手間もかけずに?子どもとも作れる簡単ヘアアクセ

2018.02.19

こんにちは!

わくわくすることが大好きな、ママライターのmikkaです。

家事や育児に追われて、なかなか自分のための時間ができない忙しいママも多いことかと思います。

そんな日々の中でも、少しの手間と時間だけで、簡単にかわいいヘアアクセサリーができちゃいます。

例えば、子どもの作品を利用したヘアアクセサリーなど、ずかな材料と短時間でできるのがポイントです。

難しい作業は一切なしの、お手軽ハンドメイドで気分転換はいかがでしょうか。

結婚式にも対応!一瞬でできるパールのヘアピン

実は、以前友達の結婚式にお呼ばれしたときのことなのですが。

美容室にヘアセットの予約も入れて、すべて段取り良く準備して、あとは明日行くだけ!と思った瞬間。

ヘアアクセサリーが何もないことに気付き、大慌て

「美容室できれいにセットしてもらうんだから、何もつけなくてもいいんじゃないか」など色々考えを巡らせても、式は午前中で、気が付いたのも前日の夜中。

時間がない

お部屋の中をかき回していると、ふと「作ったらいいか」とひらめき、挑戦したのが、このヘアピンです。

そこまで、切羽詰まっている方はなかなかいないと思うのですが、ちょっとしたおでかけや、結婚式などでも活躍するパールのヘアピンを紹介したいと思います。

【材料】
・コットンパール(8mm・10mm)
・Uピン

コットンパールは、8mmサイズと10mmサイズを用意しました。

お好みで大きさは選んでください。

Uピンが通せる、穴の開いたものを用意します。

Uピンを少し広げて、コットンパールをぐいぐいっと通していきます。

中央のカーブのところまで運んだら、完成です。

編み込みをしてもらって、ランダムにピンをさしてもらいました。

お部屋に眠っているボタンを活用!

次は、おうちに眠っているボタンを使ったヘアピンを使います。

【材料】
・ボタン各種
・貼り付け台のあるピン
・ニッパー
・ボンドまたはグルーガン

気に入って買ったけど、使い道がなくてそのままになっているボタンなど、かわいいけど、何に使ったらいいか困っているボタンはありませんか?

そういったボタンを引っ張り出してきて、活用してみましょう。

糸を通す部分を思い切ってカットします。

カットする際に、勢いよくパーツが飛んでしまうかもしれないので、安全には充分気を付けてください。

お子さまと一緒に作る際も、この作業は大人の方がやるようにしてくださいね。

ピンの先に、丸い台のついたものが売っています。

この部分に、ボンドかグルーガンを使ってボタンを接着します。

これで完成です。
あっという間にボタンのピンができました。

パーツを変えれば、クラシックなヘアピンも作れます。

手芸屋さんで見つけたフラワーカボション。

こちらのパーツを、ヘアピンに貼り付けます。

パッチン留めのパーツを用意しました。

こちらも、ボンドやグルーガンで貼り付ければ、すぐ使えます。

子どもの作品をおしゃれに変身!

最後にご紹介するのは、プラバンを使ったヘアアクセサリーです。

お子さんが作ったプラバンの作品、穴のあいているものはキーホルダーにしたり、組みひもを通してランドセルにつけたりといった姿を見たことがあります。

どーんと真ん中を切り抜いたプラバンの余白部分がもったいないけど、何に使っていいかわからないから、そのまま捨てているなぁ、という方が多いのではないでしょうか。

そういった余りなどを使って、小さなプラバンパーツを作ってみましょう。

使い道がなさそうな小さなプラバンパーツも、こうしてヘアピンに貼り付ければ、オリジナルのヘアアクセサリーに変身します。

自分の作品が、いつもと違うアイテムになれば、それだけで楽しいですし、親子でお揃いのアクセサリーをつけて楽しむこともできますよね。

そして、余りものを活用できるのでゴミも減らせます。


いかがでしたか?

おうちに眠っているボタンやビーズ、こまかなパーツ、たくさんありませんか?

とにかく、時間をかけずに簡単に、貼るだけヘアアクセサリーを作ってみました。

おうちに眠っているこまかなパーツをどんどん使って、かわいいヘアアクセサリーを作ってみましょう。

難しい作業は一切ないので、家事の合間や、息抜きにもおすすめです。

ヘアアクセサリーもたくさん買い集めると、お金もかかります。

上手に手作りして、お友達にプレゼントしても喜ばれるかもしれません。

ぜひぜひ、挑戦してみてください。

●ライター/mikka



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ