子育て体験談

あれ?うちの子髪薄いかも?そんな不安を抱えているママへ

あれ?うちの子髪薄いかも?そんな不安を抱えているママへ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは!イラストライターのモモです。

最近、娘がおしゃれに目覚めました。

毎日かわいいヘアゴムを持ってきては「結んでー」と言ってきます。これが私、めちゃくちゃ嬉しいんです~!

というのも娘はずっと薄毛で、どんなにかわいい洋服を着せても「男の子?」と必ず聞かれていました(泣)。

成長の個人差なので仕方ないとはいえ、女の子ママとしては正直ツライところ…。

そこで今回はそんな娘の過去の薄毛エピソードを書きたいと思います!

①あれ?うちの子、薄いかも

娘が薄毛だと気づいたのは3ヶ月検診のときでした。

周りには同じ月齢の赤ちゃんがたくさん。
「あぁ~どの子もかわいいなぁ」と思いながら・・・
「あれ? 赤ちゃんってそんなに髪の毛があるの??」

隣の赤ちゃんはモヒカンヘアーなのに、抱っこ紐の中で寝ている我が娘は頭皮が見えるほど薄毛。

それでも、まだまだ3ヶ月!これから髪の毛が伸びて女の子らしくなっていくのだろうと思っていたのですが…、
1歳になったけど…まだ伸びない!!
3ヶ月の頃となにも変わってないよ!?

3歳になれば七五三があります。

「つけ毛できれいにセットしてくれるとは聞いているけど、つけ毛をつけるだけの毛量がそもそもない。
1年でほとんど伸びていないのに、このペースで間に合うの!?」と、こんなことを考え、先の話とはいえ心配になりました。

②そんな薄毛ならではの注意点

そんな薄毛だった娘ですが、注意点がいくつかありました。

夏が近づき日差しが強くなってくると帽子の出番ですが、子供ってすぐに帽子を脱いだりしますよね。
娘もすぐに脱ごうとするので必死でかぶらせていました。

なぜなら、薄毛なので直接頭皮に日差しが当たるんですよ~!
髪の毛が薄いと熱中症はもちろん、頭皮のやけど対策のため帽子が必須アイテムなんです!!

そして1番慌てた出来事は、やっぱり怪我!

ある日、テーブルで頭をぶつけ泣いている娘を抱き上げると…
頭皮に小さな傷があり血が滲んでいる!!

クッションになってくれる髪の毛がないのでダイレクトに怪我をしちゃうんです。
大した怪我ではありませんでしたが、薄毛だからこそ「より気をつけなくては」と思いました。

③髪の毛が薄くて良かったこと

でも、ポジティブに考えると薄毛もメリットがあるんです。

まずは散髪の手間がかからない!
子供用のヘアサロンはイスが乗り物の形をしているなど、楽しく散髪できるように工夫されています。

それでも大人しく座っていられない子もいますよね。
まさに娘はそのタイプ!絶対に5分も座っていられない。

そう思うと散髪の必要がないので気楽だし、さらにお金もかからない。
これってちょっとお得かも(笑)

そしてお風呂も楽ちん。
少し濡らして、シャンプーも軽くこするだけでOK。洗い流すのもササッとで簡単に終わる。
寒い時期はとく手早く洗って湯船につからせたいので、娘の髪の毛が薄くて助かりました。


以上いかがだったでしょうか?

初対面の人にはこちらから「女の子です!」と先に言うようにしたり、写真を撮るときのフラッシュは最低限(光で髪の毛がとんで写らなくなる)にしたり…そんな娘も2歳で薄毛を卒業しました!!

同じように髪の毛が薄いことで「女の子なのに大丈夫?」と思われているママさんもいると思います。

薄毛は伸びるまで待つしかないので、その間は不安が募りやすいですよね。
つい同じ月齢の子と比べて気になったり、いつになったら伸びるんだろうと悩んだり。

娘は1歳半を過ぎた頃から、周りの人には気づかれない程度ですが少しずつ伸び始め、今では憧れだった「娘の髪の毛を結ぶ朝」を迎えられるようになりました。

薄毛ちゃんのママさん!

大丈夫です。
時間はかかりますが、自然にちゃんと伸びてきますよ~!!

薄毛は『見える個人差』なので気にしやすいですが、伸びるまでは「薄毛で楽ちんだわ~」とポジティブに受け止めて、ゆっくり伸びるまで待ってくださいね。

●ライター/モモ

ライター紹介

モモ

モモ

転勤族妻になり4年目。愛する旦那さんと愛しい娘の3人家族。娘の行動が予想外すぎて毎日てんてこまい。平日は気合で、休日は旦那さんの優しさでなんとか乗り切っている。産後ブルーの反動で今では立派なテキトーママに。口癖は「痩せたい」

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る