女の子も制服のズボンを履ける?今、考えるべき”性差”についての子育て

2018.03.07

こんにちは。

ママライターのマエジマシホです。

千葉県柏市に2018年4月に開校する千葉県柏市の柏の葉中学校が導入する制服について、男女の性別を問わず選ぶことができる制服に決まったことが先日、話題になりましたね。

性差については筆者が先日、こちらの記事で述べました。

男女としての枠組みがなくなろうとしている時代にあって、柏の葉中学校の制服はとても先進的であり画期的だと感じました。

そこで、今回から、柏の葉中学校の制服のニュースをきっかけとしたジェンダーフリー時代の親の心構えについて、

・男女の差別と区別の違い
・こうあるべき、という思い込みの危うさ
・性差について子どもに教えたいこと
の3回に分けて考えていきます。

■怒涛の速さで進化する時代を生きる息子に伝えたいことがある

はじめに、筆者は性差について考えるにあたって、まったくの素人であることを申し述べておきます。

ただ、ひとりの母親として息子に伝えるべきこととは何か、を常に考えています。

”自分たちが育ってきた時代とは、けた違いのスピードで進化している時代を生きなければならない息子に、母親として何ができるんだろう”を考えた答えだと思っていただけると幸いです。

■男女の性差についての私的考察

筆者が育ってきた時代には、人間を分けるものは「男」と「女」がほとんどでした。

それ以外のセクシャルマイノリティについて考えることなどほとんどなかったといっても過言ではありません。

ただ、筆者は女ではありましたが、「女らしく」あったわけではありませんでした。男子が遊ぶような木登りや危ない遊びを好んでやっていました。

それもあったためか、ピンクは好きではありませんでした。なので、小学生のころから色と性別を結び付けて説明されることに強烈な違和感を覚えていました。

先日、息子が幼稚園のお友達から言われた「ピンクは女の子の色だよ」という言葉です。

ピンクが女の子の色なら赤は?黄色は?緑は?黄緑は?と際限なく考え、そしてそれは誰が決めたのか、なぜ従わなくてはいけないのか、と反発していたのを覚えています。

学校の先生にとっては相当扱いにくい子どもだったであろうとおもいます。

中学生になると、制服になりました。男子は詰襟の学生服、女子はプリーツスカートでした。

このころでも、私服ではスカートを履いていなかったので、スカートを履かなくてはいけない制服は好きではありませんでした。

私の時代に柏の葉中学校の制服のように自由に選択できる制服が導入されたらどんなに良かったかと思います。

■性差別はいけないが、区別は必要

男女の性別による垣根がなくなってきている時代ですから、柏の葉中学校の制服のように性別にこだわらず自由に制服を選ぶことができる生徒はとても幸せだな、と感じました。

今後の展開として個人的に望むのは、性別にこだわらずに制服を選ぶことができる流れがどんどん広がっていくことです。

性別によって制服が異なる従来のあり方は、マイノリティの存在を無視するものだとおもうからです。

筆者は性的マイノリティである自覚はありませんが、区別する必要もないのに区別されることには反発したくなります。女子がズボンを履いて何がいけないのでしょうか。同じように男子がスカートを履いてもいいとおもうのです。

ただ、性別による垣根がなくなってきたからといって、区別が必要になるシーンはあります。

例えば、トイレや着替え、公衆の温泉施設といったことです。

また、当然ながら双方の同意がない限り寝室も分けるべきですよね。これは差別ではありません。

性別による垣根を取り払うことと、性別の根本的な違いを混同しないように、と子どもには教える必要があるとおもいます。

更衣室は、男性だと自覚している男性、女性だと自覚している女性、それぞれの性的マイノリティにあわせてセッティングされているのが究極の理想形になってくるでしょう。


以上いかがだったでしょうか?
究極の理想形としてそれぞれのセクシャリティにあわせた更衣室、という例をあげました。

もちろん、学校などの公的機関に現時点でそこまでの配慮を求めるのはやや過剰な期待というものでしょう。

ただ、物事は理想がなければ動かすことはできません。そして理想としてあるべき姿を子どもに教えることはいつでもできます。

進む時代の過渡期に立つ親のひとつの心構えとして、「性別による差別と区別の違い」を導入として教えることは今後、子どもの性別に対する考え方の礎となってくれると信じています。

【参考リンク】
千葉・柏の公立中、性別問わず自由に選べる制服を導入  子供も協議に参加、どんな経緯で決まった?



【2019年版】必ず読んで欲しい妊活・妊娠・産後のおすすめ葉酸サプリ!

2019.01.09


※本記事は2019年1月9日に加筆修正を行なっています。

妊活中や妊娠中などに飲むサプリとしては、お馴染みとなった葉酸のサプリ。
パピマミでも葉酸のその効果や飲み方についてご紹介をさせていただきました。

でも、効果や飲み方が分かったても多くのメーカーから様々な成分や値段のサプリが発売されているため、どの葉酸サプリを飲めばいいか分かりませんよね。
そこで今回は妊活中、妊娠中、産後の3つのケースに分けておすすめの葉酸サプリをそれぞれ3つ紹介いたします。

と、その前に「見比べるの面倒だから、1番オススメのサプリを知りたい!」という方のためにパピマミ編集部がオススメのサプリをまずご紹介します。

パピマミ編集部オススメ葉酸サプリ

ベルタ葉酸

葉酸含有量 400μg
総成分数 77種類
成分 天然成分のみ
商品特徴 充実の成分でとりあえずこれを飲めばOK!

公式サイト

「成分や特徴をしっかり比べて選びたい!」という方は、ぜひ記事内で詳細に解説いたしますので見比べた上でご自身に最適にものをお選びください。
※価格についてはキャンペーンやセールによって異なるので記載していませんが、キャンペーン中の商品は通常よりお買い得になっていることが多いため選ぶ基準の1つになります。

妊活中におすすめの葉酸3選!

まずは、妊活中の女性にオススメな葉酸サプリを3つご紹介します。
あくまでサプリなので必ずできるというものではございませんが、日本では厚生労働省から妊娠の可能性がある女性に対し、サプリメントなどの栄養補助食品からの葉酸の摂取が勧告されています。ぜひお選びいただく際の参考にしてみてください。

1.ベルタ葉酸

葉酸含有量 400μg
総成分数 77種類
成分 天然成分のみ
商品特徴 専門のカスタマーサポートあり

妊活中のサプリ選びでベルタ葉酸をおすすめする理由は専属のカスタマーサポートが付くサービスです。妊活中特有の悩みを抱える女性に対して、妊娠・出産を終えた女性たちからのサポートがあるため飲み方だけでなく食事や睡眠のことなどどんな悩みも相談することが可能です。もちろん豊富な栄養成分は妊活中に必要な栄養素をしっかりと補うことができます。

公式サイト

2.kodakara

葉酸含有量 400μg
総成分数 13種類
成分 天然成分のみ
商品特徴 接骨院から生まれたサプリ

kodakaraは妊活時に特化した接骨院から生まれた葉酸サプリです。妊活時専門ということもあり、身体の冷えや月のサイクルにも効果を期待することができると言われています。

公式サイト

3.マカナ(makana)

葉酸含有量 400μg
総成分数 50種類以上
成分 天然成分のみ
商品特徴 管理栄養士が考えたサプリ

名前の通り日本産のマカを配合している葉酸サプリです。妊活専門の管理栄養士が作っていることが特徴で、妊活に特化した成分のみを厳選して配合しています

公式サイト

妊娠中におすすめなの葉酸3選!

妊娠中の葉酸サプリ妊娠期によってその効果が変わります。妊娠初期は、染色体異常・先天性異常・流産のリスクを軽減、妊娠中期〜後期は、赤ちゃんへ栄養を届けるためだけでなく、葉酸の造血作用によって妊婦さん特有の栄養不足や貧血の予防が期待できると言われています。

1.BABY葉酸~ママのめぐみ~

葉酸含有量 400μg
総成分数 130種類以上
成分 天然成分のみ
商品特徴 赤ちゃんに特化!圧倒的な成分数

配合している成分数がとにかく多く、これ1つで100を超える成分数を網羅しています。赤ちゃんのための葉酸ということで妊娠中の方に特にオススメしたい葉酸サプリとなります。

公式サイト

2.はぐくみ葉酸

葉酸含有量 400μg
総成分数 13種類以上
成分 天然成分のみ
商品特徴 レモン由来の葉酸サプリ

はぐくみ葉酸サプリは葉酸の元にもこだわった葉酸サプリです。オーガニックレモンにこだわって葉酸を抽出しており、妊娠中に摂取するものとして由来までこだわりたいと考えるこだわり派のママにオススメです。

公式サイト

3.ベルタ葉酸

葉酸含有量 400μg
総成分数 77種類
成分 天然成分のみ
商品特徴 専門のカスタマーサポートあり

妊娠中も同じくベルタ葉酸はオススメのサプリメントです。安心して相談できる相手がいることは妊娠中の不安定な時期に嬉しいですよね。購入前もびっくりするぐらい親身に相談に乗っていただけるので、購入前に電話をしてみることをオススメします!

公式サイト

産後におすすめの葉酸3選!

最後に、産後におすすめな葉酸サプリを3つご紹介します。産後は葉酸の造血作用によって、良質な母乳をつくることや子宮の回復を早めることが期待できるため、授乳期が終わるまで飲むことが望ましいと言われています。

1.ベルタ葉酸

葉酸含有量 400μg
総成分数 77種類
成分 天然成分のみ
商品特徴 専門のカスタマーサポートあり

くどいぐらいの紹介になってしまいますが、必要成分と美容成分がしっかりと含有されており子供のためだけではなくママの身体のことも考えた際にオススメしたいのはやはりベルタ葉酸となります。

公式サイト

2.ママニック葉酸サプリ

葉酸含有量 400μg
総成分数 40種類
成分 天然成分のみ
商品特徴 必要な成分を必要な分だけ集めたサプリ

ママニック葉酸サプリの特徴は必要な成分だけが入っているということ。産後は食生活も大きく変わるので美容成分などはあまりいらず最低限必要な成分だけはサプリで補いたいお考えの方にぴったりのサプリと言えます。

公式サイト

3.はぐくみ葉酸

葉酸含有量 400μg
総成分数 13種類以上
成分 天然成分のみ
商品特徴 レモン由来の葉酸サプリ

こちらも2度目の紹介となります。産後も授乳などに関わるのでサプリの成分にはこだわりたい方が多いと思います。また購入時の回数縛りがないことも購入のしやすやに繋がると思います。

公式サイト

まとめ

葉酸サプリを妊活中、妊娠中、産後に分けてそれぞれオススメの3品をご紹介させていただきました!
葉酸サプリと一言で言っても、効果はそれぞれですし、サプリを摂取するタイミングも重要になります。
ご自身の時期や必要な成分をお選びいただき一番適しているものをお選びください!

あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ