痛みを痛みで制す?想像以上の産後むくみに効果的だったのはあれ!

こんにちは、海外在住プロママライターのさとうあきこです。

産後のむくみ。

人によってむくむ場所も違えば、むくみの程度も違うでしょう。
私は、膝下がパンパンに腫れてしまい、痛みに泣きました。

そんな時に試した”あれ”が、むくみの痛みから解放してくれたのです。

私のむくみ体験!靴が履けない!足首がない!

恐ろしいほど足のむくみに気づいたのは、退院して徐々に普段の生活に戻っていった産後2~3週目のことでした。

私の場合は、主に膝から下に発症。足の指が互いに擦れてズキズキ、足首がどこかわからないほど腫れて靴はもちろん履けず、靴下は食い込んで痛い…。さらには、ふくらはぎがパンパンに腫れているため、膝を曲げられず、座る動作も歩く動作も痛みを感じてぎこちなくなってしまう有様でした。

立っているのもつらければ、トイレに座るのもつらいのです。
寝る時には脚の裏に大きな枕をいれていました。

家の中ではスリッパが履けず、でも素足だと腫れた足の裏が敏感になっていて痛い…。夫の冬用ビッグサイズのルームシューズを履いてやり過ごす日々。ちょっとした外出にもスリッパサンダルしか履けません。これまた、素足だと痛いので、ゴムの入っていない伸縮性のあるゆったりソックスを着用。

正直、格好など気にしていられない痛みでした。

そんな私に救世主!〇〇マッサージでむくみが取れる?

このむくみ、家事などをして日中を過ごし、ゆっくりと入浴を済ませた夜には、少しおさまっているような気も。

でも、朝になるとまた脚がパンパンになってしまっているのです。

むくみ対策として、専用靴下をはいてみたり、半身浴を続けたり、水分調節をしたりと我流でいろいろ試してみました

それでもおさまらず、むくみが1週間続いた頃、友人が「足裏マッサージ」を勧めてくれました。

「あの激痛の?」と聞き返す私に友人は、「どうせ今も痛いでしょう?」と無茶な返答。痛いところに痛いマッサージ。

できれば勘弁してほしいと思いましたが、これ以上むくみが続くとまずいと思い、車を出してくれるという友人の言葉に甘えて出かけていったのです。

痛みで痛みを制する足裏マッサージ

靴が履けない私は、スリッパタイプのサンダルをつっかけて出かけました。

その足元を見た足裏マッサージの施術師は、にっこり笑って指でOKサイン。

過去に受けた激痛足裏マッサージの記憶が蘇ってすくみ上っていた私ですが、漢方足湯をしながら、後ろに立ったマッサージ師の肩・首・頭マッサージにうっとり。

少しリラックスしたところで、始まりました。足裏グリグリ攻撃!

足指、足裏、足首、ふくらはぎまで、片足30分×2。

1時間後にスリッパサンダルを履くと、「あれ? きつくないみたい?」。
そう、すでにむくみが引き始めていたのです。

1週間でむくみにサヨナラ

「1日おきに、あと3回通えばむくみは消える」と言われて、通うこと6日間。
1週間後にはほぼむくみゼロの足を取り返すことができました。

今思い出しても、あの激痛は全身を硬直させるほどですが、効果は抜群。

その後も、産後半年ほどは時折むくみが発生しました。

そのたび、いやがる自分をなだめては、足裏マッサージへと出かけていました。

自分に効果があったので、むくみに悩む友人知人にも勧めました。痛みのあまりきちんと回数分通えなかった人以外は、それなりの効果があったそうです。


以上いかがだったでしょうか?

多少の産後むくみは当たり前?

でもむくみがひどくなると、そう簡単には消えてくれません。
そうでなくても体がつらい産後。早めにケアしたいですね。

足裏マッサージはとにかく痛いので、好き嫌いのわかれるマッサージですが、効果だけは抜群でした。
現在産後むくみでお悩みの方は、是非一度お試しを。

●ライター/さとうあきこ
●モデル/倉本麻貴

ライター紹介

さとうあきこ

さとうあきこ

子育て、教育、健康、食、仕事、人間関係などなど、海外に場所を移してもやっぱり悩むことは多いし大変。でも、ガッツリ取り組んでみたらなんだかおもしろい! 何かと不便な海外生活の中での工夫の数々と、実際に体験した失敗と成功を元手に、日々多方面へと情報発信中です。フルタイムプロライターとして、またライフワークとして、好奇心のおもむくままに、時には情報の海を、時には世界中を母娘で旅しながら、子育て・自分育てにまい進中。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡