DIY

賃貸でもOK!壁に穴をあけずにできる、おしゃれな板壁DIY方法

賃貸でもOK!壁に穴をあけずにできる、おしゃれな板壁DIY方法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。フリーママライターの横山かおりです。

「2018年は心機一転、家の中の模様替えをしたい!」と思ってはいるのですが、どうしたらいいのか悩み中です。

最近ではDIYという言葉もかなり馴染みが出てきましたが、賃貸住宅に住んでいるとなかなか実行できないですよね。

でも原状回復のできるDIYをしている人もじつはかなり多いんです!

今回は部屋の雰囲気をガラリと変えてくれる「板壁」の、穴をあけずに作る方法を3人のDIY好きインスタグラマーに聞いてみました!

場所によって板壁の取りつけ方法を変える

まるでカフェのようなカウンターキッチン。これを自分で作ってしまうとは驚きです!

こちらを投稿されたaya-woodworksさん(https://www.instagram.com/aya_woodworks/?hl=ja)に板壁の取りつけ方法を伺ってみました。

「キッチンの板壁はタッカーを使って固定しています。外してもほとんど分からないほどの小さな穴があいています。階段やリビングの板壁は、ディアウォールなどの柱を立てて、そこに木ネジを使って固定しています。」

タッカーとはDIYでよく使用される、大きなホチキスのようなもの。

外してもほとんど分からないくらいの大きさの穴なら、退居するときも問題なさそうですね。

ディアウォールは壁や天井に傷をつけずに柱を作ることができる人気アイテム。やはり賃貸に住む人たちには欠かせない存在のようです。
(参考:https://www.wakaisangyo.co.jp/diawall/)

もはや和室感ゼロのハメコミ型板壁

なんとここ、元々は和室だったという…!まったくそれを感じさせない、おしゃれな板壁ができあがっています。

こちらを投稿されたyu_kiさん(https://www.instagram.com/yu_ki3359/?hl=ja)に板壁の取りつけ方法を伺ってみました。

「この部屋は元和室。左側はふすまの溝があったので、そこに板壁をはめ込んで取りつけました。右側はマスキングテープと両面テープで貼り、ソファで押さえています。」

一切壁に穴をあけずに、しかも和室をこんな素敵に変身させてしまうとはお見事です!

案外両面テープやマスキングテープでも固定されるんですね。

「はめ込む」という方法はかなり新しいのでは?

リメイクシートを上手に使って簡単・板壁風に

とてもおしゃれな板壁トイレ!

なんとこちらは100均の板壁風リメイクシートを使ってDIYされているそうです。詳しい方法をSAKIさん(https://www.instagram.com/rsft_2428/?hl=ja)に伺ってみました。

「切った木材を組みあわせて骨組みを作り、それにリメイクシートを貼ったベニヤ板をインパクトドライバーで打ち込んでいきました。縦に貼ったリメイクシートの部分の上に、横にもつけてもかわいいかなと感じています。まだ改良の余地アリです!」

100均のリメイクシート、侮れませんね。雰囲気も変わり、とてもおしゃれなトイレのできあがり!

ちなみにインパクトドライバーはDIYでよく利用される、穴あけ・ネジ締めなどに使う道具。ベニヤ板だけにあけるなら、壁に傷をつけずにすんでいいですね!シートと上手に併用することで手軽さも実現することができます。


3名ともオリジナルの方法でDIYされていて素晴らしいですね!

みなさんのインスタグラムでは他にも色々なDIYがたくさん掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。

「賃貸だから」と諦めることはありません。賃貸でも好みの部屋が作れる時代。もっとおうちライフを楽しくすることができそうです。

無理のない範囲、自分にできる範囲からDIYを楽しんでいきたいですね。

ライター紹介

横山かおり

横山かおり

一男一女、二児の母です。子どもが寝た後に執筆作業に取り組んでいるフリーママライターの横山かおりです。独身時代はモデルをしており、「いつまでも自慢できるきれいなママ」を目指して日々奮闘中。趣味は料理、映画鑑賞、食べること、ダイエット。調理師免許アリ。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る