こんなの家で作れちゃう?冬のあったかデザートタイム

こんにちは!わくわくすることが大好きな、ママライターのmikkaです。

大雪に記録的な寒波と、寒さとたたかう毎日を過ごしているかと思います。

学校によっては、インフルエンザで学級閉鎖になったりして、子どもたちも、おうちにこもりがち。

そんなときには、おうちで楽しいデザートタイムを。

寒い冬にとっておきの、あったかいスイーツを一緒に作って、心とお腹をぽかぽかあっためちゃいましょう。

■スキレットでマシュマロスモア作り

調理後もそのまま食卓へ並べられるおしゃれなフライパン。インスタグラムでもよく見かける鋳鉄製のフライパン「スキレット」。

なんだかおしゃれだし、欲しいけれど、買ったらあまり使わない気がする…としばらく購入を躊躇っていた私は、昨年のクリスマスパーティーのプレゼント交換で「スキレット」鍋をゲットしてまいりました。

今回は、このスキレットを使った簡単・美味しいあったかデザートを作ってみたいと思います。

【材料】
・マシュマロ
・板チョコ×2枚

■作りかた

まずは、板チョコを割ってスキレットに敷き詰めます。

マシュマロを半分にカットし、チョコレートの上に並べていきます。

並べ終わったら、200℃に温めたオーブンで6,7分焼きます。
※スキレットをそのままオーブンへ

マシュマロの表面に焼き目がついたら取り出します。
※熱いので注意してください。

焼き色を見ながら、オーブンの時間は調整してください。

多少の隙間なら、マシュマロが溶けて埋まっちゃいます。

これで、マシュマロスモアの完成です。
スモアとは「some more」のこと。美味しくってもっとちょうだいな!と思わず手が出てしまうことからきているそうです。

ふわふわのマシュマロと、トロっととけたアツアツのチョコレートは、寒い冬にぴったり。

■あったかデザートタイム

出来上がったマシュマロスモアは、熱いうちに食べてしまうのがポイント。
オーブンから出たら、みんなでテーブルを囲んじゃいましょう。クラッカーなどですくって食べるのもおすすめです。

スプーンでそのまますくっても、もちろんOKです。

クラッカーでサンドしても、とっても美味しいので、ぜひチャレンジしてみてください。


いかがでしたか?

少しの材料で、思い立ったらすぐできるのが嬉しいマシュマロスモア。

寒い冬のおやつタイムに、甘くてあったかくてほっこりする、子どもも喜ぶデザートです。

簡単だけど、ボリュームたっぷりでお腹も心も満たされること間違いなし。この時ばかりは、カロリーを気にせず……楽しんじゃいましょう。

急な来客にも即対応できるお役立ちでレシピです。

スキレットで、そのまま食卓に並べれば、洗い物も少なくてすみますよ。ぜひ、1度お試しください。

ライター紹介

mikka

mikka

高等学校国語科教諭免許を取得。 アイシングクッキー認定講師、バースデープランナー、ハーブコーディネーターの資格を持つ。 子どもと関わる仕事に就きたくて、大学卒業後は子ども向け施設で科学実験ショーのお姉さんとして勤務。ステージやワークショップで工作をレクチャーするなど、現場を駆け回る。イベントの企画や広報を経たのち、転職。現在は1児の母として、大好きなハンドメイドを楽しみつつ、アイシングクッキーを中心とした出張教室やワークショップを不定期開催している。作るのも食べるのも大好きな食いしん坊。日常に「わくわく」をプラスするアイデアを発信していけたらと思います。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡