大学だけで〇〇万円!?知っておきたい子どもを大学に通わせる費用

こんにちは、ファイナンシャル・プラインナーでライターのyossyです。

住宅費用、老後費用と並んで「3大支出」と言われる教育費。

幼稚園から高校までの15年間の学習費(教材費や学校外活動費を含む)は、全て公立の場合で約523万円。全て私立の場合で約1,770万円だと言われています。
※文部科学省「平成26年度子供の学習費調査」より

高校までだけでも相当支出が大きいですが、進路によっては大学の費用はかなり高額に。

一人暮らしをする子どもも増えるため、その費用も見込んでおいたほうが安心。

早めから準備しておかないと、そのときになって困ったり、子どもに進路をあきらめさせたり……という事態になりかねません。金額の目安を知っておきましょう。

入学・在学費用の目安は約100万円

まず、入学にあたってはいくらかかるでしょうか。

日本政策金融公庫の調査(平成29年)によれば、子ども一人あたりの入学費用(学校納付金、受験費用、入学しなかった学校に支払った費用)の平均は98万円。

進路別だと

・国公立 79.7万円
・私立(理系) 120.1万円
・私立(文系) 95.9万円

となっています。

国公立大学の場合は学費が安いイメージがありますが、入学費用は高額で、ポンと出せる額ではありません。準備が必要ですね。

在学中の費用は400万円程度~

同じく日本政策金融公庫によれば、4年間の在学中の費用(授業料以外の通学費、教科書代等も含む)は以下の通りです。

・国公立 405.2万円
・私立(文系) 599.2万円
・私立(理系) 759.6万円

また、アパート等を借りて一人暮らしを始める場合、仕送り額の平均は年間145.1万円というデータも。仕送りだけで、4年間で600万円近い額になりますね。

家具をそろえる費用や敷金・礼金などの費用もかかります。一人暮らしを始めて親元を離れる場合はさらに準備が必要になるでしょう。

生活費のなかでまかなえない家庭が多い

収入のなかで大学の費用がまかなえる家庭なら問題はありませんが、そういった家庭はまれでしょう。

奨学金や教育ローンを利用するという手もありますが、借りる奨学金を利用すると、子どもに借金を残すことにもなります。できるだけ貯蓄をしておきたいですね。

自分で貯められない場合は、給与天引きをしたり、学資保険を利用したりするのもいいでしょう。

関連記事:
いくらかかるの?ママたちに聞いた、子どもの教育費と学資保険


「余裕がないから貯蓄は難しい」と思うかもしれませんが、例えば児童手当をそのまま貯蓄するだけでもかなりの額になります。まずはそこから始めてみてもいいですね。

【参考リンク】
・文部科学省|私立大学等の平成27年度入学者に係る学生納付金等調査結果について
・文部科学省|国公私立大学の授業料等の推移(PDF)
・文部科学省|結果の概要-平成26年度子供の学習費調査「Ⅱ 調査結果の概要」(PDF)
・日本政策金融公庫|教育費負担の実態調査結果(PDF)

●ライター/yossy

ライター紹介

yossy

yossy

雑誌編集者をしていたが、第2子妊娠を機に退職。現在は、おませな女児と暴れん坊な男児のママをしながら、フリーライターとして活動中。日中は育児、早朝&夜間に仕事という生活を送っている。編集者時代の専門分野(住宅)と専業主婦時代に取得した資格(保育士、FP)を活かし、幅広く執筆活動を行う。学生時代の不勉強の反動なのか、最近は何か勉強していないと気が済まないタチに。今は英語とマーケティングについて絶賛勉強中。趣味は弦楽器。クラシック音楽大好き一家なので、週末に子ども&夫と合奏するのが楽しみの一つ。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡