これってどうしたらいいの?授乳中の胸がカチカチ、傷だらけ問題

2018.04.05

こんにちは、こじらせ美容オタク家のともです。

出産後、初めての子育ては慣れないことだらけ。
特に初産のママは赤ちゃんが泣くだけでテンパってしまい、体も気持ちもバタバタな毎日に。

そして、そんな初体験の中でも特に苦労するのが授乳。
「おっぱいからミルクがでる」というだけでも不思議な感覚であり、自分でコントロールするのも至難の業。

赤ちゃんが吸えば簡単に出る…というワケでもなく量も足りなかったり多かったり。
また、赤ちゃんが頑張れば頑張るほど、ママは痛いと感じてしまうことも。

そこで、今回は授乳中の痛みを伴うおっぱいトラブルを聞いてみることに。

(1)乳首が痛くて傷だらけ

『初めての授乳。赤ちゃんがママのおっぱいを飲む姿に憧れを抱いていた私は、まるで夢心地のよう…だったのに現実は甘くはなかった。赤ちゃんの吸引力は想像以上で乳首をグイーッて掃除機で吸われているみたいですごく痛い。でも吸ってくれないと母乳はでない。赤ちゃんも吸いにくいようで時々噛みつくようになり、乳首にはギザギザとした赤い傷が…(泣)』(20代女性/一児のママ)
『とにかく乳首が痛すぎて授乳が続けられない状態に。助産師さんのアドバイスで、抱き方を変えてみた。そうすると赤ちゃんもくわえやすくなったようで、痛みが軽減』(30代女性/二児のママ)

一人目の赤ちゃんで想像していなかったのが「乳首の痛み」。

「母乳がでなくて困った」という話はよく聞きますが、「乳首が痛かったこと」はあまり公には言わない悩みなのかもしれません。

赤ちゃんは「これまで生きてきて、ここまで乳首を吸われたことなかった!」って思う力で長時間ママの乳首に引っつきっぱなし。

繊細な乳首に対してその負荷は相当なものであります。
中には傷だらけになり血を見たママも。

ただ、大抵の場合は抱き方に問題があり、「抱き方や吸わせ方を助産師さんにアドバイスしてもらって改善された」というママは多数。

それでも、痛い場合は、乳首を保護する乳頭保護器が販売されており市販のものに助けを求めるのも一つの方法。
しかし、その器具をつけたら「母乳が上手くでない」「赤ちゃんが嫌がる」というオチもつくことも…。

(2)しこりができた

『赤ちゃんの母乳の飲みがすごく浅いというか少ないというか…。飲む量と出る量が一致してくれないので、おっぱいに母乳が溜まる。母乳が滝のようにでるのはありがたいが、しこりのようなものが時々できてズキズキと痛むことが多かった』(30代女性/一児のママ・育休中)

『「乳腺が細い」と助産師さんに言われた私のおっぱい。赤ちゃんも飲みにくいのか、あまり飲んでくれない。母乳がよくつまってゴリゴリとしたしこりになり、その度に教えてもらったマッサージを繰り返していた』(20代女性/二児のママ・パート)

出る母乳の量が飲む量より多かったり、乳腺が細いママはしこりができやすいよう。

赤ちゃんがそんなに飲んでくれないママは、搾乳器を使って母乳を残さないようにしたらしこりが減ったというママも。
ただ、元々乳腺が細いママのようにどうしても避けられないしこりはマッサージすることで少しはよくなるようです。

赤ちゃんに飲んでもらうのが一番ですが、なかなか思うようにはいかないのが授乳。

(3)乳腺炎になった

『朝起きたら、悪寒に加え微熱がある。胸を触ると片方のおっぱいがカチカチで割れるように痛い。そういえば昨晩は赤ちゃんが起きず、夜の授乳をしてなかった。赤ちゃんを起こして飲ませようとしても、すでにつまってしまって全くでない。あまりの痛みに産院に電話。産院でおっぱいをギッーッと押してもらって無理やり母乳を出しなんとか乗り切ったが、あの痛みは二度と経験したくない壮絶なものだった…』(30代女性/一児のママ・会社員)

『義実家に帰省した時に、赤ちゃんが緊張してかおっぱいを吸うけど飲むことを途中でやめる…の繰り返し。そんなことを何度もやられていると、昼の時点でおっぱいが石みたいにカチカチ。焦って自分で拳で力いっぱいマッサージし母乳を絞り出し搾乳器で全部吸ったが、あのままだったら完全に乳腺炎になるところだった』(20代女性/一児のママ・派遣)

赤ちゃんの飲み方がいつもと違うと、乳腺炎になりやすいので注意。

「あれ?いつもの時間に飲んでない」と思ったら、きちんと搾乳しておきましょう。

そうしないと母乳がたまり乳腺炎に。
乳腺炎は「出産より痛かった」というママがいるほど、耐えられない痛みに襲われます。

事前に、ならないようにママ自身が気をつけるのが得策。
特に、赤ちゃんの体調が悪かったり、場所が違ったりと赤ちゃんが母乳を飲むリズムを変わりそうな時には搾乳器は必須。

ひどくなると、おっぱいの中で膿が溜まってしまう状態になるので放っておいては絶対にダメです。


以上いかがだったでしょうか?

「授乳がこんなに大変とは…」と、一概に「ほっこり」とは言い切れないママたちの授乳事情。

ただ二人目・三人目と慣れてくるただと「痛みのトラブルは全くナシ」というママも増えてきます。
コツを掴めば授乳は今よりも楽しいものに。

また、卒乳する時は「嬉しいけれどしたくない」のような複雑な気持ちにさせられるのも授乳の醍醐味なのでしょう。

●ライター/とも(こじらせ美容オタク家)
●モデル/倉本麻貴



【2019年版】必ず読んで欲しい妊活・妊娠・産後のおすすめ葉酸サプリ!

2019.01.09


※本記事は2019年1月9日に加筆修正を行なっています。

妊活中や妊娠中などに飲むサプリとしては、お馴染みとなった葉酸のサプリ。
パピマミでも葉酸のその効果や飲み方についてご紹介をさせていただきました。

でも、効果や飲み方が分かったても多くのメーカーから様々な成分や値段のサプリが発売されているため、どの葉酸サプリを飲めばいいか分かりませんよね。
そこで今回は妊活中、妊娠中、産後の3つのケースに分けておすすめの葉酸サプリをそれぞれ3つ紹介いたします。

と、その前に「見比べるの面倒だから、1番オススメのサプリを知りたい!」という方のためにパピマミ編集部がオススメのサプリをまずご紹介します。

パピマミ編集部オススメ葉酸サプリ

ベルタ葉酸

葉酸含有量 400μg
総成分数 77種類
成分 天然成分のみ
商品特徴 充実の成分でとりあえずこれを飲めばOK!

公式サイト

「成分や特徴をしっかり比べて選びたい!」という方は、ぜひ記事内で詳細に解説いたしますので見比べた上でご自身に最適にものをお選びください。
※価格についてはキャンペーンやセールによって異なるので記載していませんが、キャンペーン中の商品は通常よりお買い得になっていることが多いため選ぶ基準の1つになります。

妊活中におすすめの葉酸3選!

まずは、妊活中の女性にオススメな葉酸サプリを3つご紹介します。
あくまでサプリなので必ずできるというものではございませんが、日本では厚生労働省から妊娠の可能性がある女性に対し、サプリメントなどの栄養補助食品からの葉酸の摂取が勧告されています。ぜひお選びいただく際の参考にしてみてください。

1.ベルタ葉酸

葉酸含有量 400μg
総成分数 77種類
成分 天然成分のみ
商品特徴 専門のカスタマーサポートあり

妊活中のサプリ選びでベルタ葉酸をおすすめする理由は専属のカスタマーサポートが付くサービスです。妊活中特有の悩みを抱える女性に対して、妊娠・出産を終えた女性たちからのサポートがあるため飲み方だけでなく食事や睡眠のことなどどんな悩みも相談することが可能です。もちろん豊富な栄養成分は妊活中に必要な栄養素をしっかりと補うことができます。

公式サイト

2.kodakara

葉酸含有量 400μg
総成分数 13種類
成分 天然成分のみ
商品特徴 接骨院から生まれたサプリ

kodakaraは妊活時に特化した接骨院から生まれた葉酸サプリです。妊活時専門ということもあり、身体の冷えや月のサイクルにも効果を期待することができると言われています。

公式サイト

3.マカナ(makana)

葉酸含有量 400μg
総成分数 50種類以上
成分 天然成分のみ
商品特徴 管理栄養士が考えたサプリ

名前の通り日本産のマカを配合している葉酸サプリです。妊活専門の管理栄養士が作っていることが特徴で、妊活に特化した成分のみを厳選して配合しています

公式サイト

妊娠中におすすめなの葉酸3選!

妊娠中の葉酸サプリ妊娠期によってその効果が変わります。妊娠初期は、染色体異常・先天性異常・流産のリスクを軽減、妊娠中期〜後期は、赤ちゃんへ栄養を届けるためだけでなく、葉酸の造血作用によって妊婦さん特有の栄養不足や貧血の予防が期待できると言われています。

1.BABY葉酸~ママのめぐみ~

葉酸含有量 400μg
総成分数 130種類以上
成分 天然成分のみ
商品特徴 赤ちゃんに特化!圧倒的な成分数

配合している成分数がとにかく多く、これ1つで100を超える成分数を網羅しています。赤ちゃんのための葉酸ということで妊娠中の方に特にオススメしたい葉酸サプリとなります。

公式サイト

2.はぐくみ葉酸

葉酸含有量 400μg
総成分数 13種類以上
成分 天然成分のみ
商品特徴 レモン由来の葉酸サプリ

はぐくみ葉酸サプリは葉酸の元にもこだわった葉酸サプリです。オーガニックレモンにこだわって葉酸を抽出しており、妊娠中に摂取するものとして由来までこだわりたいと考えるこだわり派のママにオススメです。

公式サイト

3.ベルタ葉酸

葉酸含有量 400μg
総成分数 77種類
成分 天然成分のみ
商品特徴 専門のカスタマーサポートあり

妊娠中も同じくベルタ葉酸はオススメのサプリメントです。安心して相談できる相手がいることは妊娠中の不安定な時期に嬉しいですよね。購入前もびっくりするぐらい親身に相談に乗っていただけるので、購入前に電話をしてみることをオススメします!

公式サイト

産後におすすめの葉酸3選!

最後に、産後におすすめな葉酸サプリを3つご紹介します。産後は葉酸の造血作用によって、良質な母乳をつくることや子宮の回復を早めることが期待できるため、授乳期が終わるまで飲むことが望ましいと言われています。

1.ベルタ葉酸

葉酸含有量 400μg
総成分数 77種類
成分 天然成分のみ
商品特徴 専門のカスタマーサポートあり

くどいぐらいの紹介になってしまいますが、必要成分と美容成分がしっかりと含有されており子供のためだけではなくママの身体のことも考えた際にオススメしたいのはやはりベルタ葉酸となります。

公式サイト

2.ママニック葉酸サプリ

葉酸含有量 400μg
総成分数 40種類
成分 天然成分のみ
商品特徴 必要な成分を必要な分だけ集めたサプリ

ママニック葉酸サプリの特徴は必要な成分だけが入っているということ。産後は食生活も大きく変わるので美容成分などはあまりいらず最低限必要な成分だけはサプリで補いたいお考えの方にぴったりのサプリと言えます。

公式サイト

3.はぐくみ葉酸

葉酸含有量 400μg
総成分数 13種類以上
成分 天然成分のみ
商品特徴 レモン由来の葉酸サプリ

こちらも2度目の紹介となります。産後も授乳などに関わるのでサプリの成分にはこだわりたい方が多いと思います。また購入時の回数縛りがないことも購入のしやすやに繋がると思います。

公式サイト

まとめ

葉酸サプリを妊活中、妊娠中、産後に分けてそれぞれオススメの3品をご紹介させていただきました!
葉酸サプリと一言で言っても、効果はそれぞれですし、サプリを摂取するタイミングも重要になります。
ご自身の時期や必要な成分をお選びいただき一番適しているものをお選びください!

あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ