妊娠中の食事・飲み物

実際気になる?妊娠中のダイエットはどの程度OKなのか?

実際気になる?妊娠中のダイエットはどの程度OKなのか?

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、海外在住プロママライターのさとうあきこです。

「二人分だもの」。妊婦になると、こんな言い訳を口にしては、つい食べ過ぎてしまいがち。また、「大事にしなくちゃ」を合言葉に、運動不足に陥る傾向もあります。

でも、「二人分食べていい」や「動かない方がいい」を続けて大丈夫でしょうか?

「あれ? 太ってきちゃった…」と妊娠を言い訳にできないレベルの体重増加という結果になる危険も。

だからといって、過激なダイエットは体に悪そうですね。そこで、妊婦はどの程度のダイエットがOKなのか、3つの例をあげてご紹介します。

食事制限ダイエットの場合

食事制限ダイエットは「減らす」ではなく、いつも(妊娠していない時)の食事にプラスアルファ。これが、妊娠中の食事ダイエットのコツ。

「太ってきたかも?」と思うなら、次のステップでは「食べる量を減らす」ではなく、妊娠前の食生活を心がけます。これで、体重の急増にストップがかかるはず。

そこに「妊婦としての必須栄養素」をプラスします。

ここでいう「必須栄養素」とは、「二人分の食事量」ではありません。

妊婦の体と胎児の両方をきちんと保ち育てるための「ビタミン」や「ミネラル」などのこと。

くれぐれも、ベスト体重だったはずの妊娠前に食べていた食事量を減らして、妊婦の体に負担をかけないように気を付けましょう。

運動ダイエットの場合

運動ダイエットは新しくではなく、これまでもしていた運動をベースにプラスアルファ。これが、運動ダイエットのコツです。

妊娠前から水泳をしていたなら、マタニティスイミングコースに参加するのもアリでしょう。

ヨガをしていたなら、マタニティヨガに移行して続けていきましょう。ただし、ランニングやロッククライミングやスキーなどなど激しいスポーツは別。どのスポーツが可能かは医師等とよく相談してください。

「え~。運動なんてしてなかった」という人も大丈夫。

少なくとも「歩く」動作は誰でも生活の中でしていたはず。歩き方や回数などを工夫することで、歩くことからもダイエット効果を引き出すことは可能です。

これまでやっていなかった運動を妊婦になってから始めるなら、慎重さが必要です。また、どんなになれたスポーツであっても、妊婦であることを大前提に考慮します。

対ストレスダイエットの場合

対ストレスダイエットは「食べる」以外で、いつもの生活にちょっとした変化を持たせるのがコツ。

ストレスは、食事や運動と違って認識しにくいので、対策も難しいですね。でも、ストレスがたまると食べたくなるのも事実。

そこで、「あ~、イライラ」ときた時にガサゴソと食べ物を探しに行かず、別の行動をとる訓練をします。これが「対ストレスダイエット」です。

あらかじめ、「次にイライラしたら」に対して行動リストを作っておきます

例としては、「図書館に行く」「公園まで歩く」「トイレ掃除をする」「お風呂に入る」などなど。コツは行動先に食べ物がない、行動後に心か体が何らか達成感を得られる、の2点。

イライラ度が多い人は、選ぶ時にさらにイライラしないよう、たくさんのリストを用意しておきましょう。


三例とも原則として「妊娠前の自分」を基準とします。

妊娠中のダイエットは、この基準をよく見極めた上で、必要分をプラス・余分をマイナスで調整していきましょう。

食事制限の量はもとが大食いか小食かで変わってきます。運動も、スポーツウーマンだったか、コンビニまで歩く程度だったかで変わります。ストレス対策も、ストレスの感じ方に個人差があるので、用意しておくリストの内容や数はその人次第。

基準はあなたの妊娠前の「いつも」にあります。それを大幅に超えるようなダイエットには無理があるといえそうです。

【参考図書】
・「妊婦は太っちゃいけないの?」髙島系子 新潮社
・「太らない安心お産」 塚田一郎ほか 婦人生活社

ライター紹介

さとうあきこ

さとうあきこ

子育て、教育、健康、食、仕事、人間関係などなど、海外に場所を移してもやっぱり悩むことは多いし大変。でも、ガッツリ取り組んでみたらなんだかおもしろい! 何かと不便な海外生活の中での工夫の数々と、実際に体験した失敗と成功を元手に、日々多方面へと情報発信中です。フルタイムプロライターとして、またライフワークとして、好奇心のおもむくままに、時には情報の海を、時には世界中を母娘で旅しながら、子育て・自分育てにまい進中。

ライター紹介

いちご姫

いちご姫

いちごが世界一大好きな親子です。いちご狩りに週に何度も行き、おいしい摘みたていちごをたくさん食べています。いちごのことなら誰にも負けない親子です。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る