狂気じみてた?妊活に本気のママたちの妊娠検査薬体験談

2018.02.14

こんにちは、こじらせ美容オタク家のともです。

多忙でストレスの多い現代。妊娠したいからといってすぐに赤ちゃんを授かるわけでもありません。

だから妊活中は普段はそこまで気にしてない生理が気になって仕方なくなってしまうもの。

生理が一日でも遅れると“妊娠したかも!”と期待に胸を膨らませてしまうこともありますよね。

そして妊娠したかを確認する最初の一歩が“妊娠検査薬”。

手軽に購入できるので“病院に行く前に試した”というママは多数。そこで妊娠初期の検査薬の体験談を聞いてみることに。

(1)早く検査しすぎて結果がでない

『赤ちゃんがすぐに欲しかったため、ほぼ毎日チャレンジする夜。そして今月は一日生理が遅れていることに気付き、早速妊娠検査薬を購入して使ってみた。が、やはり早すぎたのか全く反応せず。早く検査してもモヤモヤするだけだけだったし、結局次の日生理がちゃんと来てお金も無駄に…』(20代女性/二児のママ)

通常の妊娠検査薬は生理予定日の約1週間後から検査可能となっているものが多いです。

そのためあまりにも早く検査しすぎても無反応ということはよくあります。

生理が遅れると流行る気持ちも理解できますが、ここはしばし待ちましょう。

早く検査しすぎて陰性と思っていたら妊娠していた、ということだってあり得ます。

『妊娠検査薬を10本ぐらいストックしていて、生理が少しでも遅れると一日に3回くらい検査していた時を思い出す。なんかあの時は子供が欲しすぎて狂気じみていた…。たくさん検査したからって、結果は同じなのに(笑)』(20代女性/会社員・妊娠中)

子供が欲しすぎて“妊娠検査薬を家に何本もストックしていた”というママも。

一秒でもはやく妊娠しているか、していないかを知りたい!という欲求に駆られる時期は存在するよう。

強者ママは「行為の後、一週間後から必ず日課のように検査していた」とも言っていました。

早期検査薬を使えば早めの検査は可能ですが、どっちにしろ正しい使い方をしないと間違った判断をしてしまうリスクも。

(2)うっすら陽性で余計にソワソワ

『生理予定日から遅れて二日目ぐらい…妊娠検査薬で検査してみたらうーーっすら陽性反応が。でもうっすらすぎて目の錯覚のような気もしなくもない。太陽光にあててみたりしたが、やっぱりハッキリしない色。これでは期待だけ持たせて、もし違った場合のショックが大きすぎる』(30代女性/一児のママ)

生理予定日を過ぎて二日後、ぐらいだと反応がハッキリでてくれないことも。

なんとなく線がでているような、でていないような?ぐらいのうすーい色の場合は困惑してしまうだけ。

しかもなにかしら線がでているような感じを見てしまうと、どうしても期待はしてしまうもの。

ただもし違った場合は期待していた分落ち込んでしまうだけの結果に。うっすら反応が出ても蒸発線の可能性もありこれもまたメリットはなさそうです。

ただこのママさんは後日もう一度検査したら妊娠していたとのことでよかったですね。

(3)ハッキリ陽性で大はしゃぎ

『生理が少し遅れているのには気付いていたけれど、変に心を乱されたくないので、予定日一週間後にきちんと検査。間違えようもないくらいハッキリ線が見えて、震える手で旦那に即電話。自然に涙がでていた。旦那も仕事帰りにケーキを買ってきてくれて、一日中パーティ気分』(30代女性/二児のママ・育休中)

『何度も検査薬を使った経験はあるのに、一度も陽性の線を見たことがなかった。そのため初めて線が出た時の感動はすごかった。その日に検査薬を新しく三本も買ってきて、線が出る度に間違いがないことに喜び、引き出しに保管していたのを記憶している…。夫には恥ずかしくて言えないけど』(30代女性/一児のママ・パート)

特に何度も妊活に失敗してきた、妊娠するのに時間がかかったママは検査薬の線が出た時の喜びは言葉で表現できないほど。

このために今まで頑張ってきた、とまるで夢心地の中にいるようにハイになってしまうことも。

とても幸せなことなので、はしゃいでしまうのは当然。


検査薬で陽性だからと言って、まだまだ安心はできません。

病院に行って正常妊娠かどうかを確認してから…と長い道のりは続きます。

でもやはり検査薬で陽性反応が出た時の喜びは忘れられない思い出になっていくようです。



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ