• TOP
  • 妊娠・出産
  • 基礎知識
  • グリグリって何? 妊婦が怖がる“痛い内診”の知識と乗り切り方

  • グリグリって何? 妊婦が怖がる“痛い内診”の知識と乗り切り方

グリグリって何? 妊婦が怖がる“痛い内診”の知識と乗り切り方

グリグリって何? 妊婦が怖がる“痛い内診”の知識と乗り切り方

子宮の出産準備度合いを計るビショップ・スコア

naisin8

出産準備がどの段階にあるのかを確認するために用いられる『ビショップ・スコア』というものがあります。

0〜13点で採点され、10点を超えた場合は24時間以内に陣痛がくる確率が9割とも言われています。

ビショップ・スコアは、

1.子宮口がどれだけ開いているか(0〜3点)
2.子宮頸管の長さ(0〜3点)
3.胎児がどれだけ下降しているか(0〜3点)
4.子宮頸管の硬さ(0〜2点)
5.子宮頸管の位置(0〜2点)

の5つが指標となっています。

具体的には、

・9点以上→頸管熟化している(分娩開始が迫っている)
・8点以上→分娩誘発が成功しやすい
・4点以下→頸管未成熟

という判断がなされます。

多くの妊婦が恐れる“内診グリグリ”とは

man-person-woman-face-large

内診グリグリとは

臨月が近くなってきた妊婦さんなら一度は聞いたことのある言葉ではないでしょうか。

主に臨月から予定日を越えた妊婦さんに施される処置で、医師が指や医療器具で子宮をグリグリと刺激します。

これは、赤ちゃんを包んでいる卵膜を子宮壁から剝がして(卵膜剥離)、陣痛を促進させる目的で行われます。

また、陣痛が始まっていてもなかなか本格的な陣痛にならない場合にも用いられることがあるようです。

陣痛が遅れている場合には“陣痛促進剤”を投薬される場合もありますが、これには過強陣痛などのデメリットがあるため、内診グリグリはなるべく自然に出産ができるよう手助けするための処置でもあります。

ただ、病院や産院によっては内診グリグリをしない方針のところもあります。事前に問い合わせておくと安心ですね。

内診グリグリを受けた人の体験談

『正直出産の痛みよりも内診グリグリのときの方が2倍くらい痛みを感じました。「ちょっと待って! ちょっと待って!」と何度も先生の手を止めていた記憶があります……』(36歳女性/1児のママ)

『陣痛への心構えはしていましたが、内診グリグリがここまで痛いと知らなかったので、本気で死ぬかと思いました。まるで太くて鋭い針で突き刺されたかのようでした』(41歳女性/3児のママ)

『人によってはそこまで痛みを感じないそうですが、私は人生で一番内診グリグリが痛かったです(笑)。この話をするといつも大げさと言われるんですが、あまりの痛みに診察台から5cmぐらい浮きました』(26歳女性/1児のママ)


→次ページでは、内診グリグリの痛みを軽減する方法について見て行きましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す