現在、流行中!30分で作れちゃう?話題のレジンアクセサリー

こんにちは!

わくわくすることが大好きな、ママライターのmikkaです。

みなさんは、「レジンアクセサリー」をご存知ですか。

2つの液を混ぜ合わせて作るタイプのものなどもありますが、なんといっても簡単なのは1液でできる「UVレジン」。

UVレジンとは、紫外線にあてると硬化する透明な樹脂のことです。

最近では、100円ショップでも材料が揃うようになって驚いています。

紫外線ということで、太陽光やUVライトの光をあてると短時間で固めることができます

自宅でジェルネイルなどを楽しんでいる人は、UVライトなどを持っていて、比較的取り組みやすいかもしれません。

しかも、一から材料を買い揃えなくても、太陽の光でも充分きれいに仕上げられますよ。

基本の材料

・UVレジン液
・シリコンモールド型
・ピンセット
・つまようじ
・(あればUVライト)

レジン液を流し込むシリコン製の型を用意します。

型に封入するビーズやボタンなどのパーツを用意します。

最初から、色のついたレジン液も売られていますが、写真左に写っているような、ラメのグリッターでも着色できます。

ネイルアートの材料なども大活躍です。

ちなみに、写真のようなグリッターで着色したレジンの指輪がこれです。

どれだけの量をいれるかによっても、雰囲気が大きく変わります。

紫外線で固めてみる

準備ができたら早速挑戦です。

1.レジン液を型に流し込んでいきます。

2.半分くらいまで流し込んだら、ピンセットを使ってパーツを置いていきます。

3.細かな位置の調整や、気泡などはつまようじで調整していきます。

4.隙間があれば、レジン液を流し込んで埋めていきます。

5.窓際など、太陽光が十分に入ってくる場所にモールド型を置いてください。

固まったレジンをアクセサリーに加工する

太陽の照射時間は、季節や天候によっても変わるので、様子を見ながら型から取り外してください。

ちなみに今回は、晴れの日に作りったので、冬場でも30分かからずに硬化しました。

取り出したレジンは、指輪とヘアピンのパーツをつけてアクセサリーにします。

しっかりと硬化したことを確認したら、再びレジンを型に戻します。

そして、ヘアピンや指輪の台座の部分に少量のレジンを付けて、硬化したレジンパーツに接着します。

しばらく指で押さえたまま、再び太陽光にあてれば、そのまま接着できてしまいます。

数十秒押さえて、仮止めしたら、あとは指を離しても大丈夫です。

透明だから、継ぎ目も気になりません

しっかりと固まれば、レジンアクセサリーの完成です。

型に流し込んだ場合、紙やすりなどで周りのバリ取りをすると、さらに安心です。

特に、小さなお子さんへプレゼントする場合、身に着けるもののプレゼントの場合などは注意が必要です。


いかがでしたか。

レジンアクセサリーは、封入するパーツの種類や、加工するアクセサリーパーツを変更することで、無限にアレンジが可能です。

空枠やミール皿と呼ばれるペンダントトップの台座などによって、ポップにも、ビンテージのようなクラシカルな雰囲気にも大変身です。

レジン初心者さんでも、本格的な作品が作れてしまうところが嬉しいところです。

手作りしたレジンアクセサリーをつけて出かけたら、「それ、どこで買ったの?」なんて褒められちゃうかもしれません。

ライター紹介

mikka

mikka

高等学校国語科教諭免許を取得。 アイシングクッキー認定講師、バースデープランナー、ハーブコーディネーターの資格を持つ。 子どもと関わる仕事に就きたくて、大学卒業後は子ども向け施設で科学実験ショーのお姉さんとして勤務。ステージやワークショップで工作をレクチャーするなど、現場を駆け回る。イベントの企画や広報を経たのち、転職。現在は1児の母として、大好きなハンドメイドを楽しみつつ、アイシングクッキーを中心とした出張教室やワークショップを不定期開催している。作るのも食べるのも大好きな食いしん坊。日常に「わくわく」をプラスするアイデアを発信していけたらと思います。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡