かなり厄介!オムツかぶれにママが実践した対処法とその結末は…!?

こんにちは。フリーママライターの横山かおりです。

春本番がやってきて、暖かい日が続いていますね。
気温が上がると子どもたちの体温も上がりやすくなり、赤ちゃんの悩みとして、あがってくるのが「オムツかぶれ」。

これがなかなか手強い相手なんです。

そこで、今回は私の娘の実体験をもとに、対処法とその結末をご紹介します!
オムツかぶれにお悩みのかたはぜひ参考にしてみてくださいね。

オムツかぶれの症状と原因

「オムツかぶれって何?」という人も中にはいるかもしれません。

オムツかぶれの症状はオムツに覆われた部分が、赤く炎症をおこしたり湿疹が出てしまったりすること。

おしりだけではなく、ウエストの部分やギャザーの当たる太もものあたりも含まれます。
汗疹(あせも)と間違えてしまいがちなので注意が必要です。

オムツかぶれの原因としては、排泄物や汗、ムレ、おしりを拭くときの刺激などが考えられます。

春や夏の気温が高い季節は、オムツかぶれがより起きやすくなるというわけです。

皮膚科で教えてもらった対処法

わが家の娘も赤ちゃんのころ、よくオムツかぶれを起こしていました。

その度に皮膚科に通い、先生にもたくさんお世話になりました。そこでの対処法はふたつ。

①塗り薬を塗って、清潔に
軽度の場合は市販のワセリンなどを塗って様子を見ていましたが、まったく治る気配がないので皮膚科で塗り薬を処方してもらいました。1日の塗る回数をしっかり守り、たっぷり保湿。お風呂などではしっかり洗い、こまめにオムツを変えて清潔を保ちます。

②オムツの種類を変えてみる
意外と効果的だったのは「オムツの種類を変えてみる」ということ。

わが家では新生児の頃から同じメーカーのものを使っていたのですが、オムツかぶれをキッカケにメーカーを変えてみることにしました。

いくつか試した結果、娘の肌に合うらしいオムツに出会えたのです。
オムツを変えてみただけでかなりかぶれの改善が見られました。

最終的にオムツかぶれを卒業した方法はなんと…

皮膚科の先生の言うことを守った結果、改善は見られたのですが、また少し時間が経つとオムツかぶれを起こしてしまっていました。

どうすればつるつるサラサラのおしりに戻れるのか先生に相談したところ、

「もう…オムツとっちゃいましょう!」

という、まさかのトイトレ推奨発言!

そして、本当に娘は2歳の誕生日前頃に「オムツ卒業=オムツかぶれ卒業」を果たしたのでした。


以上いかがだったでしょうか?

早いうちのトイトレは大変ですが、オムツかぶれを卒業するためにはオムツを卒業することが一番有効!

もしトイトレが実行できる月齢の子は、思い切って「オムツ卒業」してしまうことをオススメします!

ライター紹介

横山かおり

横山かおり

一男一女、二児の母です。子どもが寝た後に執筆作業に取り組んでいるフリーママライターの横山かおりです。独身時代はモデルをしており、「いつまでも自慢できるきれいなママ」を目指して日々奮闘中。趣味は料理、映画鑑賞、食べること、ダイエット。調理師免許アリ。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡