バレンタインの次はイースター!指先で楽しむイースターネイル

こんにちは!

わくわくすることが大好きな、ママライターのmikkaです。

最近、日本でも定着しつつあるイースター。

すっかりイベントの1つの仲間入りをしていますが、本来はイエス・キリストが復活したことを祝す復活祭の意味を持ちます。

キリスト教にとっての重要な日ではありますが、実は毎年日にちが違います。

春分の日のあと、最初の満月の日から数えて、最初にくる日曜日をイースターと定めているため、毎年日にちが変更になるんです。
ちなみに2018年は4月1日です。

なんとなくイースターは知っていても、一体いつなんだろうと思っていた人も多いはず。

イースターは、クリスマスと同じように、ごちそうを用意したり、家族みんなでお祝いしたりする日なんです。

本来の意味を理解したうえで、春の訪れを喜び、楽しく迎えいれるために、さまざまな方法で楽しんでみませんか?

今回は、指先でイースターを楽しむ、イースターネイルを紹介します。

イースターエッグ柄で楽しもう

イースターといえば、有名テーマパークでもおなじみのイベントのため、卵やうさぎをモチーフとしていることが浸透しているかもしれません。

卵は、生命の誕生を意味していて、キリストの復活を象徴していると言われます。

カラフルにペイントした卵で、お祝いをする風習に合わせて、イースターネイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

色とりどりのカラーリングに賑やかなペイントを施せば、わくわくした気分で春を迎えられそうですよね。

イースターバニーを描いちゃおう

うさぎは、多産な動物であることから命の誕生をイメージするシンボルとされてきました。

また、キリストが復活して、もう一度命が誕生したことと関連付けられ、イースターのマスコットのような役割を果たしてきました。

春のあたたかい日差しの中、ぴょんぴょん跳ねる姿も、非常に明るい春の訪れを連想させるため、イースターネイルにも取り入れちゃいましょう。

うさぎの顔をそのまま描いて、ポップなデザインにすれば、とびきり元気でキュートな爪先に。

それだと、少し子どもっぽくて…という方には、うさぎの耳の部分だけを描いたり、シルエットを描いたりと、ワンポイントに取り入れてみてもいいかもしれません。

卵の殻でフレンチネイル

「いかにもなイースターデザインでは、派手過ぎてちょっと取り入れにくいなぁ」という方には、卵の殻をイメージしたフレンチネイル風のデザインはいかがでしょうか。

爪先に卵の殻が乗っかっているような、シンプルなデザインです。

また、クリアな部分を残して、春の陽気をイメージした花柄のネイルシールをのせてみました。

ラインストーンをのせたり、ラメをのせたり、アレンジは無限です。


いかがでしたか。

年々、日本でも浸透してきているイースター。

せっかくならイベントとして楽しみたいですよね。

親子でお揃いネイルにしてもいいかもしれません。

寒い冬から、あたたかい春に季節が移り変わる……そんな、わくわくした気分を高める、イースターネイルのご紹介でした。

ライター紹介

mikka

mikka

高等学校国語科教諭免許を取得。 アイシングクッキー認定講師、バースデープランナー、ハーブコーディネーターの資格を持つ。 子どもと関わる仕事に就きたくて、大学卒業後は子ども向け施設で科学実験ショーのお姉さんとして勤務。ステージやワークショップで工作をレクチャーするなど、現場を駆け回る。イベントの企画や広報を経たのち、転職。現在は1児の母として、大好きなハンドメイドを楽しみつつ、アイシングクッキーを中心とした出張教室やワークショップを不定期開催している。作るのも食べるのも大好きな食いしん坊。日常に「わくわく」をプラスするアイデアを発信していけたらと思います。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡