派手じゃないけど地味じゃない!働くママさんの綺麗めネイル

2017.12.13

こんにちは。ヨーロッパ在住ネイルアーティストのMacelovaです。

爪先のおしゃれが当たり前と言っても、職場では派手なネイルアートは出来ないところもあるでしょう。

そんな時におススメなのが、こちらチェコでも人気のベイビーブーマーネイル。指先を上品に綺麗に見せてくれます。

オフィスのみならず、デートやパーティーの多いこれからの季節にもぴったりです。

1213macel

ベイビーブーマーネイルとは

ベイビーブーマーネイルとは、ピンクやベージュをベースに、先端に白のグラデーションを施したネイルアートです。

まるで、赤ちゃんの淡い肌のようなイメージ。

本来は、人工爪の技術の一つですが、今回はセルフでできるお手軽ベイビーブーマーネイルの作り方をご紹介します。

ベイビーブーマーネイルの作り方

【使用する道具】

・ベースコート

・カラーマニキュア(ベージュやピンクベージュ、乳白色)

・トップコート

【手順】

1.ベースコートを塗ります。(色味のあるコンシーラタイプを使用すると、工程2は省いてもよいです。)

2.ベージュやピンクベージュの肌馴染みのよい色を塗ります。(この時に、細かいラメの入ったタイプだとさらに仕上がりが綺麗に見えます。)

1213macel1

3.乳白色のカラーマニキュアを全体の2/3ぐらいの場所から先端に塗ります。

1213macel2

数回に分けて重ねていきます。少しずつずらしていくと、綺麗なグラデーションができます。

4.トップコートを塗り完成です。

1213macel3

いかがでしたか?

ポイントは乳白色。

いきなり真っ白なマニキュアを使用するよりも、自然にグラデーションを作ることができます。また、爪先に強い印象も与えません。

オフィスネイルは、なかなか難しい所もあるでしょうが、色選びなどに気を付けることで、できるバリエーションが増えるはず。

ぜひ、諦めずに試してみてくださいね。



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ