子育て関連情報

ミルク作りが凄く楽! ウォーターサーバーを使ってみた!

ミルク作りが凄く楽! ウォーターサーバーを使ってみた!

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、ライターのいるみです!

私の息子が赤ちゃんの時は「混合育児(母乳2:ミルク8)」をしていたので1日に何度もミルクを作る機会がありました。

ミルク作りに水が必要!でもわざわざ市販の水を買ってくるのは面倒だし、水道水じゃちょっと心配。そんな時にすごく使えるのがウォーターサーバーです。

子ども達を産んだ産院で初めてウォーターサーバーを使ってみたのですが、凄く便利だったので「子どもが小さいうちだけでも、使ってみよう!」と思い導入を決意しました。

今回はイラストを交えて子育てで意外と役立つウォーターサーバーについてご説明していきます。

ミルク作りにウォーターサーバーがむいているワケ

ウォーターサーバーがなくても、やかんや電気ポットを使ってミルクは作れます。

ただ赤ちゃんが飲むのに適した温度に調節するのって苦労するんですよね。

熱いミルクを冷やすのに手間は掛かるし、丁度いい温度になったと思って飲ませたら意外と熱くて子どもが泣く……なんてことも。。。

だからと言って、殺菌をされていない水を直接ミルクに入れることも出来ないので毎回冷やすのが手間で手間で仕方ありませんでした。

しかし、ウォーターサーバーの水なら不純物や細菌を取り除いているので、そのままミルクに使うことができるのでミルクの温度調節が本当に簡単!

1日に昼夜問わず何度も、調乳しなければならないのでこの手軽さは本当にありがたいですよね!

おそらく皆さんウォーターサーバーなしだと・・・

一方でウォーターサーバーがあると・・・

これなら忙しいママが時間をかけてミルクを見守らなければいけないということもなくなります
うるのん

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのデメリットはお金です。

なんなら私は水の綺麗なド田舎で育ったため水にお金を出すという概念がありませんでした。水にお金をかけるのに最初凄く躊躇しました。

ただ安全な水を使ってあげたいと思ったことと、実際産院でウォーターサーバーを使ってみて、便利だった感覚が忘れられなかったのです。

産後は最初こそ電気ポットを購入して数日ミルクを作ってみましたが結局ウォーターサーバーを使うことにし、息子が卒乳するまで使用することにしました!

わたし自身金銭面を考え、必要な時だけウォーターサーバーを使った身なので「ウォーターサーバーを使いたいけどお金が……」という方の気持ちが凄くわかります!

そういう方は、赤ちゃんが小さいうちだけ契約するというのもいいかもしれません!

まず気軽に使ってみたいウォーターサーバー

普段の利用に便利なだけでなく、ウォーターサーバーは災害時などの“水の備蓄”に凄く適しているそうです!

万が一に備えて、わざわざ水を買いに行ったり、管理するのは意外に面倒です。

しかし、ウォーターサーバーは定期的に配達される水を使っているのでただ普段通り使っているだけで万が一に備えることが出来るのです!

便利なだけでなく、万が一にも備えられるウォーターサーバー!

ぜひ設置を検討してみては、いかがでしょうか♪(我が家もまた設置を検討してみようかな……)

子育てママが選ぶべきウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーいっても硬度によっては赤ちゃんの飲むミルク用に使うことはできません。

おおよそ硬度100以下が赤ちゃんでも飲める水であり、ミネラルウォーターでも硬度が高く内臓に負担をかけるものもあるため注意が必要です。

また熱湯が出るウォーターサーバーは子供に触られては大変危険です。チャイルドロックがついたものが良いでしょう。

ワンウェイ

ママに大人気のウォーターサーバー

「うるのん」であればかかる費用はお水代のみで12Lで2,050円(税込)です。500mlにすると、1本あたり79円で硬度も29mgとさらっと飲みやすくて赤ちゃんにも気兼ねなく与えることができます。

しかも今なら初回12Lボトルがなんと2本も無料(通常4,100円)でついてきます。

配送サイクルの相談も相談することができます。まずは相談して初めてみても良さそうですね。

●ライター/ページェント・いるみ
●追記/パピマミ編集部

ライター紹介

ページェント・いるみ(イラストライター)

ページェント・いるみ(イラストライター)

誇れる資格も学歴もないが、どうにかこうにかノリと勢いで生きてきたそんな主婦! ただいま2人の子どもの育児に奮闘中☆ 自身、父子家庭で育ち「親とはどうあるべきか?」「毒親育ち」など小難しいことも考えつつ、夫婦関係やママ友関係、親子関係、育児など“人間関係や子育て”にまつわるテーマをゆるく、時に熱く執筆中!

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

ページトップへ戻る