肌がピリピリ…妊娠中の肌質変化に私がしたこと

実は私も、妊娠を期に肌トラブルに見舞われて悩んでいた一人です。

妊娠をすると様々な体質の変化がありますが、肌質が変わってしまうと今までの基礎化粧品が使えなくなったり、荒れた肌で外出をするのが億劫になってしまったりしますよね。

そんな肌質が変わったことにお悩みの妊娠中の方のために今回は、私が体験した肌トラブルと改善方法を体験談としてご紹介します。

ぜひ、肌トラブルにお悩みの方は参考にしてくださいね。

妊娠後期から突如訪れた肌荒れ

私が肌トラブルに気付いたのは、妊娠後期のことでした。

日に日に大きくなるお腹に幸せをかみしめ、生まれてくる我が子のために様々な準備を進めていた時です。

お風呂からあがりいつものように化粧水をつけようとした時、肌にピリピリとした痛みを感じました。
不思議に思い、その部分に触れてみると心なしかカサついているように思いました。
不思議には思ったのですが、その日は深く考えることもなくそのまま保湿クリームを多めに塗り込んで眠りにつきました。

しかし、次の日のことです。目を覚ますと頬のあたりにヒリヒリとした痛みを感じました。慌てて鏡を見てみると、昨日カサついていた箇所が目に見えるほどカサカサになっているではありませんか!それまで、私は肌が強くて肌トラブルに見舞われたことも、化粧品で荒れたりしたこともありませんでした。

そのため、その時もただ乾燥しているだけなのだと思い、普段使っている基礎化粧品をたくさん使って保湿を試みたのですが、一向によくなりません。挙句の果てには、痛みだけではなく赤く炎症し、火傷のような症状も出てきました。

そこで初めて私は、皮膚科を受診し妊娠中に肌質が変わることがあるという事実を知ることになりました。

通常は妊娠初期に起こりやすいのですが、妊娠をすると新陳代謝が活発になり、汗や皮脂の分泌が多くなるのが肌トラブルの原因となること。妊娠中に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)が、シミ・そばかすの原因となること。お腹の赤ちゃんに水分やビタミン・ミネラルといった肌を正常に保つために必要な栄養素が子宮に送られることで、肌トラブルが引き起こされること。そのようなことを医師は教えてくれました。

基礎化粧品がすべて使えない

そのような説明を受けたあと、妊娠中のため下手に薬を出すことはできないので基礎化粧品を変えて様子を見てみるように言われました。

そこで、今まで使っていた基礎化粧品の使用をとりあえず中止し、できるだけ肌に優しいと言われている基礎化粧品を試してみることにしました。

赤ちゃんの敏感な肌でも使える基礎化粧品、無添加の基礎化粧品、ノンアルコールの基礎化粧品、今まで使っていた基礎化粧品よりも倍以上する高級な物も試してみました。しかし、どの基礎化粧品を使っても肌質が改善されることはなく、むしろ乾燥の範囲が広がっていました。そんな肌ではメイクを楽しむこともできませんし、とても沈んだ気持ちになっていました。

そこで私は、もう一度皮膚科に相談に行きました。どの基礎化粧品を使っても肌質が改善されないことや、肌質が悪いことでストレスを感じていることを伝えると、医師は食生活の改善を提案してくれました。

食生活の見直しで肌質が改善された

妊娠中の肌トラブルは、ホルモンバランスの影響もありますが、お腹の中にいる赤ちゃんに水分や栄養素を送っているため、ママの肌を正常に保つためだけの十分な栄養素が肌に届いていないためだと考えられます。

そのため、妊娠中の肌トラブルは普段の食事の中で肌にいいとされる栄養素、ビタミンを多く含む野菜や果物を積極的に取ることで改善されることもあると、先生は教えてくれました。

そこで私は、しばらくの間基礎化粧品を一切使わないようにして、食事を肌に必要な栄養素を豊富に含んだ食材を積極的に取るように心がけました。その時に調べた結果、肌にいいと言われる食材は次のようなものがありました。

・いちご
・みかん
・レモン
・ジャガイモ
・ピーマン
・ブロッコリー
・納豆
・乳製品

このような食事を積極的にバランスよく摂取することで、私の肌質は少しずつ改善されていきました。

また、出産をするまで私は水分をできるだけ多く取り入れるように心がけました。その結果、出産する間近になったころには何とかメイクで隠せるくらいまでには肌質が改善され、基礎化粧品でのお手入れを再開してもヒリヒリとした痛みを感じなくなりました。


今回は私の妊娠中の肌トラブルにまつわる体験談をご紹介しましたが、いかがでしたか?

私が受診した皮膚科では、妊娠中に突然現れた肌トラブルに悩み受診をする私のような患者が多いとおっしゃっていました。私のように妊娠中に肌質が改善される人もいますが、中には出産後も肌トラブルに悩まされるママもいらっしゃるのだとか。

しかし、先生曰く妊娠中の肌トラブルは出産をすることで徐々に治っていくことも多いとのことです。むしろ、妊娠中に起こった肌トラブルに悩みそのストレスからさらに症状を悪化させている場合もあるとのことでした。

妊娠中は様々な体調の変化に悩まされますしストレスも抱え込みやすいです。そんなストレスから肌トラブルに見舞われることもありますので、ストレスをため込まないことも妊娠中の肌トラブルへの有効な対処法だよ。と、いうことでした。

今まさに妊娠中の肌トラブルに悩まされているプレママは、ぜひストレスをため込むことのないようにしましょう。

●ライター/乙美亜十
●モデル/福永桃子

ライター紹介

乙美亜十

乙美亜十

犬派なのに何故か捨て猫を幾度も拾ってしまい、気付けば猫派になったばかりか猫ライターとして仕事をするまでに。猫はもちろん犬の訓練士を経て現在1児の母として、某美容関係企業で働いています。働くママに役立つ美容情報、子育て情報を発信できればと思っています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡