上の子がいたらお風呂場は戦場?赤ちゃんのお風呂デビュー体験談

2018.02.28

こんにちは、元記者ママライターの高村由佳です。

赤ちゃんの沐浴を卒業して、大人のお風呂に入れるとき、何をすればいいのでしょうか。

だれが入れるのか、何を準備するのかしっかりと考えておくことが重要ですが、悩んでしまうママもいるのでは、、、?

そこで今回は、赤ちゃんとのお風呂デビューの方法について、ママたちの体験談から考えてみたいと思います。

そもそも赤ちゃんのお風呂デビューはいつから?

赤ちゃんが産まれてからしばらくは沐浴をしますが、何か月から大人のお風呂に入れてもいいのでしょうか?

1か月健診で問題がないと言われたので、1か月過ぎから入れました』(1歳の女の子ママ)

『私1人で入れるのが大変だったので、生後3~4か月ごろまではベビーバスを使用していました。一緒に入ることには首も座りかけていたので、安定感がありましたよ』(4歳の男の子・2歳の女の子ママ)

一般的には赤ちゃんの1か月健診で問題がなければ、お風呂デビューできると言われています。

実際に、筆者も子どもと自分の1か月健診で、「お風呂に入っていいですよ」と言われました。

ただ自分の生活環境によって、入る時期を少しずらしているママもいて、月齢が進んでいれば、首が安定しているなどのメリットもあるようです。

赤ちゃんが大きくなれば、それだけ沐浴の負担も重くなるので、手首などを痛めないよう注意が必要そうですね。

ガーゼもあると効果的?赤ちゃんのお風呂デビューに必要なもの

次に、沐浴のときに使っていたものに加えて、準備したものはあるか聞いてみました。

『お風呂場で自分が洗っている間に待たせるため、お風呂で使えるベビーチェアを準備しました。また、お風呂上がりには、普段から使っているバウンサーで寝かせていましたが、ご機嫌でいてくれたので助かりました』(4歳の男の子・2歳の女の子ママ)

膝の上で洗うと、子どもが滑り落ちそうで怖かったので、大きめのガーゼを膝に置いていました。そうすると安定して、子どももご機嫌で洗わせてくれました』(3歳の男の子ママ)

お風呂で使えるベビーチェアやお風呂上がりに使えるバウンサーなどのグッズは便利そうですね。

また、布1枚で赤ちゃんを安全に洗えるとは、準備しておく価値がありそうです。

赤ちゃんの性格や生活環境によって、必要なものはそれぞれで違うため、どうすれば子どもが機嫌よく過ごしてくれるか考えてみることが大切ですね。

他にも様々なアイテムが使えるそうなので、こちらをご覧ください。

季節によって違う!お風呂に入れる時の手順

次は、実際にお風呂に入れるときの手順について聞いてみました。

寒い時期だったので裸で待たせることに抵抗があり、脱衣所に敷いた座布団に寝かせて、自分の頭と体を先に洗っていました。それから子どもの服を脱がせて、膝の上で体と頭を洗い、その後一緒に湯船に浸かります。お風呂上がりは、バスタオルの上に寝かせて体を拭き、服を着せていましたが、自分はしばらくタオルを巻いた状態でした』(5歳と2歳の男の子ママ)

『風呂場に一緒に裸で入り、子どもはバウンサーのような風呂用のベビーチェアに寝かせていました。その間に自分を洗ってしまい、終わったら、そのままベビーチェアで子どもの体と髪の毛を洗います。それから一緒に入浴し、お風呂上がりはバスタオルで包んで、自分が着替えました。暖かい時期だったので、寒さの心配がなくて助かりました』(3歳の男の子ママ)

季節によって、お風呂の入れ方が変わってきそうですね。

入れる前に、どういった手順で入れるか考えておくだけで、随分スムーズに入れることができますよ。

パパに入れてもらう場合も、受け取るママが、事前にバスタオルを腕に広げておくなどしておくとよさそうです。

この次どうしようかな」と考えながら行動することが大切かもしれません。

お風呂場は戦場さながら?上の子がいる場合のお風呂の入れ方

2人目以降だと上の子のことも気にしなければならないため、さらに手順は複雑になります。

ママ1人で赤ちゃんと上の子をお風呂に入れなければならない場合、どうやって入れればいいのでしょうか。

『まず下の子をお風呂の前で裸にして、その上からバスタオルをかけて、バウンサーに置きます。その間に上の子と自分を洗って、湯船に浸かるときに下の子も一緒にお風呂に連れて入っていました』(4歳の男の子・2歳の女の子ママ)

『下の子がラックで寝ているタイミングを見計らって、上の子と私が先にお風呂に入って髪と体を洗うようにしていました。寝始めてすぐよりも、あと10~15分くらいで起きそうだなというときにお風呂に入り始めると、ちょうどいいタイミングで迎えに行けます。ただ、リビングから泣き声が聞こえて、裸のままで飛び出したこともあります(笑)』(5歳のと2歳の男の子ママ)

上の子と年齢が近い場合、お風呂場は戦場さながらです。

筆者も2歳差の兄弟を育てていますが、お風呂の間は終始2人を交互に確認しながら、高速で手を動かして自分、上の子、下の子を洗っていました。

自分の体なんて、「あれ、洗ったっけ?」ということもしばしばありましたが、今思えば大変なのは一瞬の間だけだったと思います。


以上いかがだったでしょうか?

赤ちゃんのお風呂デビュー、準備を万全にすれば家族の楽しい思い出になることは間違いなしです。

事前の想定と用品の準備をしっかりとして、赤ちゃんとのスキンシップを楽しんでくださいね。



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ