気になる第1位は?『いい夫婦の日』アンケートからわかる“夫婦円満のために大切なこと”7選

こんにちは。コラムニストの鈴木かつよしです。

毎年11月22日の「いい夫婦の日」は、ここ数年ですっかりお馴染みになってきたような気がします。

「“いい夫婦の日”をすすめる会」が2017年11月20日に公開したアンケート調査報告書によりますと、“夫婦円満のために大切なこと”として上位に入ってくる事項は“スキンシップ”や“愛情を口にする”ではなく、もっと素朴で夫婦それぞれの人格にかかわるような事柄でした。

2018年に夫婦生活30年目を迎える筆者の眼で上位7選に入った項目について考察し、夫婦が円満であるために大切なことは何かをみなさんと一緒に考えてみたいと思います。

1218鈴木

第7位:約束を守る

既婚者の31.7%が「夫婦が円満であるために大切だ」と思い、前年度の第9位から2段階ランクアップした事柄は「約束を守る」でした。

これはまあ、夫婦でなくてもあらゆる人間関係において大切な基本中の基本ですので詳しいコメントは割愛させていただきます。

第6位:二人で出かける/二人で散歩する

既婚者の33.4%が「大切だ」と思っていますが前年度の第5位からは1段階ランクダウンしたのが「二人で出かける/二人で散歩する」でした。

これについて筆者は、今のわが国では夫婦二人で頻繁に出かけたいのはやまやまでも経済的・時間的な事情がそれを許さないのではないかと思っています。

経済的にそこそこの人は時間がなく週末はクタクタ。

時間的に余裕のある人は金銭的にそんなしょっちゅうお出かけする金銭的な余裕なし。これが現実ではないかと思うのです。

第5位:我慢しない(不満をためすぎない)

既婚者の39.2%が「大切だ」と思い前年度の第6位から1段階ランクアップしたのは「我慢しない(不満をためすぎない)」でした。

これは、至極大切です。筆者も本当にそう思います。

パートナーに何か不満があるときには我慢しないで言いましょう。

それが原因で喧嘩になる場合もありますが、そんな言い合いも夫婦だからこそできることなのです。

口に出して話し合うことによって、より良い方向へ向かうための知恵が生まれます。

言わないで我慢し、ためすぎるとかえって大事(おおごと)になって行くものです。

とくにパパの方に求められるのはママが臆することなく小言を言うことができる雰囲気づくりを日ごろから心がけること。

第4位:言葉にして感謝を伝える

既婚者の41.9%が「大切だ」と思い、前年度と同じ第4位に入ったのが「言葉にして感謝を伝える」です。

日ごろからパートナーにたいして感謝の気持ちでいっぱいなのに、ちゃんとそれを伝えているかと問われたら正直「怠りがち」な人は多いはず。

照れずに伝えましょう。いつも抱いている感謝の気持ちを伝えることで夫婦の円満度は倍増します。

第3位:程よい距離感(干渉しすぎない)

既婚者の45.8%が「大切だ」と思っていますが前年度の第2位からは1つランクダウンしたのが「程よい距離感(干渉しすぎない)」でした。

ランクダウンしたとはいえ、これはとても大切なこと。とくに夫婦生活が長くなってきますと一番大切なことの部類に入ってまいります。

パートナーがあなたを裏切ったりするわけがないのですから、干渉しすぎないこと。

もっともこれができていない夫婦の間柄は何年も経たないうちにおかしくなってしまう場合もあります。

次の第2位の事柄にも関連する重要な事項といえます。

第2位:信頼する

既婚者の47.0%が「大切だ」と思い前年度の第3位から1つランクアップした「信頼する」は、第3位の「程よい距離感」が成立するための大前提となる概念です。

第7位の「約束を守る」を基本中の基本と申しましたが、これまで必ずしも約束を守れてこなかったパートナーのことをも“信頼する”。

これができるようになってきたら本物の「いい夫婦」です。

約束が守れなくても約束を守ろうといつも努力してきた夫婦は「いい夫婦」なのです。

いい夫婦とは信頼し合っている夫婦のことなのです。

第1位:話をする・聞く

前年度につづいて2017年度も堂々の第1位は既婚者の56.9%が「大切だ」と思った「話をする・聞く」です。

御参考までに「スキンシップをとる」は31.6%で第8位、「同じ部屋で寝る」は21.4%で第12位、「愛情を口にする」も21.1%でやはりベストテン圏外の第13位でした。

世のパパ世のママが「夫婦円満のために大切だと思うこと」は一般的にイメージされているような愛情表現的なことよりも、少なくともわが国の夫婦関係においては“信頼”や“感謝”といった、「人と人」としての夫婦が互いの人格を尊敬し合うところにあるような気がしてなりません。

●参考リンク:『いい夫婦の日』2017年度夫婦に関するアンケート調査報告書(http://www.fufu1122.com/event/questionnaire/questionnaire2017.pdf)

ライター紹介

鈴木かつよし(エッセイスト)

鈴木かつよし(エッセイスト)

慶大在学中の1982年に雑誌『朝日ジャーナル』に書き下ろした、エッセイ『卒業』でデビュー。政府系政策銀行勤務、医療福祉大学職員、健康食品販売会社経営を経て、2011年頃よりエッセイ執筆を活動の中心に据える。WHO憲章によれば、「健康」は単に病気が存在しないことではなく、完全な肉体的・精神的・社会的福祉の状態であると定義されています。そういった「真に健康な」状態をいかにして保ちながら働き、生活していくかを自身の人生経験を踏まえながらお話ししてまいります。2014年1月『親父へ』で、「つたえたい心の手紙」エッセイ賞受賞。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡