすすめします。

見た目が寂しかったので、ドライストロベリーパウダーをまぶしてみました。
ココアパウダーやチョコレートソース、生クリームをのせても美味しいと思います。

今回使用したマグカップが、深さのあるタイプだったため、電子レンジで使用する時間が長くなってしまったように思います。まずは、1分半くらいを目安にして、竹串などで中まで火が通っているか確認しながら、温めると確実です。とにかく手間を省き、時間をかけないおやつ作りには最適です。

コーヒーゼリーもマグカップで

材料を混ぜて、冷蔵庫に入れておくだけで出来るゼリーも、おしゃれなマグカップに入れて作れば、ひと味違った雰囲気を演出できます。

【材料】マグカップ2~3杯分
・インスタントコーヒー……大さじ3杯
・砂糖……大さじ3杯
・お湯……300ml
・粉ゼラチン……5g

インスタントコーヒーをお湯で溶かします。砂糖と粉ゼラチンも同時にお湯で溶かし、よくかき混ぜます。マグカップに注ぎ、粗熱がとれたら冷蔵庫に入れます。1時間以上冷蔵庫で冷やして固めれば完成です。

お好みで、生クリームをかけたり、牛乳を注いでゼリーを崩しながらたべたりすると、とても美味しいですよ。牛乳を多めに注ぎ、ゼリーを細かく砕けば、カフェのドリンクメニューにも出てきそうなおしゃれなドリンクに変身です。


いかがでしたか。

今回は、マグカップを使ったスイーツ作りに挑戦してみました。

材料も少なく、比較的洗い物も少なくできるので、気軽にチャレンジできるかと思います。

忙しいママにもおすすめのマグカップスイーツ作り、ぜひお試しください。

●ライター/mikka

ライター紹介

mikka

mikka

高等学校国語科教諭免許を取得。アイシングクッキー認定講師、バースデープランナー、ハーブコーディネーターの資格を持つ。子どもと関わる仕事に就きたくて、大学卒業後は子ども向け施設で科学実験ショーのお姉さんとして勤務。ステージやワークショップで工作をレクチャーするなど、現場を駆け回る。イベントの企画や広報を経たのち、転職。現在は1児の母として、大好きなハンドメイドを楽しみつつ、アイシングクッキーを中心とした出張教室やワークショップを不定期開催している。作るのも食べるのも大好きな食いしん坊。日常に「わくわく」をプラスするアイデアを発信していけたらと思います。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡