母乳

母乳出ないし…産後痩せない!そんなママが実践したこと

母乳出ないし…産後痩せない!そんなママが実践したこと

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

壮絶な出産を終えてほっとすると、気になるのが産後ダイエット。
妊娠前よりは綺麗になれなくても、せめて妊娠前の体重には戻りたいですよね。

母乳ダイエットという言葉まであるように産後ダイエットの大きな鍵を握るのは母乳育児

その母乳がなかなか出ないことで悩むママもいます。

本気で産後ダイエットをしたいのならば、安易にミルクを足す前に、まずは母乳を出すための方法を試してみて。

今回は、母乳が出ないと悩むママに向けた母乳分泌のコツと産後ダイエットの関係について、筆者の体験談をご紹介します。

産後すぐ母乳の分泌が悪かった筆者の場合

筆者は二人の娘を完全母乳で育てましたが、2人とも出産直後の母乳の出がよくなく、ほかのママさんが一回の授乳で多い方だと50cc以上出ているのに筆者は10~30cc

しかし母乳育児を成功させるには、産後すぐの立ち上がりが重要と指導を受けていたので、ミルクを足さないようにし、少ない授乳量は頻回直母でカバーしました。新生児なので眠り続けてしまう傾向もあったので、足をくすぐったりちょっと指圧したり、お着替えやおむつ替えをしたりして起こし、授乳していました。

また、下記でご紹介する方法を一通り実践することで、母乳は軌道にのり、母乳のみで育てていくことができました。

母乳が出ない…と悩まない為に筆者が実践したこと

①妊娠中からのおっぱいケア

妊娠してから、母乳のでやすいおっぱいのために、毎日お風呂上がりに乳首ケアをしていました。植物性のオイルや馬油を塗って、ラップを貼って乳首にパックしていました。本来はおっぱいマッサージや乳首マッサージをするのが理想ではありますが、なかなか毎日はそこまでできなかったので、簡単にできる乳首のラップパックをしていました。母乳外来のある産婦人科なら、産前産後のおっぱいケアを積極的にしてくれますので、是非利用しましょう。

②食事内容、ひたすら水分をとる

産後は、とにかく母乳を出すための食事をとりました。「白米をたくさん」、「和食中心におかずをバランスよく」を意識していました。母乳は水分ですので、水分が足りなくては分泌されませんので、授乳前後は必ず水を飲み、夜中も枕元に水筒をおいて、授乳前後に水分をとるようにしていました。

③安易にミルクを足さない、頻回直母

母乳を出すためには出産直後からの頻回直母が必須です。入院中の産後すぐは母乳の出が悪く、1回の授乳で40CCほどしか出ていなかったのですが、ミルクは足さず頻回直母でカバーをしました。1人目で、産後すぐの母乳の出が悪いことがわかっていたので、2人目は分娩してすぐ、カンガルーケアの後、病室に移動するまで添い乳で初乳をあげていました。入院中の夜間授乳がとにかく頻回で、1時間に1回以上はあげていましたが、そのおかげかそこからの母乳分泌は右上がりになっていきました。

④よく、睡眠をとる

よく母乳を出すためにはママの睡眠がとにかく大事。空いている時間があればついつい家事をしてしまいがちですが母乳のためだと思って積極的にお昼寝をして、夜も早めに体を休めましょう。

産後は、出産の体力回復と、赤ちゃんのお世話に母乳分泌のため、栄養をたくさん摂るべき時期。
痩せるために食べない、のは母乳不足となり逆に痩せません。おやつも必要以上我慢する必要はありませんよ。

筆者は完母で育児してる間は何を食べても太らないゴールデンシーズンと考え、必要な食事を摂って甘いものも好き放題食べていました。それでも、母乳をしっかり出して、しっかり家事育児をしていれば、特別な運動をしなくとも自然と体重は減っていきました。

母乳分泌の量が減り始めた時が産後ダイエットのターニングポイント

離乳食開始までの半年のあいだ、充分母乳を与えることで体重は戻りました。

ですが、それを維持するのがここからの大切なポイント。

離乳食開始から卒乳に向けて分泌が減り始める時期に、自分の食事の量も見直し始める必要があります。

特に筆者の子供たちは離乳食をよく食べる子で母乳が余ってしまう…なんて状況もよくありました。1歳ごろまでは母乳の栄養素もとても成長に貢献してくれますし、母乳分泌を低下させないためにも、離乳食の進みが良すぎるようなら少し離乳食の量をセーブして、積極的に授乳もするようにするといいですよ。


以上いかがだったでしょうか?

産後ダイエットと母乳分泌の関係は深く、ママの健康、赤ちゃんの健康のためにも母乳をたくさん出せる生活を心がけることに集中をしましょう。

また、離乳食~卒乳の母乳分泌の量もチェックして、卒乳に向けてママのケアも忘れずに行うことが大切です。

●ライター/ましゅまま
●モデル/倉本麻貴

ライター紹介

ましゅまま

ましゅまま

母一人、子一人で大学卒業まで生活し、就職間際に実の父に再会・そして両親結婚。三人暮らしをするが「父親」の存在を認められず数か月後一人暮らしを始める。アパレル販売員として2年働き、その後同じ職場の現・夫と結婚、娘を出産。娘と父親の関係性について日々考える。夫は転勤族のため出産後も引っ越しを年1回のペースで2回経験。次はどこの街へ飛んでいくのか……。

ライター紹介

倉本麻貴

倉本麻貴

毎日の子育てを明るく元気に楽しんでいます!

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る