シングルマザー・母子家庭

賃貸?戸建て住宅?母子家庭の気になる住宅事情と手当

賃貸?戸建て住宅?母子家庭の気になる住宅事情と手当

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

様々な事情があって母子家庭となったとき、親にかかる負担は大変大きなものになります。

特に生活基盤となる住宅は都会か田舎か、賃貸か戸建かなどで考えるべきことが大きく変わってきます。

少しでも母子ともに健康的で豊かな人生を歩むために、母子家庭の住宅事情をまとめました。

実家に戻る?今の賃貸暮らし?母子家庭の住宅事情

母子家庭となったとき、強い不安要素となるのが経済面です。どんな暮らしでもお金がなければ人間らしい生活は送れません。

そして、お金を稼ぐためには仕事が必要です。子供の世話などの肉体的な負担を考えれば実家に戻るという方法も考えられますが、既に仕事を持ち、会社に勤めている女性は、その決断を下すハードルが高い場合があります。

よって、母子家庭となった後も今の住宅に居続けるか、あるいは会社の近くの家賃が安い賃貸住宅のようなところへ引っ越すという選択をする人も多いようです。

また、子供がある程度成長していた場合は、通っている幼稚園や学校で馴染みの友達ができていることもあり、今いるところから実家に戻ったり、別の地へ引っ越すのを嫌がるということも珍しくありません。

母子家庭へ向けた制度を活用しよう

基本的に親への負担や責任が大きくなる母子家庭ですが、そうなるまでの事情は人それぞれです。

やむを得ず離婚という決断をしなければならなかった場合もあるでしょうし、父親が病気や事故で亡くなったというケースもあります。

しかし、どんな環境にあろうと、生まれてきた子供と親の生活は最低限守られなければなりません。それが不可能な場合は、国が国家として機能していないことになってしまいます。そこで、母子家庭には様々な制度が設けられています。

たとえば、医療費助成制度です。健康保険の自己負担分を、親子が住む自治体が一定額助成してくれます。児童育成手当というのも母子家庭に適用される制度です。

月額でお金が支給されますが、受給には制限があります。地方によって条件が異なるので、市役所に問い合わせてみると良いでしょう。

母子家庭の住宅手当は?自治体によって違いがある

暮らしの基盤となる住宅についての手当も、母子家庭にとっては大変大事な制度になるでしょう。

大きな括りで住宅手当と認識されていますが、これは国によって決められた制度ではなく、地方に任されています。よって、市区町村によって名称が異なり、条件にも違いがあります。

これは、同じ日本国内でも場所によって家賃が異なるからです。国が一律に支給額を決めてしまうと不公平が生じる可能性があります。

家賃の高い都会に住む場合は基本的に手当が出るようになっていますが、田舎の方では支給されない場合もあります。

また人によっては実家で暮らしているために親族がそばにいる人、都会で親子だけで賃貸住宅で生活しているなど様々な条件が考えられます。

ただ、過疎化が進む地域では人口を増やすために、あえて手当を出して人を呼び込もうとしている場合もあります。

ワークライフバランスを考えながら、好条件なところを探してみるのもおすすめです。

以下では母子家庭での住宅購入の際のローンについてみていきます。

母子家庭もローンは組める?

将来、子供のためにも賃貸の住宅ではなく持ち家を購入したいと考えている人もいます。

母子家庭というのはどうしても経済的事情が苦しいのではないかというイメージを抱かれがちですが、親がしっかりと仕事をしていて収入が明確に提示できる状況であれば問題ありません。

お金を貸す方は、家庭の事情は関係なく、貸した分が利子も含めて返済されればまったく問題はないわけです。

ただし、審査があるので過去にクレジットカードの支払遅延や、トラブルを起こしたことがある場合は不利になる場合があります。

その時の情報が信用機関のデータに残っている可能性があるからです。また、雇用形態も判断材料になります。

共働きならばどちらかに返済能力があれば良いと判断されますが、母子家庭では長期雇用の約束がない契約社員や派遣社員の場合、審査に通るのが難しくなることがあります。

現実的には賃貸で、というのが本音になって来るかもしれません。

まとめ

将来、子供のためにも賃貸ではなく持ち家を購入したいと考えている人もいます。

母子家庭というのはどうしても経済的事情が苦しいのではないかというイメージを抱かれがちですが、親がしっかりと仕事をしていて収入が明確に提示できる状況であれば問題ありません。

お金を貸す方は、家庭の事情は関係なく、貸した分が利子も含めて返済されればまったく問題はないわけです。

ただし、審査があるので過去にクレジットカードの支払遅延や、トラブルを起こしたことがある場合は不利になる場合があります。

その時の情報が信用機関のデータに残っている可能性があるからです。また、雇用形態も判断材料になります。

共働きならばどちらかに返済能力があれば良いと判断されますが、母子家庭では長期雇用の約束がない契約社員や派遣社員の場合、審査に通るのが難しくなることがあります。

●参考:https://mamanoko.jp/articles/22673

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る