こんな男が娘の彼だったら・・・。衝撃のケチ男エピソード11連

こんにちは。ママライターのamuです。

皆さんは、経験ありますでしょうか? ケチな男性のとなりで苦笑いをしたこと、思わず「私が出すわ!」と叫びそうになったこと。

ママ友に聞いてみると、出るわ出るわ。ちょっと笑えるケチ男たちのエピソードがたくさん出てきたので、ご紹介したいと思います。

これは笑えるケチ男エピソード

「元カレがお土産のお菓子をくれると言うから楽しみにしていたら、くれることはくれたけど一箱ではなく中の一つだけだった」(30代、小5男の子のママ)

これは、なかなか衝撃的ですね!

包装紙をビリビリ破って箱を開けて、中の一つだけ出してハイと渡す絵を想像したら……。残りは他で配ったのでしょうか。

・「レストランで『何でも注文していいよ』と言いながら『これ高いなー』と大声で言い、一番安いものを頼むから、遠慮して同じものにするはめに」(30代、小5男の子のママ)

たしかに、これは好きなものを頼みづらいですね。

高いなと思っても、口に出されると一緒にいて気まずすぎます!

・「車を持っているのに、出かけるときはほとんど電車。ドライブしたいと言ったら、ガソリン俺が払ってるからなーと。電車なら各自払うから電車にしていたらしい」(30代、小5女の子のママ)

そこまでして……。それならガソリン代をくらい出すわ!と思ってしまいそうですよね。

「初デートで遊園地に行こうと言われてワクワクして行ったら、パスポートではなく入園券を渡された」(30代、小5男の子のママ)

遊園地に行ったなら、たくさん乗りたいですよね。

この男性は、その後もレディースデーに行った映画二人分を2で割ったり、クリスマスプレゼントがゲーセンの景品だったりしたそうです。

「初デートと言えば、牛丼屋に連れて行かれたことがあった。ファミレスならまだいいけど、牛丼屋とファーストフードはアウトだと思う!学生でもないのに」(30代、小5男の子のママ)

知り合いに、飲みに行く前に牛丼屋でご飯を食べてから飲みに行く人ならいました。

居酒屋で、おつまみをほぼ頼まずに済むからだそうです。

・「喉が渇いて自販機で飲み物を買おうとしたら、一万円札と小銭しかなくて。そしたら、両替できるよだって」(30代、小5女の子のママ)

おつり9850円!それくらい出すよって言ってほしいというのはワガママでしょうか?

・「家で鍋をしようということになってスーパーで買い出し。それまでは一緒に歩いていたのに、レジに並んでいる間に消え去った」(30代、小5男の子のママ)

キョロキョロしてしまいますよね。えーってなります。

絶対に確信犯!

・「部屋が寒くて寒いねと言ったら、上着を渡された。暖房をつけてくれ」(30代、小5女の子のママ)

アウトドアじゃないんだから、とツッコんでしまいそう!

・「元カレの家で勝手にスティックタイプのコーヒーをいれて飲んだら、次に飲もうとしたらなくて引き出しのなかに隠されてたのを発見した」(30代、小5女の子のママ)

見つけたときの衝撃はさぞかし大きかったと思います。

・「小銭単位で割り勘も嫌だけど、ちょっと多めに出すわと恩を着せながら小銭単位で出されるのもなんか嫌」(30代、小5男の子のママ)

気持ちは嬉しいですけどね。そこは多めに出すって文言はないほうがスマートかなと思いました。

・「京都に行きたいと言ったら、新幹線も高速道路も調べず、東京から車で下道で行くルートを調べ始めてぶったまげた」(30代、小5男の子のママ)

東海道五十三次かよって思ってしまいます。


いやはや、聞いているぶんにはむしろ微笑ましいくらいのものもありますが、娘の彼がこうだったらと思うとなかなか厳しいものかあります。堅実、倹約家ならいいけど、これはちょっとイヤだなぁ……。

ライター紹介

amu(ママライター)

amu(ママライター)

内気な文学少女が、ガングロギャルや社会人を経てママに。SNS、オフ会、幼稚園、小学校役員、習い事、ママチアにママバスケ、友達の友達……と輪が広がっていき、気づけばママ友100人できました。春夏秋冬、口実を見つけては飲んでいます。飲酒時は、どこまでもハッスルし伝説を残すため、ママ友にはレジェンドと呼ばれています。小学生の娘には、ピアノ、図工、ダンス、英会話、通信教育を習わせる教育ママ。どんな芽が出てどんな花が咲くのかな? と楽しみにしながら、日々送り迎えに励んでいます。趣味は、愛犬と戯れること、ドライブ、読書、着物、料理、プチ旅行。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡