2位「プログラミング教室」1位は?ママたちの2018年子供に通わせたい習い事

こんにちは、元記者ママライターの高村由佳です。

子どもにさせる習い事はどうやって選んでいますか?

そもそも習い事をするかしないか、いくつさせるか、どれだけの費用を使うかなど、選択肢が多くあって悩むところですよね。

先日、2017年もっとも話題になった習い事が発表されました。

その結果からは、習い事にかける子どもたちへの親の思いが見えてきました。

今回は子どもたちの習い事事情について、ママ目線で紹介します。

(1)何割がどんな習い事をしているか

この調査は2017年12月に、20代~50代の子どもがいる215人の親に対して行われたものです。

調査によると、学校以外に習い事をさせていた人は全体の約6割だったそうです。

その内訳は「スポーツ系」や「学習塾」という答えが多く、続いて「音楽系」、「英会話スクール」と定番の習い事が続きました。

「習字」や「そろばん塾」も数は劣りますが、一定の支持を得ていることがわかります。習い事が多角化し、選択肢が増えていることがわかります。

(2)2017年もっとも話題の習い事とその理由

次は、親の間で話題になった習い事について見ていきます。話題になった習い事があると答えたのは、全体の約4割でした。

その具体的な内容として1番多かったのが「プログラミング教室」と「英会話スクール」の2つでした。

また、「2018年、何の習い事をさせたいですか(させる予定ですか)」という質問に対しても、1位が「英会話スクール」、2位が「プログラミング教室」という結果になりました。

なぜこの2つの習い事が話題になり、さらに始めさせたいと思われているのでしょうか。

「英会話スクール」は、先ほどの回答の中でもすでに習い始めている子どもが多くいることがわかっています。

すでに習い始めている人とこれから習いたい人を合わせると、多くの需要がうかがえますよね。

英会話スクールは、2011年から小学校で英語の授業が必修化されたことも影響し、今や子どもたちの習い事の定番になっています。

さらに、現在小学5、6年生で取り入れられている英語の授業が、2020年からは3、4年生でも実施されることが決まっています。

そういった動きを受けて、英語の習い事の人気がますます高まっていると考えられます。

(3)話題の習い事は子どもたちへの期待の表れ

それでは、なぜプログラミング教室がもっとも話題になったのでしょうか?

2017年3月に文部科学省が発表した新学習指導要領によると、2020年から小学校で「プログラミング」の教育が始まります。ママたちの中でも、「プログラミングって何?」と思う人も少なくないはず。

そんな心配から、子どもたちにいち早く習い事として定着させようと感じている人が多いのだと考えられます。

それを表しているのが、「なぜその習い事をさせたいのか」という質問に対して、「将来のためになると思ったから」という回答が最も多かったことです。

将来必要とされるスキルを身に付けてもらいたいという親の思いが、習い事を始める要因となっているようですね。

さらに、「将来、子どもになってもらいたい職業は何か」、「今後注目している職業は何か」という質問の答えはどちらも第1位が「プログラマー」という結果になったそうです。

子どもたちの近い将来だけでなく、かなり先の職業までを想像して、習い事を検討していることがうかがえました。

そもそも子どもたちの将来に役立つ習い事はそれぞれ異なりますよね。

「プログラミング教室」が話題だからと言って、必ずしも子どもがやりたいと言うかはわかりません。

さらには習い事をしないという選択肢もあります。どんな選択をするにせよ、子どもの個性を見極めて応援してあげることがママたちの大切な役割なのかもしれませんね。

【参考リンク】
・「年末年始の習い事アンケート」 (株式会社イー・ラーニング研究所)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000013831.html

ライター紹介

高村由佳

高村由佳

生まれも育ちも兵庫県という関西人。小学生の時はドイツに暮らした経験も。大学卒業後は「人を救う報道がしたい」とテレビ局の記者として就職したが、理想と現実の狭間で悩み退職。その後、転勤族の夫と結婚して2人の男の子を出産し、現在はウェブライターとして活動中。ママたちが少しでも前に進めるような記事を書きたいと思っている。 趣味はドラマ鑑賞と食べ歩き。中高時代は演劇部、大学ではフットサルをしていたこともあり、演劇鑑賞やサッカー観戦も好き。女子校育ちで姉しかいないため、目下の悩みは男の子の育て方

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡